陶芸

2016年7月 5日 (火)

「柿右衛門 うつわ展」@松坂屋名古屋店

Mark_nagoya

松坂屋名古屋店では、日本で初めて磁器を焼成した有田の創業400年を記念して、

名門 柿右衛門窯によるうつわ展を開催します。

「柿右衛門 うつわ展」

【会期】7/13(水)→19(火)

【会場】松坂屋名古屋店 本館8階 美術画廊


「柿右衛門様式」と謳われ世界にその名を馳せた柿右衛門窯は、

時代を彩る様々な意匠を生み出しながら、

今日まで脈々とをの美と技の伝統を継承し、

多くの愛陶家の注目を集めています。

錦手・染錦手と呼ばれる窯物の食器を中心に

約50点を一堂に展観いたします。

Photo

 ↑「染錦 柿文 酒器」

Photo_2

 ↑「錦 花鳥地文 桔梗縁 額皿」

●酒井田柿右衛門家 年譜

1573年 酒井田弥次郎(初代柿右衛門の父親)、

      筑後地方(福岡県八女市酒井田)の領主の子として生まれる

1596年 酒井田弥次郎(円西)の子として

            喜三右衛門(初代柿右衛門)生まれる

1612年 この頃、朝鮮陶工 李参平、有田泉山に白磁鉱を発見

      磁器焼成に成功する

1617年 この頃、酒井田円西 喜三右衛門親子、白石郷より有田に移住

1626年 この頃、高原五郎七(豊臣秀吉御用焼物師)が

      酒井田家へ4年間逗留作陶を教える

1643年 この頃、初代柿右衛門、赤絵付に成功

1650年 オランダ東インド会社により、有田焼が初めて輸出される

1658年 この頃、初代柿右衛門、金銀の絵付に成功

1659年 オランダ東インド会社56,700個有田皿山に注文

      この頃より輸出量が飛躍的に伸びる

1666年 初代柿右衛門 歿(71歳)

1690年 酒井田家の秘伝書「土合帳 赤絵具覚(他見無用)」記される

1710年 この頃、ドイツ マイセン窯にて磁器の制作に成功

1725年 この頃、ドイツ マイセン窯にて色絵付けに成功

      その後ヨーロッパ各地で柿右衛門写しが多く造られる

1912年 十一世片岡仁左衛門が「名工柿右衛門」を歌舞伎座にて初演

1922年 尋常小学校国語読本巻十に「陶工柿右衛門」掲載される

1953年 十二代柿右衛門、渋雄(十三代)親子によって、

      濁手素地の復元に成功する。

1958年 十二代柿右衛門「ブリュッセル万国博覧会」グランプリ受賞

1964年 十三代柿右衛門 日本工芸会正会員に認定される

1971年 重要無形文化財総合指定を受ける

1982年 十三代柿右衛門 歿(75歳) 正五位に叙せられる

      十三代柿右衛門 有田町名誉町民称号を受ける

      十四代酒井田柿右衛門 襲名

1989年 柿右衛門古窯跡が国の史跡として指定される

2001年 十四代柿右衛門 色絵磁器の

            重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定される

2005年 十四代柿右衛門 旭日中綬章を受章

2013年 十四代柿右衛門 歿(78歳) 従五位に叙せられる

2014年 十五代酒井田柿右衛門 襲名


ぜひこの機会にご高覧ください。

「柿右衛門 うつわ展」

【会期】7/13(水)→19(火)

【会場】松坂屋名古屋店 本館8階 美術画廊

松坂屋名古屋店のHPは こちら

2016年6月29日 (水)

「九谷 糠川孝之 作陶展」@大丸京都店

Mark_kyoto_2

大丸京都店アートサロンでは、7/6(水)から「糠川孝之 作陶展」を開催します。

「九谷 糠川孝之 作陶展」

【会期】7/6(水)→12(火)

【会場】大丸京都店 6階 アートサロンエスパス京都

九谷焼石川の地にて深彩窯を構える糠川先生。

伝統的な九谷焼はもちろん、

ハワイのアロハ的デザインと融合させたオリジナル九谷焼も手がけておられます。

リズミカルに走る黒い輪郭線、赤、青、黄、緑など

鮮やかな色彩がベースの白色に映えます。

招き猫、七福神など伝統あるモチーフが

糠川先生の手にかかるとモダンなデザインになる不思議!

また花や波など、オリジナルのデザインもございます。

お皿やカップなど日常の器、花器などお部屋を彩るアイテム、

オブジェ作品と幅広く展開します。

Photo_3

 ↑「薔薇色の布袋」 高さ17.5×横16×奥行9㎝

 

●糠川孝之(はせがわ たかゆき)略歴

1973年石川県能美郡にて深彩窯三代目として出生。

1993年飛騨国際工芸学園 窯業科卒業。

1995年石川県立九谷焼技術研修所 専門コース卒業。

2012年伝統工芸士に認定。

2013年円谷プロ公認「九谷焼ウルトラマン」絵付製作。

2014年北陸新幹線金沢駅待合室 壁面陶板製作。

2015年イタリア玩具「RODY」絵付制作。

伝統工芸士

日展、伝統九谷焼工芸展、日本現代工芸美術展、他、入選多数。

 

糠川先生H.P.→ 深彩窯http://www.sinsaigama.net

2016年5月26日 (木)

吉野浩志 陶展@松坂屋名古屋店

Mark_nagoya

松坂屋名古屋店では「吉野浩志 陶展」が始まりました。


「吉野浩志 陶展」

【会期】5/25(水)→5/30(月) *最終日は午後4時閉場

【会場】松坂屋名古屋店 本館8階 イベントスペース

1

 ↑「No.9大壷」

●吉野浩志 略歴

1964年 静岡県生まれ

1984年 多治見工業高校専攻科卒業

      人間国宝加藤卓男、七代加藤幸兵衛両先生に師事

2010年 岐阜県可児郡御嵩町に工房を開き独立

      静岡に半地下式穴窯を築窯

2013年 工房に薪窯を築窯

2015年 三人展(東京池袋西武本店)

2016年 個展(松坂屋名古屋イベントスペース

 

2

 ↑「No.63 自然釉壷」

3

 ↑「No.34自然釉花入」

4

5



=========================================

このたび、初めての個展をさせていただくことになりました。

自然に寄り添う暮らしの中で、土を求め採り、窯を築き、薪を割り、窯を焚く、

万里一空を常とし、作陶できればと思っております。

ぜひご高覧いただき、ご指導ご批評たまわりますようお願い申し上げます。

                                                                           吉野浩志

=========================================

「吉野浩志 陶展」

【会期】5/25(水)→5/30(月) *最終日は午後4時閉場

【会場】松坂屋名古屋店 本館8階 イベントスペース

松坂屋名古屋店のHPは こちら

2016年5月21日 (土)

瀬戸染付作品展@松坂屋名古屋店

Mark_nagoya

松坂屋名古屋店、本館8階イベントスペースでは、

「瀬戸染付作品展」を開催中です。


「瀬戸染付作品展」

【会期】5/18(水)→24(火)

【会場】松坂屋名古屋店 本館8階 イベントスペース

 

「自然豊かな環境に立つ瀬戸染付工芸館で、

 かつて作陶に励んだ修了生と現在研鑽に勤しむ研修生による作品展です。

 わたくし達は、染付による自然描写を共通理念としながらも

 現代に通じる新しい表現を目指し日々精進しています。

 今展も、一作一作にテーマと思いを込めて制作いたしました。

 何卒ご高覧の上ご指導賜りますよう宜しくお願い申し上げます。」

【出品者】
明石朋実 井上 匠 大谷昌拡 松田由岐子 森本静花 屋我優人

Photo_5

 ↑明石朋実「№2 雪柳文六角陶筥」

Photo_6

 ↑井上 匠「№11,12 染付十薬文鉢」

Photo_7

 ↑大谷昌拡「№35 染付草花文組皿」

Photo_8

 ↑松田由岐子

  奥中央 「№32 染付秋桜文皿」

  前左から 「№49 染付向日葵文皿」

       「№11 染付百合文皿」「№13 染付南天文皿」

Photo_9

 ↑森本静花「№1 椿文鉢」

Photo_4

 ↑屋我優人「№1 染付椿文大鉢」

「瀬戸染付作品展」

【会期】5/18(水)→24(火)

【会場】松坂屋名古屋店 本館8階 イベントスペース

松坂屋名古屋店のHPは こちら

 

 


2016年4月19日 (火)

【予告】鈴木徹 作陶展@松坂屋名古屋

松坂屋名古屋店美術画廊では、

5/11(水)から、鈴木徹先生の展覧会を開催いたします。

「萌生-housei- 第四回 鈴木 徹 作陶展」

【会期】5/11(水)→17(火)

【会場】松坂屋名古屋店 本館8階 美術画廊

Photo_3

 ↑鈴木徹「緑釉花器」 幅31.5×奥行27.8×高さ17.2㎝

Photo_4

 ↑鈴木徹「緑釉花入」 幅15.3×奥行10.5×高さ28.2㎝


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

若葉の萌え出でる瑞々しさ、そしてその力強さ。

ここのところ、制作するうえでのテーマとしていることです。

昨年、このような思いで制作した作品が日本伝統工芸展で受賞できたことは、

やってきたことが認められたようでとにかく嬉しく思えました。

さて「萌生」を調べてみると、

“草木の生え始めるように群がり出る”、“きざし現れる”とあります。

今回、こんなイメージを思い描きながら、

いろいろな形を制作してみました。

どうぞご高覧頂き、こんな私の新しい“きざし”を

看取して頂けましたら嬉しい限りです。     

                              鈴木 徹

++++++++++++++++++++++++++++++++++

<作陶体験のご案内>

会期中の5/14(土)と15(日)、作陶体験を開催いたします。

鈴木先生にご指導いただきながら陶芸を体験できる

貴重な機会ですので、ぜひご参加ください!

●定員 各日20名  参加費 無料

ご希望の方は松坂屋名古屋店 美術画廊までご連絡ください。

TEL 052-264-3383(美術画廊)


松坂屋名古屋店のHPは こちら

2016年4月15日 (金)

「唯我独尊 北大路魯山人展@大丸東京店

Mark_tokyo

今週、大丸東京店の美術画廊では

「唯我独尊 北大路魯山人展」を開催中です。


「唯我独尊 北大路魯山人展」

【会期】4/13(水)→19(火) *最終日は午後5時閉場

【会場】大丸東京店 10階 美術画廊

02y1325_2


陶芸をはじめ、書、篆刻、絵画、漆工芸など多方面に才能を発揮し、

また美食家として名を馳せた北大路魯山人。

その類い稀なる感性と、独自の創造性により、

今なお、多くの人々を魅了し続けています。

会場の様子をご覧ください。

Img_5072

Fullsizerender

Img_5074_2

Img_5075

本展では豊かな才能が感じられる優品を一堂に取り揃えて展観いたします。

ぜひこの機会にご高覧ください。

「唯我独尊 北大路魯山人展」

【会期】4/13(水)→19(火) *最終日は午後5時閉場

【会場】大丸東京店 10階 美術画廊

大丸東京店のHPは こちら






2016年3月30日 (水)

青木良太展、本日初日@松坂屋名古屋店

Mark_nagoya

松坂屋名古屋店では、「青木良太 暗闇で光る器『天空の茶碗』展」が始まりました。

4月5日(火)まで開催中。

青木良太先生は3日(日)まで毎日在廊しています。

今回は今までの仕事も一堂にご覧いただけます。

ぜひこの機会に青木ワールドへお越し下さい!

「青木良太 暗闇で光る器『天空の茶碗』展」

【会期】3/30(水)~4/5(火)

【会場】松坂屋名古屋店 美術画廊

12890902_507755369433686_4686551570


松坂屋名古屋店のHPは こちら

2016年3月28日 (月)

青木良太 暗闇で光る器『天空の茶碗』展@松坂屋名古屋店

Mark_nagoya

松坂屋名古屋店では、3月30日(水)から、

「青木良太 暗闇で光る器『天空の茶碗』展」を開催いたします。

【会期】3/30(水)~4/5(火)

【会場】松坂屋名古屋店 美術画廊

Mg_7495

 ↑ 「天空の茶碗」径15.8×高さ8.3㎝

毎回新しいことにチャレンジし、

陶芸の領域を広げる青木先生。

今回はなんと、「光る器」です。

-------------------------------------------------------------------

千利休は暗い茶室の中で使う「黒樂茶碗」

宇宙の中でお茶を飲む感覚だ。


暗闇の中で月光のごとくボワっと"光る器”「天空の茶碗」

宇宙の中で月を手で包み込んでお茶を飲む感覚だ。


青木が5年間の研究の結果完成した"光る器”

千利休に見せたらなんと言っただろう。

この感動をぜひとも体験しにきてください。

                         青木良太

--------------------------------------------------------------------

<作家来場予定>

3/30(水)、4/2(土)、4/3(日)

松坂屋名古屋店のHPは こちら

2016年3月17日 (木)

「新庄貞嗣 作陶展」開催中@松坂屋名古屋店

Mark_nagoya

松坂屋名古屋店では、萩の地にて十四代を重ねる新庄貞嗣先生の個展を開催中。

先生の優しくておおらかな人柄が作品に表れています。

会期中新庄先生は毎日来廊されますので、ぜひ遊びに来てください!

「第八回  新庄貞嗣 作陶展」

【会期】3/16(水)~3/22(火) *最終日は午後4時閉場

【会場】松坂屋名古屋店 本館8階 美術画廊

10582798_499720863570470_1446736493

2016年3月11日 (金)

「陶聲会 現代陶芸展 次世代の作家たち」@鳥取大丸

今週、鳥取大丸では、「陶聲会 現代陶芸展 次世代の作家たち」を開催中です。

「陶聲会 現代陶芸展 次世代の作家たち」

【会期】3/9(水)〜3/15(火)

【会場】鳥取大丸 4階 アートギャラリー

Img_4781

 ↑ 十四代 今泉今右衛門先生の作品

陶聲会は、地元鳥取の重要無形文化財保持者(人間国宝)である

前田昭博先生が、

伝統工芸展で活躍中の先生方にお声掛けされ結成されました。

メンバーは前田昭博先生と

重要無形文化財保持者で色絵磁器の十四代 今泉今右衛門先生、

月白瓷の福島善三先生、

練上げの松井康陽先生、

金襴手の吉田幸央先生、

緑釉の鈴木 徹先生、

備前の伊勢崎 創先生

の7名です。

〈ギャラリートークのご案内〉

3月12日(土)午後2時〜

前田昭博先生、松井康陽先生、鈴木徹先生、伊勢崎創先生による

ギャラリートークを開催いたします。

皆様のご来場お待ちしております。

Img_4786

 ↑ 前田昭博先生の作品

Img_4788

 ↑ 福島善三先生の作品

Img_4787

 ↑ 吉田幸央先生の作品

Img_4785_3

 ↑ 松井康陽先生の作品

Img_4783

 ↑ 鈴木 徹先生の作品

Img_4784_3

 ↑ 伊勢崎 創先生の作品

「陶聲会 現代陶芸展 次世代の作家たち」

【会期】3/9(水)〜3/15(火)

【会場】鳥取大丸 4階 アートギャラリー

鳥取大丸のHPは こちら