2020年8月28日 (金)

魅惑のジュエリー絵画®展@大丸心斎橋店

Mark_shinsaibashi

アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカでは、「魅惑のジュエリー絵画®展」を開催いたしております。宝石をひとつひとつ手作業で敷き詰め制作されるアート。華やかな輝きを放つ、ジュエリー絵画®の世界をご覧ください。
(ジュエリー絵画はジュエリーカミネの登録商標です。)

魅惑のジュエリー絵画®展
8月26日(水)→9月1日(火)
<最終日は16時閉場>
大丸心斎橋店本館8階
Artglorieux GALLERY OF OSAKA
(アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ)

今後の展覧会情報はこちらから→Artglorieux GALLERY OF OSAKAホームページ

会場には「ベルサイユのばら」や「鉄腕アトム」、「火の鳥」などの往年の名作が大人から子供まで楽しめる絵画作品として多数並んでいます。表面は滑らかな質感で、光が当たることでキラキラと輝き、それぞれの宝石の色彩をお楽しみいただけます。ラグジュアリーなアートをご堪能くださいませ。

Img_0417↑ベルサイユのばら オスカル&マリー・アントワネット4 長方形L(38.10×27.94cm)
©池田理代子プロダクション

Img_0418↑「ベルサイユのばら」シリーズ。美麗なキャラクターたちがジュエリーの輝きをまとう姿をご覧ください。

Img_0419↑「鉄腕アトム」や「火の鳥」など手塚治虫作品のシリーズ。ポジティブになれるような明るい色彩がとても魅力的です。

Img_0420↑ジャポニズムシリーズでは有名作品がジュエリーで表現されており、日本画とはまた違った質感をお楽しみいただけます。

Img_0421↑会場にはミッフィーの作品も出品いたしております。ナチュラルな雰囲気でほっこりしていただけるので、ご家族でお住まい方におすすめです。


豪華な宝石を使ったアート作品。ぜひこの機会にご覧ください。

気になる作品がございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。
作品は受注販売となります。お渡しまでお時間をいただく場合がございますのであらかじめご了承ください。



2020年8月25日 (火)

【2020年9月】 大丸京都店アートインフォメーション

Mark_kyoto_2

大丸京都店美術画廊・アートサロンで開催される

9月の展覧会のスケジュールをご紹介いたします。

============================================

「秋の茶道具展」

【会期】9月2日(水)~8日(火)(最終日は午後5時閉場)

【会場】美術画廊  

 

秋から冬にかけての茶会の為の  お道具を一堂に展示いたします。               

千家十職をはじめ家元書付の逸品茶道具から気軽に茶道を楽しんでいただけるお道具まで、

幅広く出品いたします。                 

茶碗、水指、茶入れ、棗、花入、香合、茶掛けなど幅広いアイテムを出品いたします。

Photo

永楽即全 菊絵茶碗 鵬雲斎宗匠御書付 
 

「荒尾元・横田朋子陶オブジェ展」

【会期】9月2日(水)~9月8日(火)

【会場】アートサロンESPACE KYOTO

  

ミニチュアの建物オブジェを得意とする荒尾元と、人物中心のオブジェを制作する横田朋子の陶二人展。

 武蔵野美術大学ご出身、デザインの仕事を経て作陶の制作に入った荒尾先生は町屋家屋や洋館などの建物を小さなサイズで再現した作品で人気の作家です。

今回は中国の山水風景に挑戦されています。

 エスパス初登場の横田朋子先生は京都教育大学ご出身。日展などで作品を発表されています。テラコッタの素直な質感、静かな女性の表情など、情緒あふれる作品をご覧ください。

 

Photo_3

荒尾元「山水楼閣」H16.5×20.5×13.5cm

Prayer

    横田朋子「prayer-祈り-」H16×10×9cm

 

 

「有本利夫版画展」

【会期】9月9日(水)~15日(火)(最終日は午後5時閉場)

【会場】美術画廊  

38歳でその天性を惜しまれながらも早逝され 現在もその評価が高まっている。        有本利夫の版画作品を一同に展観。       

独特の存在感、時空を超えて登場する不思議な人物、やわらかな空気感に包まれる作品です。   

1946年岡山県津山市生まれ。 1973年東京藝術大学卒業。

1978年 第21回安井賞特別賞を受賞。

1985年逝去。 

 

 

「アートバザール」

【会期】9月9日(水)~15日(火)

日本画、洋画、版画作品を特別価格にて展示販売いたします。

お気に入りのアートを見つけてください。

  

「‐Great Father‐  阿部知暁絵画展有本利夫版画展」

【会期】9月16日(水)~22日(火)(最終日は午後5時閉場)

【会場】美術画廊  

ゴリラを描く人気画家の個展。

1957年高知市生まれ。春日部市在住。        

大阪芸術大学卒。各地で個展開催。

京都市動物園に2018年に100号作品寄贈。               

何気ないゴリラの日常的な表情、しぐさなど、世界中のゴリラを卓越した描写力と豊かな感性で描きあげた作品を出品いたします。    

 

Great_father_s100162162

「Great Father」 100号

 

「Wings~羽ばたく洋画家たち~」

【会期】9月16日(水)~22日(火)

 

写実絵画を得意とする、注目の洋画家9名を特集いたします。

それぞれが持つ「個性」という名の翼で羽ばたく作家たちによる力作の数々を、

この機会に是非ご高覧ください。

出品作家:吉田伊佐 池田誠史 加藤正悟

      北 浩二  三箇大介 椿 苑

      中尾知花子 中上誠章 村社由起 (順不同、敬称略)

92741176838c44a1862fd617161791ba

 

「~優しさにつつまれて~  アントワ-ヌ・アンリ絵画展」

【会期】9月23日(水)~30日(火)(最終日は午後5時閉場)

【会場】美術画廊  

暖かな陽ざしを感じるのどかな風景、幸福感あふれる室内などをビビッドな色彩で描いた新作油彩画展示即売いたします。かってパリ・オ-トクチュ-ルで活躍し、油彩画家となる。独自の色彩センスとマチエ-ルで表現した作品です。

 

8f528000

 「優しさの花束」油彩・8F・税込528,000円

6f396000

「柔らかな静寂」油彩・6F・税込396,000円

「北川安希子日本画展―枯樹生華」

【会期】9月23日(水)~9月29日(火)

成安造形大学で日本画を学び、

京都日本画新展 大賞、滋賀県次世代文化賞、京都府新鋭選抜展 京都新聞社賞

など数々の賞を受賞。

水辺は情感豊かに、大樹を力強く。

取材を重ね、自らが感じた思いを込めた風景画をご覧いただきます。

 

F100

作品画像:「ヤミヌケル」100号F 

 

 

「武田双雲展  「愛」」

【会期】9月30日(水)~10月6日(火)(最終日は午後5時閉場)

【会場】美術画廊  

諸方面で活躍中の著名書家が、

2019年にチュ-リッヒア-トフェアにて現代ア-トデビュ-。

墨の「書」をベ-スにして少し彩色をした作品と、

彩色のみの明るい作品や全く新しい方法での表現された作品を一同に展観いたします。

Photo_4

「咲」 60.6×72.7cm  アクリル・墨

Photo_5

「挑戦」 54×45cm 墨

 

2020年8月20日 (木)

玉井伸弥 日本画展 -遐福-@大丸心斎橋店

Mark_shinsaibashi

アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカでは、
「玉井伸弥 日本画展 -遐福-」を開催いたしております。

龍や鳳凰、獅子などの神獣と蛙、金魚など身近な生き物の動物画を描かれる玉井伸弥先生。サブタイトルの遐福(かふく) は永遠の幸福を意味します。
遥かなる永遠の幸福を願って渾身の力で描かれた約20点を出品いたしております。
瑞々しい感性で描かれる活き活きとした作品をご覧くださいませ。

Img_0335

Img_0336
↑「月見で一杯」24×36.8cm (軸装) 本体価格 300,000円+税
ほろ酔い気分なのでしょうか、少し顔を赤らめた蛙が楽しそうにお酒を飲んでいます。盃に映る月が粋な作品です。

玉井伸弥 日本画展 -遐福-
8月19日(水)→25日(火)
<最終日は16時閉場>
大丸心斎橋店本館8階
Artglorieux GALLERY OF OSAKA
(アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ)

Img_0314↑「風雷双龍図」20号M (5点組) 本体価格1,500,000円+税
今にも動き出しそうな2匹の龍たち。水墨画表現や漫画からも影響されたという作風は古典絵画のような絵肌に描かれていますが、どこかコミカルさがあり、独特な表現を生み出しています。

Img_0311↑「旭日唐獅子図」20号M 本体価格 650,000円+税
勇ましさの中にどこか愛嬌を感じさせるような表情。背景には箔や金泥などを用い、豪奢な雰囲気を作り出しています。

Img_0316↑「福来タル」10号M 本体価格400,000円+税
意外にも河豚を描かれたのは今回初めて、とのことですが躍動感たっぷりで勢いを感じる作品です。色彩も明るく、前向きになれるようなポジティブなパワーにあふれた一作です。


<玉井伸弥>
1994年 広島市生まれ
2012年 愛知県立旭丘高等学校 美術科 卒業
2015年 第70回 春の院展 初入選、 再興第 100回 院展 初入選、
「ART NAGOYA 2015」(以降、'16年出品)、
三菱商事アート・ゲート・プログラム2015年度奨学生
2016年 愛知県立芸術大学美術学部美術科日本画専攻 卒業
「NEXT JAPAN展」/ニューヨーク、個展/東京、「アートフェア東京 2016」、
「Tea time with Flowers」/パリ、「ART KAOHSIUNG 高雄芸術博覧会」/台湾
2017年 「Young Art Taipei 2017」/台湾、個展/伊勢現代美術館・三重
2018年 「Artglorieux Selection NEW STAR ARTISTS」/GINZA SIX・東京、
愛知県立芸術大学大学院博士前期課程日本画領域 修了、
個展/岐阜・名古屋、「Affordable Art Fair香港」/香港(以降、'19年出品)、
「ART FORMOSA」/台湾、ART TAIPEI 2018」/台湾
2019年 個展/東京、個展/大丸神戸店
2020年 「第8回桜花賞展」(郷さくら美術館/東京)その他グループ展多数
現 在  日本美術院院友、愛知県立芸術大学非常勤講師

Img_0333
気になる作品がございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。
作品は全て現品限りとなります。既に売切れの際はご了承ください。

今後の展覧会情報やお問い合わせなどはこちらから↓
https://www.daimaru.co.jp/shinsaibashi/artglorieux/index.php

大丸心斎橋店本館8階
Artglorieux GALLERY OF OSAKA

2020年8月 8日 (土)

アニメセル画ア-トコレクション 大丸京都店で開催!!

大丸京都店 1階案内所横 イベントスペ-スで、

8月12日(水)~18日(火)

アニメア-トセル画コレクション

を開催いたします。

 

「手塚治虫」や「スタジオジプリ」作品などをはじめ、

様々な人気キャラクタ-のセル画や直筆版画などを

展示販売いたします。

画像

鉄腕アトム  モノクロ版 

セル画サイズ139mm×203mm

税込2,310,000円

1963年から1966年に放映された30分の連続アニメ

「鉄腕アトム」のセル画です。

 

画像

もののけ姫

セル画サイズ 230mm×353mm

税込6,380,000円

森を守るために戦い続けるサン。

凛々しい姿が美しいセル画です。

The_origin

機動戦士ガンダム

作品サイズ 364×258mm

税込2,750,000円

キャラクタ-デザイン及び作画監督で、

ガンダムファンに絶大な人気を誇る安彦良和氏直筆ラフ原画です。

 

画像

 

松本零士浮世絵コレクション  波上のアルカディア

作品サイズ 280mm×400mm

税込104,500円

京都の浮世絵師である竹中健司摺師、野嶋一生彫師のコンビによる作品。

 

その他、様々な作品を出品いたします。

ご来場をお待ちしております。

 

2020年8月 6日 (木)

20世紀 日本の近代芸術傑作選展@大丸心斎橋店

Mark_shinsaibashi

本館8階アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカにて
「20世紀 日本の近代芸術傑作選展」を開催いたしております。

日本の20世紀芸術分野におけるダイナミズムにあふれた
日本画・洋画・版画作品を一堂に出品。

会場では色彩の美しさとその郷愁を誘うような風景美から
日本人の心を掴んで離さない東山魁夷の版画作品を特集しております。
また、片岡球子や中川一政、棟方志功、藤田嗣治ほか
巨匠作家による貴重な原画から版画まで多数展示即売いたしております。


20世紀 日本の近代芸術傑作選展
8月5日(水)→18日(火)
<最終日は16時閉場>
大丸心斎橋店本館8階
Artglorieux GALLERY OF OSAKA
(アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ)

Img_9652 ↑東山魁夷「山雲」38.0×53.0cm 新復刻リトグラフ 複製版画 本体価800,000円+税
10年を超える歳月をかけて唐招提寺の障壁画を制作された東山魁夷先生。こちらの「山雲」は障壁画のための習作で描かれた作品のひとつを版画化した作品。代名詞でもある美しい青や緑を堪能でき、静けさや癒しを感じる一作です。

Img_9653↑片岡球子「富士」38.7×45.5cm 複製版画 本体価格700,000円+税
数多くの富士山を描かれた片岡球子先生。独創的な画風は元気を与えてくれるような力強さがあります。こちらの作品は空や花の色に淡い色が使われており、どこかほっとできるような作品です。

Img_9636↑中川一政「薔薇」M20号 油彩 一政の会・東京美術倶楽部鑑定委員会 本体価格15,000,000円+税
薔薇を愛し、数多くの作品を残した中川一政先生。生命力を感じるスピーディーなタッチでパッションあふれる作品です。

Img_9643↑児玉幸雄「セーヌ通りの朝」10号 油彩 東京美術倶楽部鑑定委員会 本体価格4,000,000円+税
パリの街並みで人気を博した児玉幸雄先生。往来には市場やカフェが立ち並び、行き交う人々の息遣いまで感じられる作品です。

Img_9635↑荻須高徳「靴屋 メトロ No.141」45.0×64.5cm リトグラフ 1986年 本体価格 1,500,000円+税
同じくパリの風景を描かれた荻須高徳先生。こちらは特に明るい色彩で描かれた版画作品で、靴屋の赤い壁とその周囲の建物の色とで描き方を変えており、その質感もユニークな作品です。

Img_9651

気になる作品がございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。
作品は全て現品限りとなります。既に売切れの際はご了承ください。


今後の展覧会情報やお問い合わせなどはこちらから

https://www.daimaru.co.jp/shinsaibashi/artglorieux/


大丸心斎橋店 本館8階
Artglorieux GALLERY OF OSAKA

2020年7月29日 (水)

輪島漆芸作家 田中貴司・角康二 二人展@大丸心斎橋店

Mark_shinsaibashi

Image6

本館8階アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカにおきまして「輪島漆芸作家 田中貴司・角康二 二人展」を開催いたしております。
ピエロやこども、動物たちなど愛嬌あるキャラクターたちを蒔絵で表現される、田中貴司先生。一方、果物や蝶たちと宇宙を組み合わせ、幻想的な空気を作り出す沈金作家の角康二先生。うるしの地、輪島で技を磨き続ける二人の作家による初の二人展です。
漆の艶やかで洗練された美しさをご堪能ください。

 

輪島漆芸作家 田中貴司・角康二 二人展

7月29日(水)→8月4日(火)

<最終日は午後4時閉場>

大丸心斎橋店 本館8階

Artglorieux GALLERY OF OSAKA

(アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ)

 

Image7

田中貴司 漆額「夢の中から」 1,100,000円+税

まどろむ猫のやわらかな表情を見事な蒔絵で表した作品。ひとつひとつの色と螺鈿がとても優美ですが、ほのぼのとしてあたたかな日差しを感じるような空気も醸しています。

 

Image5

田中貴司 漆額「ディスカッション」 900,000円+税

ピエロと猫、ネズミ、鳥の動物達が集まり、何やら相談中でしょうか。
ユニークなモチーフと物語を感じるような構図で田中先生の特徴が表れている作品です。

 

Image4

田中貴司 漆額「馬と童子」 110,000円+税

愛らしい表情をした子供が元気よく馬にまたがっています。愛嬌のある表情や蒔絵の美しさをご堪能ください。

Image3

角康二 漆額「蝶と果実」700,000円+税

静物画を沈金で制作されている角先生の代表的な作風の作品です。とても細かな点彫りで制作されており、丁寧な作品制作をされているのが伝わってきます。

Image2

角康二 漆額「葡萄」 480,000円+税

金と黒が背景のモダンな作品。豪華さもありながら上品さを感じる一作です。

Image1

角康二 漆額「遊々」 480,000円+税

地球の上で蝶が羽ばたくようなイメージで制作されたというこちらの作品。宇宙空間のような不思議な世界の中でふわふわと軽やかに羽を動かす蝶。とても幻想的でいつまでも見とれてしまいます。

 

 

気になる作品がございましたらお気軽にお問い合わせください。
※作品は全て1点ものです。既に売り切れの場合はご了承くださいませ。

 

今後の展覧会情報やお問い合わせなどはこちらから

https://www.daimaru.co.jp/shinsaibashi/artglorieux/index.php

 

大丸心斎橋店 本館8階
Artglorieux GALLERY OF OSAKA
(アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ)

 

2020年7月28日 (火)

【2020年8月】 大丸京都店アートインフォメーション

Mark_kyoto_2

大丸京都店美術画廊・アートサロンで開催される

8月の展覧会のスケジュールをご紹介いたします。

============================================

「入魂の芸術 日本刀展」

【会期】7月29日(水)~8月4日(火)(最終日は午後5時閉場)

【会場】美術画廊

 

刀匠が一打一打に魂を込め、鉄を鍛錬して作り上げる伝統芸術「日本刀」。

鎌倉時代から伝わる名刀から現代の名匠による美術刀剣まで、

太刀、刀、脇差、短刀などを一同に集めて展観いたします。

Photo_4
肥前国住藤原忠広  寛永十六年二月日

「吉川かおりクレイアニマル展」

【会期】7月29日(水)~8月4日(火)(最終日は午後5時閉場)

【会場】アートサロンESPACE KYOTO

物語から抜け出してきたような動物たちの展覧会。

彼らは粉粘土とガラスで作られているのです。

物憂い表情や優しいしぐさ。かわいいだけではありません。

 

YOSHIKAWA Kaori

1966年 東京に生まれる

1989年 武蔵野美術大学油絵学科卒業

 

Photo

作品画像「三日月の下で」23.0×27.0×12.0cm

「アノラ・スペンス絵画展」

【会期】8月5日(水)~18日(火)(最終日は午後5時閉場)

【会場】美術画廊

1963年イギリス生まれ。

赤・青・黄色など温かみのある色調で、人間と動物のふれあいを

ユーモアたっぷりに描いています。

油彩・シルクスクリ-ン・エッチングなど約40点を展開いたします。

 

37561155000

「グリーンカーに乗るピンクの鳥」油彩・37×56㎝

「千住博作品展」

【会期】8月5日(水)~18日(火)(最終日は午後5時閉場)

【会場】アートサロンESPACE KYOTO

日本画の存在やその技法を世界に認知させた

国際的アーティスト・千住博を特集いたします。

ぜひこの機会にご覧くださいませ。

 

千住 博 Hiroshi Senjyu

 1958年 東京都生まれ

1982年  東京藝術大学美術学部絵画科日本画専攻卒業

1984年  東京藝術大学大学院修士課程修了。修了制作藝大買上

1987年  東京藝術大学大学院後期博士課程単位取得満期退学。修了制作東大買上

1995年 第46回ヴェネツィアビエンナーレ (ヴェネツィア、イタリア) にて

名誉賞受賞   絵画作品としては東洋人として史上初

1997年 大徳寺聚光院の襖絵制作にとりかかる

2002年 同院 伊東別院完成

2013年 同院 京都本院襖絵完成

2016年 平成28年度外務大臣表彰受賞

2017年 イサム・ノグチ賞受賞

2018年 野山真言宗総本山金剛峯寺 主殿2部屋の襖絵完成

 

Red453453_2

作品画像

「フォーリングカラー(Red)」 51/100

「水上卓哉絵画展」

【会期】8月19日(水)~8月25日(火)(最終日は午後5時閉場)

【会場】美術画廊

 

1990年名古屋市生まれ。

京都芸術大学(旧京都造形芸術大学)大学院芸術研究科(通信教育)修了。

小学生の時交通事故に遭い、まひや高次脳機能障害があるが

それを超越した制作は観る者を圧倒する。

生と死のハザマを経験したことから、

静と動 相反する感情が交差し

静けさの中に秘めた情熱の響く様は卓越した魅力である。

赤や青、金など多色の油彩であでやかに描いた「地球の手紙」をはじめ

力強く生命力溢れる作品を出品します。 

また、紙作品は紅茶を煮詰めて作ったインクで描く独特の柔らかな線で、

「風の盆」や「風鈴」などの題材と余白の美を表現しています。   

F100

「地球の手紙」ミクストメディア F100

 

 

「マエストロ貴古作陶展 ~新世界への招待状~ One More Chance」

【会期】8月19日(水)~8月25日(火)(最終日は午後5時閉場)

【会場】アートサロンESPACE KYOTO

 

京焼・清水焼 四代貴古・今橋剛和と、

美術家・今橋裕子によるユニット マエストロ貴古。

洗練された技術と自由な発想による作品を多数展覧いたします。

きらめく新世界へ、ぜひお越しくださいませ。

 

陶芸家・今橋貴古

1964年 「現代の名工」三代今橋貴古の長男として京都にうまれる

1987年 京都市立芸術大学 陶磁器科 卒業 宇治市炭山にて独立開窯

1988年 六世小川流煎茶道家元 小川後楽先生よりご指導を賜る

     以後 家元の指導にて小川流のお道具にたずさわり現在にいたる

2019年 四代貴古 煎茶作陶展 (白沙村荘 橋本関雪記念館)

 

美術家・今橋裕子

1987年 京都市立芸術大学美術学部油絵科 卒業

1989年 同大学院 修了

1985年 在学中よりアトリエ遊美術音楽研究所 美術主宰

1998年 宝塚市展市長賞 受賞

 

マエストロ貴古として2011年より発表

2011年 美術工芸ビエンナーレ入選

2012年 第5回 現代茶陶展入選  京展入選(同、2014・2015)

2018年 第30回公募日本ジュエリー展入選

Photo_2

フリーカップ 口径7.4㎝ 高さ6.4㎝ ソーサー 直径11㎝

「絵画・版画バザ-ル」

【会期】8月26日(水)~9月1日(火)(最終日は午後5時閉場)

【会場】美術画廊  

 

日本画・洋画・版画の巨匠・人気作家作品を、会期限りの期末特別価格にて即売いたします。                 

巨匠人気洋画作家の油彩や版画作品を充実して、展開いたします。

(税込9万円均一コ-ナ-も展開いたします。)  

S6

清水規  「真如堂の秋」 日本画  6号

 

「野澤朋恵日本画展」

【会期】8月26日(水)~9月1日(火)(最終日は午後5時閉場)

【会場】アートサロンESPACE KYOTO

 

野澤朋恵 NOZAWA Tomoe

2002年 名古屋芸術大学大学院修了

2006年 前田青邨記念大賞展 入選

日展・日春展 入選多数

 

ほろほろと咲きこぼれる花を画面いっぱいに詰め込んだ、

想いあふれる世界をお楽しみくださいませ。

 

2020年7月23日 (木)

~新しい風~中島潔絵画展@大丸心斎橋店

Mark_shinsaibashi

本館8階アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカにおきまして
「~新しい風~ 中島潔絵画展」を開催いたしております。
郷愁を誘う心の原風景を繊細なタッチで描かれる中島潔先生。
やわらかい空気をまとった作品たちは見るものを穏やかな気持ちにしてくれます。
会場には高精細な版画や貴重な水彩原画を出品いたしております。

~新しい風~ 中島潔絵画展
7月22日(水)→28日(火)
<最終日は午後4時閉場>
大丸心斎橋店 本館8階
Artglorieux GALLERY OF OSAKA
(アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ)

作家来場サイン会:7月26日(日) 午後1時30分~2時30分
※詳しくは展覧会ページをご覧ください

https://www.daimaru.co.jp/shinsaibashi/artglorieux/tenran/2020/jul_nakajima/

Img_9414↑「花に翔ぶ」水彩原画 5号 1,050,000円+税
紫陽花が咲き乱れる中を翔ぶように駆けていく子供たち。瑞々しい色彩の美しさが目をひきます。こちらは水彩で描かれており、直筆ならではの繊細で丁寧な筆致をご覧いただけます。



Img_9415↑「大漁」レフグラフファイン 限定部数150 350,000円+税
生命の息吹を感じる、という鰯が大胆な構図で描かれている作品。勢いよく流れ、上昇していくような力強さを感じます。

Img_9416↑「糸とんぼ」レフグラフファイン 限定部数800 65,000円+税
大きなひまわりをかぶった子供の見つめる先にはちいさなトンボが。物語を感じるような、どこか幻想的な一場面を見ているととても優しい気持ちに。

Img_9417↑「夏のバス停」レフグラフファイン 限定部数500 100,000円+税
中島先生のふるさと、唐津。心の原風景をやわらかな光とともに描かれている作品。

気になる作品がありましたらお気軽にお問合せください。
※原画は現品限りとなります。既に売切れの際はご了承くださいませ。

Img_9419

Img_9418


会場には書籍をはじめグッズなども販売いたしております。


今後の展覧会情報やお問い合わせなどはこちらから

https://www.daimaru.co.jp/shinsaibashi/artglorieux/index.php

2020年7月22日 (水)

日本刀展開催!!(大丸京都店初企画)

大丸京都店6階美術画廊で、初企画!!

「入魂の芸術 日本刀展」を開催いたします。

会期:7月29日(水)~8月4日(火)

会場:大丸京都店6階美術画廊

営業時間:午前10時~午後8時(最終日は午後5時閉場)

刀匠が一打一打に魂を込め、鉄を鍛錬して作り上げる

伝統芸術「日本刀」。

鎌倉時代から伝わる名刀から、

現代の名匠による美術刀剣まで、

太刀、刀、脇差、短刀などを、

一同に集めて展観いたします。

Photo

「筑前国 左 貞吉 (無銘)」  (南北朝期)

※筑前国左文字は南北朝時代初期に出現し、古典的九州物の作域から脱皮し、

地刃共に明るく冴えて、地景や金筋等の目立つ新作風を確立した。

その門葉の安吉の子が貞吉であり、文和頃の刀工と伝えられている。

Photo_2

「大和志津 (無銘)」(南北朝期)

※大和志津とは、鎌倉末期頃に兼氏(和州包氏)が

美濃国多芸郡志津に移住する以前の大和国在住時代の頃を指す。

Photo_3

「肥前国住藤原忠広  寛永十六年二月日」

他、京都にゆかりのある刀工の作品もございます。

また、鐔(つば)、緑頭、目貫などの小道具も多数出品いたします。

大丸京都店初企画のこの機会に是非ご来場くださいませ。

2020年7月21日 (火)

絵画スペシャルバザ-ル開催(大丸京都店)!!

大丸京都店7階催会場で、

絵画スペシャルバザ-ルを開催いたします。

(注:6階ではございません)

会期:7月22日(水)~27日(月)

営業時間:午前10時~午後8時(最終日は午後5時閉場)

巨匠・人気画家の絵画・版画を

この期間だけの特別価格でご提供致します。

メインの企画は、

●棟方志功特集

Photo

「薔薇妃の柵」板画 31×27.3cm

税込特別価格 8,800,000円

●東山魁夷特集

Photo_3

「風吹く浜」セリグラフ 31×45.5cm

税込特別価格1,540,000円

●片岡球子特集

Photo_4

「富士に花咲く」 リトグラフ 46.2×53.8cm

税込特別価格990,000円

その他、人気作家の絵画・版画を豊富に取り揃えしております。

Photo_5

絹谷幸二 「日月赤富士」 ミクストメディア 4号

税込特別価格5,720,000円

●お値打ち絵画コ-ナ-もございます。

人気画家の作品を、大ご奉仕価格でご提供いたします。

Photo_6

ギアマン 「百合とヴァイオリン」 

リトグラフ  49.5×68cm

税込特別価格29,000円

Photo_7

竹久夢二 「憩い(女性)」

木版画 36.7×34.5cm

税込特別価格44,000円

皆様のご来場をお持ちしております!!