美術画廊・アートギャラリー

2020年9月15日 (火)

武田双雲展「愛」@大丸心斎橋店

Mark_shinsaibashi

大丸心斎橋店本館8階 アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカにおきまして、「武田双雲展『愛』」を開催いたしております。

書道家として幅広く活躍されている武田双雲先生が書とアートを結び、新たな現代アートとして昇華。今回は「愛」をテーマに制作された作品を出品いたしております。ポジティブなパワーに溢れた作品の数々をお楽しみください。


武田双雲展「愛」
9月16 日(水)→22日(火・祝)
<最終日は午後4時閉場>
大丸心斎橋店本館8階
Artglorieux GALLERY OF OSAKA
アールグロリューギャラリーオブオーサカ

スペシャルイベントの情報はこちら→https://www.daimaru.co.jp/shinsaibashi/1ani_artglorieux/
アールグロリューギャラリーオブオーサカの展覧会情報やお問い合わせはこちらから→https://www.daimaru.co.jp/shinsaibashi/artglorieux/index.php

Img_0697↑「愛(3)」色紙・墨・色墨 F6 409×318mm
描くときに生まれる滲みや跳ねといった偶然性に心惹かれるという武田双雲先生。
パッション溢れる作品たちからは勇気や元気がもらえるようです。

Img_0694↑「心」和紙・色墨 全紙690×1350mm
深いブルーがとても美しい作品。心表れるような穏やかな気持ちにしてくれる作品です。
この他にも会場にはブルーの作品が並びます。ぜひそれぞれの個性をお楽しみください。

Img_0695↑「縁」越前和紙・墨・色墨 560×1020mm
和紙の工房にて、紙を漉く際に水で文字を書いたという作品。どんなものでも文字を描くことができる武田双雲先生ならではの制作方法です。和紙そのものの質感や躍動感を感じられます。

Img_0696↑「愛(4)」キャンバス・塗料・顔料 F15 652×530mm
昨年から現代アートに取り組みはじめ、どんなものでも取り入れて描くスタイルで制作活動をされています。


楽しみながら、ワクワクした気持ちで作品と向き合うことで生まれるエネルギーをご堪能ください。

Img_0685

Img_0680

本館8階
Artglorieux GALLERY OF OSAKA
アールグロリューギャラリーオブオーサカ

2020年9月10日 (木)

舟田潤子展 Funada Junko Exhibition bitter sweet circus@大丸心斎橋店

Mark_shinsaibashi

大丸心斎橋店本館8階 アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカにおきまして、「舟田潤子展 Funada Junko Exhibition bitter sweet circus」を開催いたしております。
サーカスをテーマに銅版画やコラージュ、手彩色など様々な技法を組み合わせて作り上げられるユカイな世界。
多数の企業とのコラボレーションや内装など多方面で活躍の幅を広げる、舟田潤子先生の作品世界をご堪能ください。

 

舟田潤子展
Funada Junko Exhibition bitter sweet circus
9月9日(水)→15日(火)
<最終日は午後4時閉場>
大丸心斎橋店本館8階
Artglorieux GALLERY OF OSAKA
アールグロリューギャラリーオブオーサカ

今後の展覧会情報やお問い合わせはこちらから→

https://www.daimaru.co.jp/shinsaibashi/artglorieux/index.php

Img_2921

↑「Candy Circus ”pomelo”」4S 銅版画(エッチング、ドライポイント、レリーフ、和紙、手彩色)本体価格 150,000円+税
銅版画に手彩色で制作された作品。
個性豊かなメンバーがそろうサーカス隊、「Candy Circus」。
見ている私たちも楽しくなるようなポップな作品です。

Img_2928_2

↑「prima blossom」20S 和紙絵画(和紙、水彩、アクリル、色鉛筆)本体価格750,000円+税
和紙に水彩やアクリル、色鉛筆で丁寧に彩色された「和紙絵画」の作品。
銅版画とはまた違う風合いや色使いをお楽しみください。

Img_2924

↑「candy trip mi(唐長コラボ)」6S 唐紙絵画(唐紙、和紙、水彩、アクリル、色鉛筆)本体価格240,000円+税
京都に伝わり、手仕事で制作される唐紙の工房「唐長」とのコラボレーション作品。

Img_2941_2

↑「cat cafe 猫カフェ」10×10cm 銅版画(ドライポイント、手彩色)本体価格22,000円+税

舟田 潤子 Funada Junko
1982年                京都に生まれる
2003年                オーストラリア国立大学交換留学
2005年                京都精華大学芸術学部造形学科版画専攻卒業
2006年                第5回大野城まどかぴあ版画ビエンナーレ 池田満寿夫大賞
2010年                第30回カダケス国際ミニプリント展 大賞 (スペイン)
2013年                個展 (あべのハルカス近鉄本店) (’14 ’15 ‘18)
                          個展 (銀座三越)
2014年                京都アートフェア、神戸アートマルシェ2014
                          JAPAN ART IN MALTA ホテルカバリエリ (地中海・マルタ島)
                          ホテル グラン・エムズ京都 全アートワークを手掛ける
2015 年               個展 (大丸京都店) (’17)
                          第2回ヤングクリエーターズアワード 松谷武判審査員賞&協賛賞2016年                となみ織物株式会社とのコラボレーション西陣織物発表
2017年                アートフェア東京
2018-2019年       近鉄百貨店ショッピングバッグ等フェアビジュアル担当
その他個展・グループ展や企業とのコラボレーションなど多数


ファンタジックな世界観の華やかな作品が多く並びます。
気になる作品がございましたらお気軽にご連絡くださいませ。

2020年9月 4日 (金)

秋の茶の湯道具逸品展@大丸心斎橋店

Mark_shinsaibashi

大丸心斎橋店本館8階 アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカにおきまして、「秋の茶の湯道具逸品展」を開催いたしております。
侘び寂びの世界で連綿と受け継がれる茶の湯の美。会場には茶碗や棗、香合、釜など茶の湯道具の逸品が並びます。季節の変化を感じる心や組み合わせの妙といった日本人の機微に触れるような茶の湯の世界をご堪能ください。

秋の茶の湯道具逸品展
9月2日(水)→8日(火)
<最終日は午後4時閉場>
大丸心斎橋店本館8階
Artglorieux GALLERY OF OSAKA
アールグロリューギャラリーオブオーサカ


今後の展覧会情報やお問い合わせはこちらから→
Artglorieux GALLERY OF OSAKAホームページ

Img_0510↑十三代 惺入「黒茶碗 銘 遠山」
釉薬研究に精力的に取り組んだ十三代 惺入。得意とした灰釉と鉱石釉をかけあわせたような美しい緑色の釉薬が特徴的です。名の通り、茶碗の内と外に遠山を望むことができます。

Img_0514↑五代 川端近左「六瓢蒔絵大棗」
六つの瓢箪から「六瓢」→「無病」と転じ、無病息災を願う意味が込められています。
丁寧な蒔絵と金箔の仕上げが上品な作品です。

Img_0512↑永楽即全「乾山写紅葉茶碗」
色とりどりの紅葉が季節の移り変わりを感じさせる作品。四季を楽しむ日本人らしい穏やかなお茶碗です。

Img_0511↑天保年 奥平了平「宝珠釜」8寸2分
おめでたい時に用いられる宝珠のモチーフ。宝珠とはもともと弁財天の使いである白蛇がとぐろを巻いた姿から生まれた形、とも言われています。

Img_0513

Img_0515
この他にも多くの茶の湯道具逸品を出品いたしております。
作品についてご質問などございましたらお気軽にご連絡くださいませ。

2020年8月28日 (金)

魅惑のジュエリー絵画®展@大丸心斎橋店

Mark_shinsaibashi

アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカでは、「魅惑のジュエリー絵画®展」を開催いたしております。宝石をひとつひとつ手作業で敷き詰め制作されるアート。華やかな輝きを放つ、ジュエリー絵画®の世界をご覧ください。
(ジュエリー絵画はジュエリーカミネの登録商標です。)

魅惑のジュエリー絵画®展
8月26日(水)→9月1日(火)
<最終日は16時閉場>
大丸心斎橋店本館8階
Artglorieux GALLERY OF OSAKA
(アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ)

今後の展覧会情報はこちらから→Artglorieux GALLERY OF OSAKAホームページ

会場には「ベルサイユのばら」や「鉄腕アトム」、「火の鳥」などの往年の名作が大人から子供まで楽しめる絵画作品として多数並んでいます。表面は滑らかな質感で、光が当たることでキラキラと輝き、それぞれの宝石の色彩をお楽しみいただけます。ラグジュアリーなアートをご堪能くださいませ。

Img_0417↑ベルサイユのばら オスカル&マリー・アントワネット4 長方形L(38.10×27.94cm)
©池田理代子プロダクション

Img_0418↑「ベルサイユのばら」シリーズ。美麗なキャラクターたちがジュエリーの輝きをまとう姿をご覧ください。

Img_0419↑「鉄腕アトム」や「火の鳥」など手塚治虫作品のシリーズ。ポジティブになれるような明るい色彩がとても魅力的です。

Img_0420↑ジャポニズムシリーズでは有名作品がジュエリーで表現されており、日本画とはまた違った質感をお楽しみいただけます。

Img_0421↑会場にはミッフィーの作品も出品いたしております。ナチュラルな雰囲気でほっこりしていただけるので、ご家族でお住まい方におすすめです。


豪華な宝石を使ったアート作品。ぜひこの機会にご覧ください。

気になる作品がございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。
作品は受注販売となります。お渡しまでお時間をいただく場合がございますのであらかじめご了承ください。



2020年8月20日 (木)

玉井伸弥 日本画展 -遐福-@大丸心斎橋店

Mark_shinsaibashi

アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカでは、
「玉井伸弥 日本画展 -遐福-」を開催いたしております。

龍や鳳凰、獅子などの神獣と蛙、金魚など身近な生き物の動物画を描かれる玉井伸弥先生。サブタイトルの遐福(かふく) は永遠の幸福を意味します。
遥かなる永遠の幸福を願って渾身の力で描かれた約20点を出品いたしております。
瑞々しい感性で描かれる活き活きとした作品をご覧くださいませ。

Img_0335

Img_0336
↑「月見で一杯」24×36.8cm (軸装) 本体価格 300,000円+税
ほろ酔い気分なのでしょうか、少し顔を赤らめた蛙が楽しそうにお酒を飲んでいます。盃に映る月が粋な作品です。

玉井伸弥 日本画展 -遐福-
8月19日(水)→25日(火)
<最終日は16時閉場>
大丸心斎橋店本館8階
Artglorieux GALLERY OF OSAKA
(アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ)

Img_0314↑「風雷双龍図」20号M (5点組) 本体価格1,500,000円+税
今にも動き出しそうな2匹の龍たち。水墨画表現や漫画からも影響されたという作風は古典絵画のような絵肌に描かれていますが、どこかコミカルさがあり、独特な表現を生み出しています。

Img_0311↑「旭日唐獅子図」20号M 本体価格 650,000円+税
勇ましさの中にどこか愛嬌を感じさせるような表情。背景には箔や金泥などを用い、豪奢な雰囲気を作り出しています。

Img_0316↑「福来タル」10号M 本体価格400,000円+税
意外にも河豚を描かれたのは今回初めて、とのことですが躍動感たっぷりで勢いを感じる作品です。色彩も明るく、前向きになれるようなポジティブなパワーにあふれた一作です。


<玉井伸弥>
1994年 広島市生まれ
2012年 愛知県立旭丘高等学校 美術科 卒業
2015年 第70回 春の院展 初入選、 再興第 100回 院展 初入選、
「ART NAGOYA 2015」(以降、'16年出品)、
三菱商事アート・ゲート・プログラム2015年度奨学生
2016年 愛知県立芸術大学美術学部美術科日本画専攻 卒業
「NEXT JAPAN展」/ニューヨーク、個展/東京、「アートフェア東京 2016」、
「Tea time with Flowers」/パリ、「ART KAOHSIUNG 高雄芸術博覧会」/台湾
2017年 「Young Art Taipei 2017」/台湾、個展/伊勢現代美術館・三重
2018年 「Artglorieux Selection NEW STAR ARTISTS」/GINZA SIX・東京、
愛知県立芸術大学大学院博士前期課程日本画領域 修了、
個展/岐阜・名古屋、「Affordable Art Fair香港」/香港(以降、'19年出品)、
「ART FORMOSA」/台湾、ART TAIPEI 2018」/台湾
2019年 個展/東京、個展/大丸神戸店
2020年 「第8回桜花賞展」(郷さくら美術館/東京)その他グループ展多数
現 在  日本美術院院友、愛知県立芸術大学非常勤講師

Img_0333
気になる作品がございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。
作品は全て現品限りとなります。既に売切れの際はご了承ください。

今後の展覧会情報やお問い合わせなどはこちらから↓
https://www.daimaru.co.jp/shinsaibashi/artglorieux/index.php

大丸心斎橋店本館8階
Artglorieux GALLERY OF OSAKA

2020年8月 6日 (木)

20世紀 日本の近代芸術傑作選展@大丸心斎橋店

Mark_shinsaibashi

本館8階アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカにて
「20世紀 日本の近代芸術傑作選展」を開催いたしております。

日本の20世紀芸術分野におけるダイナミズムにあふれた
日本画・洋画・版画作品を一堂に出品。

会場では色彩の美しさとその郷愁を誘うような風景美から
日本人の心を掴んで離さない東山魁夷の版画作品を特集しております。
また、片岡球子や中川一政、棟方志功、藤田嗣治ほか
巨匠作家による貴重な原画から版画まで多数展示即売いたしております。


20世紀 日本の近代芸術傑作選展
8月5日(水)→18日(火)
<最終日は16時閉場>
大丸心斎橋店本館8階
Artglorieux GALLERY OF OSAKA
(アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ)

Img_9652 ↑東山魁夷「山雲」38.0×53.0cm 新復刻リトグラフ 複製版画 本体価800,000円+税
10年を超える歳月をかけて唐招提寺の障壁画を制作された東山魁夷先生。こちらの「山雲」は障壁画のための習作で描かれた作品のひとつを版画化した作品。代名詞でもある美しい青や緑を堪能でき、静けさや癒しを感じる一作です。

Img_9653↑片岡球子「富士」38.7×45.5cm 複製版画 本体価格700,000円+税
数多くの富士山を描かれた片岡球子先生。独創的な画風は元気を与えてくれるような力強さがあります。こちらの作品は空や花の色に淡い色が使われており、どこかほっとできるような作品です。

Img_9636↑中川一政「薔薇」M20号 油彩 一政の会・東京美術倶楽部鑑定委員会 本体価格15,000,000円+税
薔薇を愛し、数多くの作品を残した中川一政先生。生命力を感じるスピーディーなタッチでパッションあふれる作品です。

Img_9643↑児玉幸雄「セーヌ通りの朝」10号 油彩 東京美術倶楽部鑑定委員会 本体価格4,000,000円+税
パリの街並みで人気を博した児玉幸雄先生。往来には市場やカフェが立ち並び、行き交う人々の息遣いまで感じられる作品です。

Img_9635↑荻須高徳「靴屋 メトロ No.141」45.0×64.5cm リトグラフ 1986年 本体価格 1,500,000円+税
同じくパリの風景を描かれた荻須高徳先生。こちらは特に明るい色彩で描かれた版画作品で、靴屋の赤い壁とその周囲の建物の色とで描き方を変えており、その質感もユニークな作品です。

Img_9651

気になる作品がございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。
作品は全て現品限りとなります。既に売切れの際はご了承ください。


今後の展覧会情報やお問い合わせなどはこちらから

https://www.daimaru.co.jp/shinsaibashi/artglorieux/


大丸心斎橋店 本館8階
Artglorieux GALLERY OF OSAKA

2020年7月29日 (水)

輪島漆芸作家 田中貴司・角康二 二人展@大丸心斎橋店

Mark_shinsaibashi

Image6

本館8階アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカにおきまして「輪島漆芸作家 田中貴司・角康二 二人展」を開催いたしております。
ピエロやこども、動物たちなど愛嬌あるキャラクターたちを蒔絵で表現される、田中貴司先生。一方、果物や蝶たちと宇宙を組み合わせ、幻想的な空気を作り出す沈金作家の角康二先生。うるしの地、輪島で技を磨き続ける二人の作家による初の二人展です。
漆の艶やかで洗練された美しさをご堪能ください。

 

輪島漆芸作家 田中貴司・角康二 二人展

7月29日(水)→8月4日(火)

<最終日は午後4時閉場>

大丸心斎橋店 本館8階

Artglorieux GALLERY OF OSAKA

(アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ)

 

Image7

田中貴司 漆額「夢の中から」 1,100,000円+税

まどろむ猫のやわらかな表情を見事な蒔絵で表した作品。ひとつひとつの色と螺鈿がとても優美ですが、ほのぼのとしてあたたかな日差しを感じるような空気も醸しています。

 

Image5

田中貴司 漆額「ディスカッション」 900,000円+税

ピエロと猫、ネズミ、鳥の動物達が集まり、何やら相談中でしょうか。
ユニークなモチーフと物語を感じるような構図で田中先生の特徴が表れている作品です。

 

Image4

田中貴司 漆額「馬と童子」 110,000円+税

愛らしい表情をした子供が元気よく馬にまたがっています。愛嬌のある表情や蒔絵の美しさをご堪能ください。

Image3

角康二 漆額「蝶と果実」700,000円+税

静物画を沈金で制作されている角先生の代表的な作風の作品です。とても細かな点彫りで制作されており、丁寧な作品制作をされているのが伝わってきます。

Image2

角康二 漆額「葡萄」 480,000円+税

金と黒が背景のモダンな作品。豪華さもありながら上品さを感じる一作です。

Image1

角康二 漆額「遊々」 480,000円+税

地球の上で蝶が羽ばたくようなイメージで制作されたというこちらの作品。宇宙空間のような不思議な世界の中でふわふわと軽やかに羽を動かす蝶。とても幻想的でいつまでも見とれてしまいます。

 

 

気になる作品がございましたらお気軽にお問い合わせください。
※作品は全て1点ものです。既に売り切れの場合はご了承くださいませ。

 

今後の展覧会情報やお問い合わせなどはこちらから

https://www.daimaru.co.jp/shinsaibashi/artglorieux/index.php

 

大丸心斎橋店 本館8階
Artglorieux GALLERY OF OSAKA
(アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ)

 

2020年7月23日 (木)

~新しい風~中島潔絵画展@大丸心斎橋店

Mark_shinsaibashi

本館8階アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカにおきまして
「~新しい風~ 中島潔絵画展」を開催いたしております。
郷愁を誘う心の原風景を繊細なタッチで描かれる中島潔先生。
やわらかい空気をまとった作品たちは見るものを穏やかな気持ちにしてくれます。
会場には高精細な版画や貴重な水彩原画を出品いたしております。

~新しい風~ 中島潔絵画展
7月22日(水)→28日(火)
<最終日は午後4時閉場>
大丸心斎橋店 本館8階
Artglorieux GALLERY OF OSAKA
(アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ)

作家来場サイン会:7月26日(日) 午後1時30分~2時30分
※詳しくは展覧会ページをご覧ください

https://www.daimaru.co.jp/shinsaibashi/artglorieux/tenran/2020/jul_nakajima/

Img_9414↑「花に翔ぶ」水彩原画 5号 1,050,000円+税
紫陽花が咲き乱れる中を翔ぶように駆けていく子供たち。瑞々しい色彩の美しさが目をひきます。こちらは水彩で描かれており、直筆ならではの繊細で丁寧な筆致をご覧いただけます。



Img_9415↑「大漁」レフグラフファイン 限定部数150 350,000円+税
生命の息吹を感じる、という鰯が大胆な構図で描かれている作品。勢いよく流れ、上昇していくような力強さを感じます。

Img_9416↑「糸とんぼ」レフグラフファイン 限定部数800 65,000円+税
大きなひまわりをかぶった子供の見つめる先にはちいさなトンボが。物語を感じるような、どこか幻想的な一場面を見ているととても優しい気持ちに。

Img_9417↑「夏のバス停」レフグラフファイン 限定部数500 100,000円+税
中島先生のふるさと、唐津。心の原風景をやわらかな光とともに描かれている作品。

気になる作品がありましたらお気軽にお問合せください。
※原画は現品限りとなります。既に売切れの際はご了承くださいませ。

Img_9419

Img_9418


会場には書籍をはじめグッズなども販売いたしております。


今後の展覧会情報やお問い合わせなどはこちらから

https://www.daimaru.co.jp/shinsaibashi/artglorieux/index.php

2020年7月15日 (水)

画業25周年記念 佐藤潤絵画展@大丸心斎橋店

Mark_shinsaibashi

本館8階アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカにおきまして
「画業25周年記念 佐藤潤絵画展」を開催いたしております。

動物画を追求し、吉祥とともに華やかでありながら心休まる作品を制作される佐藤潤先生。今年は画業25周年を迎えられ、より一層精力的に作品制作に取り組まれています。今展覧会では屏風や大作を始め、小品や版画作品に至るまで約40点を出品いたしております。

画業25周年記念 佐藤潤絵画展
7月15日(水)→21日(火)
<最終日は午後4時閉場>
大丸心斎橋店 本館8階
Artglorieux GALLERY OF OSAKA
(アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ)

作家来場:7月17日(金)、18日(土)、19日(日) 午後1時~5時
※都合により変更になる場合がございます。

Img_9330

Img_9331

↑「虎の子」サムホール 竹紙 2020年 160,000円+税
可愛らしい虎の子たちが無邪気に遊んでいる様子が描かれていてとても愛らしい一作。虎は自分の子をとても大切にすると言われていることから、大事なものや秘蔵品のたとえとして「虎の子」といいます。

Img_9332↑「喜々猿」4号 竹紙 2020年 240,000円+税
キキ、という鳴き声が転じて喜びが重なる「喜々」と言われ縁起が良いとされています。住吉大社に伝わる喜々猿をあたたかい雰囲気で穏やかに描かれています。よく見るとその他にも小さな生物たちも一緒に過ごしているようです。

Img_9328↑「舞扇子 貝合わせ」扇子 2020年 250,000円+税
貝合わせの貝に5節句の人日(正月)、上巳(雛祭)、端午、七夕、重陽にちなんだモチーフを描かれています。金地に描かれており、とても華やかで上品な仕上がり。それぞれの季節とともにお楽しみください。

Img_9333

Img_9329



今後の展覧会情報やお問い合わせなどはこちらから

https://www.daimaru.co.jp/shinsaibashi/artglorieux/index.php

2020年7月 2日 (木)

Sparkle展 ―人気作家の輝き―@大丸心斎橋店

Mark_shinsaibashi

本館8階アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカにおきまして
「Sparkle展 ―人気作家の輝き―」を開催いたしております。
日本画、洋画、彫刻とそれぞれのフィールドで活躍し、
注目を集める7名の作家によるグループ展。
個性あふれる作家たちの作品が一堂に会することで生まれる
化学反応や火花のようなきらめきをご堪能ください。

<出品作家>
岩﨑絵里、大矢真嗣、ツジモトコウキ、松村侑紀、青山ひろゆき、ワタベカズ、勝田えみ
(敬称略・順不同)

Sparkle展 ―人気作家の輝き―
7月1日(水)→7日(火)
最終日は16時閉場
大丸心斎橋店本館8階
Artglorieux GALLERY OF OSAKA
(アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ)

Img_9186↑岩﨑 絵里「Thumbolina」P12号 岩彩 720,000円+税
少女や女性など人物を日本画で描かれている岩﨑絵里先生。
どこかアンニュイさやすましたような表情は見る人の心をくすぐります。
金箔や銀泥などの技法を駆使し、独自の空気感を作り上げられています。

Img_9167↑ワタベ カズ「宝探し」F20号 油彩 320,000円+税
物語が浮かんでくるような幻想的な表現をされるワタベカズ先生。
ずっと見ていられる、そっと寄り添ってくれるような優しい雰囲気が魅力的です。

Img_9183↑勝田 えみ「レアチーズケーキ」H32×W23×D21cm 木彫 檜、モヘア、シルク、羊毛フェルト 180,000円+税
ポップでカラフルな木彫作品が人気を集める勝田えみ先生。
愉快で愛嬌に溢れた表情は見ると釘付けになってしまうこと間違いなし。

Img_9191↑青山 ひろゆき「メリーゴーランド」P10号 油彩 300,000円+税
お菓子やお花などの小さな世界を描く青山ひろゆき先生。
リアリズムとファンタジーが織り成す世界をご覧ください。

Img_9168↑ツジモト コウキ「吉兆紫白鯨図 ~陽昇~」P10号 岩彩 300,000円+税
吉兆を司る動物を金銀や極彩色など華やかなカラーを用いて描かれるツジモトコウキ先生。
日本画の枠に留まらない意欲的な作品制作をされています。

Img_9187↑大矢 真嗣「月影」3号円窓 岩彩 220,000円+税
季節の情緒や小さな命を繊細な筆致で表現する大矢真嗣先生。
画面の中をたゆたうような静かに流れる時間をお楽しみください。

Img_9169↑松村 侑紀「比翼」S8号 岩彩 300,000円+税
華やかで複雑にからみあう色彩や繊細なディティールが美しい松村侑紀先生。
瑞々しい感性で描かれる動物たちをご覧ください。

気になる作品がございましたらお問い合わせくださいませ。
※掲載作品は全て現品限りとなります。売切の場合はご了承ください。


今後の展覧会情報やお問い合わせなどはこちらから

https://www.daimaru.co.jp/shinsaibashi/artglorieux/index.php