大丸心斎橋店

2021年10月22日 (金)

山田和明展『希望という名のシンフォニー』@大丸心斎橋店

Mark_shinsaibashi

本館8階アールグロリューギャラリーオブオーサカにおきまして「山田和明展 『希望という名のシンフォニー』」を開催いたしております。

 

動物たちが、古い楽器をこっそり持ち出して音楽を奏でています。どのような音楽を演奏しているのでしょうか?

 

嬉しい、悲しい、楽しい、辛い・・・いろいろな感情が日々、訪れます。

 

『少しでも希望を持って、穏やかな日々をすごしていただけますように・・・』そんな想いを表現しているのかもしれません。

 

こんな動物たちの演奏を楽しんでいただけましたら幸いです。

 

この機会にぜひともご高覧賜ります様、宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

今後の展覧会情報やお問合せはこちら

 

田中和明展 『希望という名のシンフォニー』 

10月20日(水)→10月26日(火)

<最終日は午後4時閉場>

大丸心斎橋店本館8階

Img7034

↑「くまとことり」 山田和明   税込77,000円

  アルシュ紙にガッシュ  額寸約39.5×30.5cm

Img7036

↑「Jazz Street」 山田和明   税込77,000円

  アルシュ紙にガッシュ  額寸約39.5×30.5cm

Img7038

↑「Tears in Heaven」 山田和明    税込77,000円

  アルシュ紙にガッシュ  額寸約39.5×30.5cm

Img7040

↑「うさぎとかば」 山田和明  税込88,000円

アルシュ紙にガッシュ  額寸約45×37.5cm

Img7042

↑「波の音を聞く」 山田和明   税込110,000円

  アルシュ紙に透明水彩  額寸約37.5×45cm

 

作品はすべて現品限りとなります。既に売切れの際はご了承ください。

気になる作品がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

 

大丸心斎橋店本館8階

Artglorieux GALLERY OF OSAKA

アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ

絵本作家 吉田稔美展「時のしらべに」@大丸心斎橋店

Mark_shinsaibashi

本館8階アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカにおきまして、「絵本作家 吉田稔美展『時のしらべに』」を開催いたしております。

 

昔むかしの中世やルネサンスの音楽や踊りの世界、夢のある絵本やクリスマスカードの原画。

 

また、バロック時代の劇場のような不思議な親近感を楽しめるピープショー(のぞきからくり)の紙オブジェなど。

 

ひと時、目と心を遊ばせていただけたら幸いです。

 

この機会にぜひともご高覧賜ります様、宜しくお願い申し上げます。

 

今後の展覧会情報やお問合せはこちら

 

 絵本作家 吉田稔美展「時のしらべに」

10月20日(水) →10月26日(火)

<最終日は午後4時閉場>

大丸心斎橋店本館8階

Artglorieux GALLERY OF OSAKA

アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ

Img7022_2

↑「ハープを弾く妖精」 吉田稔美 

税込38,500円  シルクスクリーン  額寸約27×32cm

Img7024_2

↑「ツバメが運んできた譜」  吉田稔美  

税込22,000円  シルクスクリーン  額寸約30.5×25cm

Img7026_2

↑「一角獣と乙女」 吉田稔美  

税込77,000円  シルクスクリーン  額寸約46×57cm

Img7028_2

↑「クリスマス・ベル」 吉田稔美  

税込49,500円  シルクスクリーン  額寸約36.5×44cm

Img7030_2

Img7031_2

↑「オリジナルピープショー・銀河鉄道の夜」    

税込13,200円  紙箱付

作品はすべて現品限りとなります。既に売切れの際はご了承ください。

気になる作品がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

 

大丸心斎橋店本館8階

Artglorieux GALLERY OF OSAKA

アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ

2021年10月13日 (水)

大杉真司展 ~舞妓を描く~@大丸心斎橋店

Mark_shinsaibashi

本館8階アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカにおきまして「大杉真司展 ~舞妓を描く~」を開催いたしております。

 

舞妓を描き続けてきた画家、大杉真司先生。

 

舞妓の魅力やはんなりと過ごす日常を温かい視点で描き、観る者の心をほっこりさせます。

 

今展では、独特の線とかわいらしい色使いで描く舞妓の油絵を中心に新作を含め約30点を展示販売いたします。

 

「幸せが舞い込む」とも言われる舞妓の絵をこの機会にぜひともご高覧賜ります様、宜しくお願い申し上げます。

 

今後の展覧会情報やお問合せはこちら

 

大杉真司展 ~舞妓を描く~

10月13日(水)→10月19日(火)

<最終日は午後4時閉場>

大丸心斎橋店本館8階

Artglorieux GALLERY OF OSAKA

アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ

Img6929

↑「おめでたい乾杯舞妓富士」  10P  油彩  税込770,000円

Img6931

↑「風神雷神」  15M  油彩  税込1,155,000円

Img6933

↑「テディベア ブルー」  SSM  油彩×アクリル  税込231,000円

Img6935

↑「大好きな思い」  7S  油彩×アクリル  税込539,000円

Img6937

↑「抱っこ牛」  4S  油彩×アクリル  税込330,000円

作品はすべて現品限りとなります。既に売切れの際はご了承ください。

気になる作品がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

 

大丸心斎橋店本館8階

Artglorieux GALLERY OF OSAKA

アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ

2021年10月 7日 (木)

~英国現代人物画家が描く~女神の誘惑展@大丸心斎橋店

Mark_shinsaibashi

本館8階アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカにおきまして、「~英国現代人物画家が描く~ 女神の誘惑展」を開催いたしております。

 

いつの時代も芸術家たちを魅了し創作へと掻き立てる女神たち。

 

数多くのモデルや女優エマ・ワトソンを描き、ファッション界でもその名を轟かせているマーク・デンステッダー。

 

彼が描く現代の女性像には、内面の強さとアンニュイな佇まいが交錯する魅惑的な雰囲気が漂います。

 

一方、精神性溢れる静謐な女性像を描くフレッチャー・シブソープの絵画には、鑑賞者を引き込むような気品のある空気感が存在しています。

 

英国の先端を行く二人の画家が描くモダンと伝統が交錯する新しい女性像。

 

この機会にぜひともご高覧賜ります様、宜しくお願い申し上げます。

 

今後の展覧会情報やお問合せはこちら

 ~英国現代人物画家が描く~ 女神の誘惑展

10月6日(水)→10月12日(火)

<最終日は午後4時閉場>

大丸心斎橋店本館8階

Artglorieux GALLERY OF OSAKA

アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ

 

Img6842

↑「THE ETERNAL BLOOM」 フレッチャー・シブソープ 

  税込1,760,000円

  50×50cm  2018年  油彩  金箔  銀箔  パネル

Img6840

↑「The Frailty of Human Hearts and Flowers」    

  フレッチャー・シブソープ  税込198,000円

  51×43cm  ジクレ 

Img6844

↑「Ulysses」 フレッチャー・シブソープ  税込264,000円

  51×35cm  ジクレ  

Img6846

↑「Sheri Standing Ⅱ」 マーク・デンステッダー  

  税込1,430,000円

  101×81cm  2009年  ミクストメディア  コラージュ  紙

Img6848

↑「Erin Seated Ⅲ」  マーク・デンステッダー   

  税込1,650,000円

  80×58cm  2010年  油彩  ボード

Img6850

↑「Study in Blue Ⅲ」  マーク・デンステッダー

  税込1,760,000円

  59×51cm  2018年  油彩  ボード

作品はすべて現品限りとなります。既に売切れの際はご了承ください。

気になる作品がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

 

大丸心斎橋店本館8階

Artglorieux GALLERY OF OSAKA

アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ

 


   

2021年9月30日 (木)

具体美術と現代アート展@大阪心斎橋店

Mark_shinsaibashi

本館8階アールグロリューギャラリーオブオーサカにおきまして「具体美術と現代アート展」を開催いたしております。

 

1954年に結成された具体美術協会に所属した作家による作品や活動は、近年海外において再評価され、また知名度が広がりをみせています。

 

今展では、具体の作家およびその流れをくむ現代作家、さらに現代注目されているアーティストたちによる厳選された作品を展観いたします。

 

この機会にぜひともご高覧賜ります様、宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

今後の展覧会情報やお問合せはこちら

 

具体美術と現代アート展 

9月29日(水)→10月5日(火)

<最終日は午後4時閉場>

大丸心斎橋店本館8階

Artglorieux GALLERY OF OSAKA

アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ

Img6679

↑「87a TO1118」 田中敦子   税込35,200,000円

  45.4×38.0cm 額 カンバス 合成樹脂エナメル塗料 田中敦子作品登録カード

Img6681

↑「無題MK-123」 向井修二   税込2,750,000円

  65.3×49.9×5.0cm パネル 板 アクリル ひご ミクストメディア

Img6683

↑「night shift」 山本雅子    税込616,000円

  41.0×27.3cm 額 ミクストメディア

Img6687

↑「増殖する街」 金丸悠児  税込990,000円

60.6×72.7cm パネル 板 ミクストメディア

Img6689

↑「REMIND-Melt-」 川島優   税込836,000円

  61.0×73.0cm パネル 麻紙 墨 岩彩 銀箔 共シール

Img6693

↑「Sanctuary-rabbit-」 渡辺おさむ  税込132,000円

  11.0×16.0×20.0cm 樹脂 繊維強化プラスチック

Img6695

作品はすべて現品限りとなります。既に売切れの際はご了承ください。

気になる作品がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

大丸心斎橋店本館8階

Artglorieux GALLERY OF OSAKA

アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ

2021年9月23日 (木)

-想いが生まれるとき- 松岡歩 画集刊行記念展@大丸心斎橋店

Mark_shinsaibashi

本館8階アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカにおきまして、「-想いが生まれるとき- 松岡歩 画集刊行記念展」を開催いたしております。

 

私にとっての制作とは、それぞれの体験から生まれる感情の記憶、またはそれを取り巻く環境から生まれる「想い」だと思っています。

 

一旦仕舞われたそれぞれの想いが開放される時こそ、作家としての造形活動の始まりです。

 

この度、発表する作品たちは、42年間生きてきた中からばらばらに切り取られた想い出の場面でありますが、現在の私も次はどのような想いが生まれるか、その一瞬に期待しながら日々生活しています。

 

この機会にぜひともご高覧賜ります様、宜しくお願い申し上げます。

 

今後の展覧会情報やお問合せはこちら

 –想いが生まれるとき- 松岡歩 画集刊行記念展

9月22日(水)→9月28日(火)

<最終日は午後4時閉場>

大丸心斎橋店本館8階

Artglorieux GALLERY OF OSAKA

アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ

Img6590

↑「出会い」 松岡歩   税込594,000円

  日本画  S5号  紙本  2021年

Img6592

↑「親子」 松岡歩    税込594,000円

  日本画  F6号  紙本  2021年

Img6596

↑「水生」 松岡歩    税込792,000円

  日本画  S8号  紙本  2021年

Img6594

↑「一月」 松岡歩    税込594,000円

  日本画  S5号  紙本  2020年

Img6600

↑「青い酒」 松岡歩    税込594,000円

  日本画  F6号  紙本  2021年

Img6602

↑「好奇(鼠)」 松岡歩    税込396,000円

  日本画  F4号  紙本  2019年

作品はすべて現品限りとなります。既に売切れの際はご了承ください。

気になる作品がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

 

大丸心斎橋店本館8階

Artglorieux GALLERY OF OSAKA

アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ

2021年9月16日 (木)

CINQ Lumière愛知県立芸術大学出身作家5人展@大丸心斎橋店

Mark_shinsaibashi

本館8階アールグロリューギャラリーオブオーサカにおきまして「CINQ Lumière愛知県立芸術大学出身作家5人展を開催いたしております。

 

今展では、フランス語でCINQ Lumière(サンク・ルミエール=5つの光)と名付けられ、参加する作家5名(牧野環先生、坂根輝美先生、藤城正晴先生、佐久間友香先生、玉井伸弥先生)の個性を輝く光に喩えています。

 

新進気鋭の各作家が描く渾身の力作をお楽しみいただけます。

 

この機会にぜひともご高覧賜ります様、宜しくお願い申し上げます。

今後の展覧会情報やお問合せはこちら

CINQ Lumière愛知県立芸術大学出身作家5人展 

9月15日(水)→9月21日(火)

<最終日は午後4時閉場>

大丸心斎橋店本館8階

Artglorieux GALLERY OF OSAKA

アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ

Img6483

↑「出会いの朝」 牧野環  日本画 10号 税込660,000円

 

<この出会いは一生の宝物。そんな出会いの朝。>

Img6491

↑「秋惜しみ」 坂根輝美  日本画 10号P 税込550,000円

 

<冬へと変わりゆく季節を惜しみながら、またその哀愁を楽しむかのようにまどろむ彼女を描きました。>

Img6493

↑「菖蒲」 藤城正晴  日本画 8号M  税込352,000円

 

<花を生けることが多くなったこの1年、シンプルな動機から制作した作品の1つです。>

Img6489

「必然の花」 佐久間友香 日本画 6号F 税込132,000円

 

<春になると必ず桜の花が咲く様に、人と人との別れもまた必ず訪れるものです。>

Img6484

「雲龍図」 玉井伸弥 日本画 10号M  税込440,000円

 

<古より語り継がれ、その姿は現代においても様々な形で生きている。>

作品はすべて現品限りとなります。既に売切れの際はご了承ください。

気になる作品がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

 

大丸心斎橋店本館8階

Artglorieux GALLERY OF OSAKA

アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ

2021年9月11日 (土)

Hiroko Nakakita Solo exhibition -Flower Garden-@大丸心斎橋

Mark_shinsaibashi
本館8階アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカにおきまして「Hiroko Nakakita  Solo exhibition -Flower Garden-」を開催いたしております。
「作為」と「無作為」という相反する概念を、大胆な色彩と重層的なマチエールによって描くHiroko Nakakita先生。
2006年東京藝術大学大学院美術研究科修士課程を修了した後、シャンデリアや花といった華やかなモチーフに、多彩な色彩や素材を重ね、幻想的な作品世界を生み出してきました。
本展では、丁寧にすくい上げられ内なる感情に耳を傾けるような静謐な作品世界を、油彩やミクストメディアの作品群で展観いたします。

 

今後の展覧会情報やお問い合わせはこちら

 

Hiroko Nakakita Solo exhibition -Flower Garden-
9月8日(水)→14日(火)
<最終日は午後4時閉場>
大丸心斎橋店本館8階
Artglorieux GALLERY OF OSAKA
アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ

 

 

Img_1460

Img_4170↑「Mammy」油彩、砂、キャンバス 61.0×50.0cm 2018年 税込495,000円

Img_4168↑「Petals no.20200715」ミクストメディア、キャンバス 35.8×27.8×1.7cm 2020年 税込352,000円

Img_4178↑「flower no.20210626」油彩、砂、キャンバス 20.0×20.0cm 2021年 税込330,000円

Img_4162

Img_4174

Hiroko Nakakita 
1981年 兵庫生まれ
2006年 東京藝術大学大学院美術研究科 絵画科油画専攻修士課程  修了
大阪や銀座のギャラリーなどで展覧会を開催。 神戸とカリフォルニアのアトリエを拠点に制作活動を続け、 韓国やニューヨーク、 ロサンゼルスなど国内外で発表を精力的に続ける。 六本木ヒルズクラブ、 Castle Hotel &Spa(NY)などが作品収蔵。 2021年神戸居留地にギャラリー『Hiroko Nakakita』をオープン。 

 

 

国内外で活躍を続けるHiroko Nakakita先生の豊かな色彩の世界をお楽しみください。

気になる作品がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

大丸心斎橋店本館8階
Artglorieux GALLERY OF OSAKA
アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ

 

2021年9月 3日 (金)

秋の茶の湯道具逸品展@大丸心斎橋店

Mark_shinsaibashi
本館8階アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカにおきまして「秋の茶の湯道具逸品展」を開催いたしております。
日本の伝統美を受け継ぎ、侘び寂びの世界の中で連綿と引き継がれている茶の湯。
会場では、茶の湯のお道具の逸品の数々を出品いたします。
千家御家元様書付ものや千家十職作品など逸品からは、お茶の世界の歴史や伝統、美しさを感じることが出来ます。
この機会にぜひともご高覧賜ります様、宜しくお願い申し上げます。

 

今後の展覧会情報やお問い合わせはこちら

 

秋の茶の湯道具逸品展
9月1日(水)→7日(火)
<最終日は午後4時閉場>
大丸心斎橋店本館8階
Artglorieux GALLERY OF OSAKA
アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ

 

 

Img_4130↑永楽即全「乾山写菊絵茶碗」

Img_4145_1↑十一代 樂慶入「黒茶碗 銘 常盤」鵬雲斎大宗匠御書付 

Img_4135↑十三代 中村宗哲「御好菱波棗」坐忘斎御家元御書付 

Img_4140↑初代 宮崎寒雉「霰剥蜜柑釜」坐忘斎御家元書付  

Img_4128

Img_4142

気になる作品がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

大丸心斎橋店本館8階
Artglorieux GALLERY OF OSAKA
アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ

 

2021年8月26日 (木)

紙の昆虫たち展@大丸心斎橋店

Mark_shinsaibashi

本館8階アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカにおきまして「紙の昆虫たち展」を開催いたしております。

さあ、紙から生まれた昆虫たちの世界「紙の昆虫たち展」の始まりです。

樹液のお酒を飲んだり、花火を楽しんだり。

小さなアリンコから大きなカブトムシまで、様々な昆虫たちの愉快な暮らしを紙で表現しました。

また、オオクワガタや蚊やキアゲハなど、今にも動き出しそうな本物さながらの昆虫たちもたくさんいます。

お子様から大人まで皆様で楽しんでいただけます。

この機会にぜひともご高覧賜ります様、宜しくお願い申し上げます。

 

 

今後の展覧会情報やお問合せはこちら

 

紙の昆虫たち展

8月25日(水)→8月31日(火)

<最終日は午後4時閉場>

大丸心斎橋店本館8階

Artglorieux GALLERY OF OSAKA

アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ

Img6044

↑斉藤卓治「楽園」税込137,500円

たくさんの花が咲いて、蝶たちもうれしそう!

Img6049

↑斉藤卓治「お医者さん」税込74,800円

バッタのお医者さん、みんな早く元気になってね!

Img6055

↑斉藤卓治「アルキデスヒラタクワガタ」税込16,500円

超リアル!今にも動き出しそうなクワガタです。

Img6058

↑斉藤健輔「花火大会」税込110,000円

わぁ~い!きれいな花火だ。みんな楽しいな!

Img6070

↑斉藤健輔「西瓜三十六景(神奈川沖浪裏)」税込165,000円

うわ~!すごい波にのみ込まれるよー!てんとう虫が叫んでいます。

Unnamed

↑斉藤健輔「そこにハエがいるから(麦藁帽子)」税込18,700円

かえるがじ~とハエをねらっている。もうすこしで食べれるのになぁ。

作品はすべて現品限りとなります。既に売切れの際はご了承ください。

気になる作品がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

 

大丸心斎橋店本館8階

Artglorieux GALLERY OF OSAKA

アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ