大丸心斎橋店

2016年9月 3日 (土)

再興第101回院展が始まりました

再興第101回院展が昨日から東京都美術館で始まりました。(9/16まで)

今週大丸心斎橋店で個展開催中の村上裕二先生が内閣総理大臣賞を受賞されています。

同人から若手まで意欲溢れる大作が並び、

日本画のすばらしさを改めて感じるこの展覧会は、

10/12~18に大丸心斎橋店、11/26~12/4に松坂屋名古屋店に巡回いたします。

14231169_574695949406294_7351095027

 

 

2016年8月27日 (土)

村上裕二 日本画展@大丸心斎橋店

Mark_shinsaibashi

大丸心斎橋店では、8/31(水)から

村上裕二先生の展覧会を開催いたします。

「村上裕二 日本画展」

【会期】8/31(水)→9/6(火)

【会場】大丸心斎橋店 北館12階 美術画廊

東京藝術大学と大学院で日本画を学び、

現在は日本美術院同人。

いわゆる日本画の花鳥風月の世界にとらわれず、

子供たちやペガサス、ウルトラマンなど

モチーフがどんどん展開していく村上先生。

現代人の心をとらえる作品の数々を展観いたします。

6s2m

 ↑「港の詩」 日本画 6号S

102m

 ↑「青の先へ」 日本画 10号

「私は今日まで日本画を描いてきました。

好きな道ですから続けて来ることができました。

日本に生き、日本を眺め、日本人の言葉を聞き、

日本の歴史を意識し、日本とともに進む。

今は母なる日本のふところでの創作と合点しています。

日本国から名前を頂いた絵画ジャンル「日本画」。

ますます可能性に満ちた方向を示してくれています。」

                          村上 裕二


ぜひご高覧ください。

大丸心斎橋店のHPは こちら

 

2016年8月23日 (火)

【2016年9月】 大丸心斎橋店 アートインフォメーション

Mark_shinsaibashi

大丸心斎橋店美術画廊・現代陶芸サロンで開催される

8月の展覧会のスケジュールをご紹介いたします。

===========================================

「村上裕二 日本画展」

【会期】8/31(水)→9/6(火)

【会場】美術画廊

「私は今日まで日本画を描いてきました。

好きな道ですから続けて来ることができました。

日本に生き、日本を眺め、日本人の言葉を聞き、

日本の歴史を意識し、日本とともに進む。

今は母なる日本のふところでの創作と合点しています。

日本国から名前を頂いた絵画ジャンル「日本画」。

ますます可能性に満ちた方向を示してくれています。」

                          村上 裕二

102m

 ↑ 村上裕二「青の先へ」 日本画 10号


「山近 泰 作陶展」

【会期】8/31(水)→9/6(火)

【会場】現代陶芸サロン桃青

「この度、大丸心斎橋店現代陶芸サロン桃青で

2度目の作陶展をひらく機会を頂きました。

動物を始め、身近な植物を九谷独特の色彩で表現してみました。

皆様には御高覧、御評価いただければ幸いです。」

                         山近 泰

 

Ai

 ↑山近 泰「「霊獣齋の絵香炉」14×14×高さ17㎝

 

「-古作 風炉・釜を中心に-秋の茶の湯道具逸品展」

【会期】9/7(水)→12(月)

【会場】美術画廊

茶の湯道具として制作され時代を経た風炉と釜をあつめ展観いたします。

また、併せて千家御家元様書付もの、千家十職作品など

茶道具の逸品100余点も一堂に出品いたします。

この機会にご高覧賜りますようご案内申し上げます。

Cimg0360

 ↑「菊霰真形釜 古芦屋」 大西清右衛門極 胴径23.0×高19.0㎝

「鈴木大弓 作陶展」

【会期】9/7(水)→20(火)

【会場】現代陶芸サロン桃青

茶碗を手に取ると、しっくりと来る安心感や

新しい発見に触れたときの高揚感、

茶碗という手のひらに収まる存在に、多くが凝縮されています。

毎日の作陶が楽しくて仕方がないという、彼の作品からも朗らかさを感じます。

高麗の作品に魅せられ、韓国の聞慶・慶州で修行後、信楽で独立。

8月に新たに築窯され、益々精力的に作陶されています。

今展では信楽や高麗など幅広い種類のうつわを展覧いたします。

Ai_2

 ↑「信楽茶碗」 径12.7×11×高さ9.5㎝



「-無何有坊-当麻嘉英作陶展」

【会期】9/13(火)→20(火)

【会場】美術画廊

「音楽を聴きながら、いつも、土をこね薪をくべています。

とりわけ、オイストラフの奏でるメンデルスゾーンのバイオリン協奏曲が好きです。

潮が、少しづつ満ちてくるような、海が押し寄せてくるような、

透明な高まりが、取り組む意欲を沸かせてくれます。

音楽と共に取り組んだものを出品いたします。」

                    無何有坊 当麻嘉英

 

Photo

 ↑当麻嘉英「「メンデルスゾーン バイオリン協奏曲 Op64」 高さ44㎝



「~花の径・鳥の道~ 鳥山武弘・井上美紀 日本画二人展」

【会期】9/21(水)→27(火)

【会場】美術画廊

共に京都で日本画を学び、そして現在創画会を舞台にご活躍中の

井上美紀・鳥山武弘両先生の3回目となる二人展です。

上村淳之先生に師事し、鳥を愛し、その生態を観察して描き続ける鳥山先生。

春夏秋冬四季の花を写生し、色鮮やかで情感あふれる花々を描く井上先生。

お二人が描かれる美しい日本画の世界をぜひご覧ください。

Img_2865_2

 ↑井上美紀「花笑み」 日本画 8号

Photo

 ↑鳥山武弘「翁草に」 日本画 4号


「松永圭太 作陶展」

【会期】9/21(水)→27(火)

【会場】現代陶芸サロン桃青

「型おこしの際に出る自分の手癖や習慣を頼りに、

土を曲げながら形にしていきます。

焼成後の表面にまでそれが残るように心がけています。

また漆芸作家の高橋悠眞さんが変塗を施した作品は、

半分手を離れながらも器の骨組みがより顕著に反映されます。

それは私の制作の軌跡が自立しているからのようであり、

焼成をする感覚と似ています。」 

                       松永圭太

Ai_4

 ↑松永圭太「脈脈『日計』」 14×15×高さ9㎝


「勝尾青龍洞窯 作陶展」

【会期】9/28(水)→10/4(火)

【会場】美術画廊

歴史ある信楽の土を丹念に練り上げた花器、

繊細な造形をみせる茶器や食器など、

師でもあり父でもある勝尾青龍洞先生から

伝えられた作風を継承する勝尾達彦先生。

親子二代にわたって伝統ある清水五条の窯から力作が生み出されました。

今展では伝統と創造を重んじるお二人の新作を中心に多数出品いたします。

Dsc_0266

 ↑勝尾青龍洞「志野四方皿」 30×30×高さ7㎝

 

Dsc_0270

 ↑勝尾龍彦「黒釉茶碗」 径14.5×高さ8.0㎝


「常設展」

【会期】9/28(水)→10/4(火)

【会場】現代陶芸サロン桃青

現在活躍する若手陶芸家の作品を中心に

一部近代巨匠による工芸品を出品いたします。

Photo_2

 ↑鈴木五郎「耳付壷」 径14.8×高さ26㎝

Photo_3

 ↑松田百合子「水瓶」 27×15×高さ20.5㎝


大丸心斎橋店のHPは こちら




   





 



2016年8月12日 (金)

「~移ろいゆく時代の中で~ 志田展哉 日本画展」@大丸心斎橋店

Mark_shinsaibashi

大丸心斎橋店では8/17(水)から、

「~移ろいゆく時代の中で~ 志田展哉 日本画展」を開催いたします。


「~移ろいゆく時代の中で~ 志田展哉 日本画展」

【会期】8/17(水)→23(火)

【会場】大丸心斎橋店 北館12階 美術画廊


独自の視点で「時代」を表現する新進気鋭の日本画家 志田展哉先生。

群青と銀箔を用いて表現される月明かりの世界は、

モダンとノスタルジーが混在した独特の余韻を感じさてくれます。

大丸心斎橋店では初の個展。ぜひご高覧ください。

 

Blue_moon07

 ↑「blue moon 07」 日本画 29.5×90.5㎝

 

Trip_01

 ↑「trip 01」 日本画 46×116㎝ 


●志田展哉(しだ のぶや) 略歴

1973年 神奈川県出身

1994年 東京藝術大学美術学部絵画科日本画専攻入学

1998年 東京藝術大学美術学部絵画科日本画専攻卒業

2000年 東京藝術大学大学院修士課程美術研究科日本画専攻修了

2003年 東京藝術大学大学院後期博士課程美術研究科美術専攻(日本画)終了

2006年~2016年 この年より都内百貨店を中心に多数の個展を開催

その他、グループ展多数


●パブリックコレクション

カシオ計算機株式会社・佐藤美術館・東京藝術大学・上野精養軒ほか


大丸心斎橋店のHPは こちら

2016年8月11日 (木)

「~安土桃山の肖像~ 戸屋勝利 絵画展」@大丸心斎橋店

Mark_shinsaibashi

大丸心斎橋店では、戸屋勝利先生の展覧会を開催中です。


「~安土桃山の肖像~ 戸屋勝利 絵画展」

【会期】8/10(水)→16(火)

【会場】大丸心斎橋店 北館12階 美術画廊


戦国時代の美をテーマにし、独自の画風で活躍される戸屋勝利先生。

時には荒々しく、時には静かに描かれた武将たちは、

時代の栄枯盛衰のはかなさを感じさせ、

風景画にはまた永々無窮の理を現すかのように心に染み入ります。

大丸心斎橋店では初めての個展となります。

画家が紡ぎ出す日本の美、約30点をぜひご高覧ください。

 

Photo_2

 ↑「四天王寺の幸村」 ミクストメディア 10号

1

2

 ↑「松林図」2点組 ミクストメディア 30号変 

●戸屋勝利 略歴

1965年 東京生まれ

1992年 東京藝術大学大学院美術研究科修士課程染織専攻修了

1993年~2016年 この年より都内百貨店を中心に多数の個展を開催

その他、グループ展多数


戸屋先生は本の装丁も多数てがけられています。

秋山駿 「信長」

司馬遼太郎 「馬上少年過ぐ-伊達政宗-」

津本陽 「巨眼の男・西郷隆盛」

佐々木穣 「天下城」

井上靖 「風林火山」 *2007NHK大河ドラマ原作本

藤田達生「信長革命」

歴史ファンならどこかで目にされているかもしれませんね。

この機会にぜひオリジナルの作品の迫力をご堪能ください。


大丸心斎橋店のHPは こちら

2016年7月18日 (月)

【2016年8月】 大丸心斎橋店 アートインフォメーション

Mark_shinsaibashi

大丸心斎橋店美術画廊・現代陶芸サロンで開催される

8月の展覧会のスケジュールをご紹介いたします。

===========================================

「田中貴司 漆芸展」

【会期】7/27(水)→8/2(火)

【会場】美術画廊


漆芸の地、輪島に生まれ、故 一后一兆先生に師事し、

日展を中心に活躍されている日展会友 田中貴司先生の漆芸展を開催いたします。

斬新な意匠と、色漆や青貝などを用いた蒔絵技法を用い、

個性溢れる作品を発表される田中先生。

今回は、中央展の作品作をはじめ、

花器、飾箱、漆芸額など約40点の作品を一堂に展観いたします。

 

Neko4

 ↑ 田中貴司 「夢の中から」 漆芸額 25号


「~色を楽しむ~ 萬福堂 吉村楽入 茶陶展」

【会期】8/3(水)→8/9(火)

【会場】美術画廊


京都の楽焼、萬福堂 吉村楽入先生の個展を開催いたします。

今回は従来の黒楽、赤楽、飴釉の作品に加え、

特に色にこだわって制作していただきました。

楽焼の持つ本来の優しさに、これまで無かった色の作品を加え、

新作約80点を出品いたします。

Photo

 ↑ 吉村楽入「楽茶碗 銘 吉野」 


「田上真也 作陶展」

【会期】8/3(水)→8/9(火)

【会場】現代陶芸サロン桃青

青の釉薬を使った土による造形作品と、

長石を原料とした白釉を施した器を出品いたします。

 

Photo_2

 ↑ 田上真也 「殻’16-孵」 30×33×高さ25㎝


「~安土桃山の肖像~ 戸屋勝利 絵画展 -Katsutoshi Toya Exhibition-」

【会期】8/10(水)→16(火)

【会場】美術画廊


戦国時代の美をテーマにし独自の画風で活躍される戸屋勝利先生。

大丸心斎橋店での初個展を開催いたします。

時には荒々しく、時には静かに描かれた武将たちは、

時代の栄枯盛衰のはかなさを感じさせ、

風景画にはまた永々無窮の理を現すかのように心に染み入ります。

Photo_3

 ↑戸屋勝久 「四天王寺の幸村」 ミクストメディア 10号


「~移ろいゆく時代の中で~ 志田展哉 日本画展」

【会期】8/17(水)→23(火)

【会場】美術画廊


独自の視点で「時代」を表現する新進気鋭の日本画家 志田展哉先生。

群青と銀箔を用いて表現される月明かりの世界は、

モダン・ノスタルジーが混在した独特の余韻を感じさてくれます。

大丸心斎橋店での初個展。

ぜひご高覧ください。

Blue_moon07

 ↑ 志田展哉 「blue moon 07」 29.5×90.5㎝


「輪島掘出し市」

【会期】8/24(水)→30(火)

【会場】美術画廊

日本が誇る伝統ある輪島塗。

ライフスタイルの変化から制作する工房も減少しましたが、

最近は外国人旅行者の間でも人気のようです。

椀、重箱、皿、盆などの食器から、

座敷机、衝立、額、花器、香炉、棗など家具調度品までを特別価格にて大奉仕。

一部、越前塗などほかの産地の漆芸品も出品いたします。

2

 ↑ 慶塚工房 「独楽吸い物椀 (五客)」

1

 ↑ 慶塚工房「独楽姫重」 

「水代達史 彫金展」

【会期】8/24(水)→30(火)

【会場】現代陶芸サロン桃青


彫金技法で細部に至るまで緻密に作り上げられた動物や植物のオブジェ・・・

華やかな造形の中にコミカルな表情をのぞかせる動物たち。

独特の世界観の中で生みだされる作品は、

じっと見つめていると思わず動き出しそうな躍動感に溢れています。

Sdm

 ↑ 水代達也「Transporter」 11×35×高さ15㎝


大丸心斎橋店のHPは こちら



 

2016年7月14日 (木)

中山千明先生 来場中@大丸京都店

Mark_kyoto_2

大丸京都店では、「~華~ 中山千明 日本画展」を開催中。

祇園祭まっただなかの京都。

中山先生も浴衣姿での在廊です。

皆さまのご来場、お待ちしております。

「~華~ 中山千明 日本画展」

【会期】7/13(水)→19(火)

【会場】大丸京都店 6階 アートサロンエスパス京都

*中山先生は毎日来場される予定です。

13653338_1010435555738463_354596930

2

5

P10_2

↑「兆し」 10号

13680590_1010346709080681_547967107

 ↑「廻」 10号


大丸京都店のHPは こちら

2016年7月 2日 (土)

大丸松坂屋世界の名作版画シリーズ クリムト「接吻」いよいよリリース!

このたび、大丸松坂屋 世界名作版画シリーズ第3弾

グスタフ・クリムトの「接吻」を発売いたします。

--------------------------------------------------------------------------------

<グスタフ・クリムト 複製版画>

"The Kiss” 「接吻

Photo_2



クリムトの「接吻」は画家が1907から1908年にかけて描いた油絵で、

金箔を多用した、いわゆる黄金時代に描かれた作品です。

クリムト自身と恋人エミーリエ・フレーゲがモデルとされ、

男女の愛の形を象徴的に表現した最高傑作といえるでしょう。

花の咲き乱れる大地にひざまづき抱擁する男女は、

それぞれの性を強調する対照的な装飾的モチーフの衣服に身を包まれ、

描かれています。

左上方向から優しく光が注がれ、

恍惚として抱擁する二人の愛の永遠性を照らし出し、

見る者を魅了します。

クリムトは、愛・性・生と死、といった人類の永遠のテーマを追求し

描き続けました。

当作品は、当時タブーとされた題材にも関わらず、

1908年ウィーン総合芸術展<クンストシャウ>にて好評を博し、

オーストリア政府に買い上げられました。

現在は、ベルヴェデーレ宮殿オーストリア絵画館(国立オーストリア美術館)に

収蔵されています。

●グスタフ・クリムト / GUSTAV KLIMT (1862-1918)

1862年、彫金師であった父 エルンスト・クリムトと母 アンネ・フィンスターの

第2子として誕生。

1897年ゼツェッション(ウィーン分離派)を創設。

初代会長となるなど19世紀末ウィーンで活躍した。

1918年に脳卒中とスペイン風邪を患い死去。享年56歳。

エゴン・シーレやココシュカなど後世の画家に多大な影響を与えた。

 

<グスタフ・クリムト 複製版画>

"The Kiss" 「接吻」

税込270,000円(本体価格 250,000円)


作品仕様

技    法 : リトグラフ+セリグラフ

図版サイズ : 53.0×53.0㎝

用紙サイズ : 62.8×62.8㎝

額サイズ   : 68.0×68.0㎝

用    紙 : アルデバラン

限 定 数  : 100部

版数・版種  : 37版37色

原    画 : 1907~1908年作 油彩

          ベルヴェデーレ宮殿オーストリア絵画館蔵

刷    り : (有)マークス

発    行 : (株)アートジャパン

協    力 : (株)アフロ(AFLO)


★★★POINT★★★

このたび制作いたしました「接吻」は、

オリジナル作品により忠実に仕上がるよう、

高い技術を持つ職人によるセリグラフとリトグラフという

ふたつの版画技術を併用しています。

原画の特徴である金箔を多用した部分には、

セリグラフの技術により金泥をムラなく紙に定着させ、

また、色の華やかさや細やかなディティール部分の表現は、

トーンの調子を細かく調整しながら、

リトグラフの伝統技術で制作いたしました。

人の手で37版37色もの版を重ねることにより、

“描いた”質感を再現したクオリティの高い版画になりました。

6_2

 ↑金泥の部分を刷っているところ


世界の名作をご自宅でお楽しみいただける

大丸・松坂屋世界の名作版画シリーズ。

お求めは大丸・松坂屋各店の美術画廊にお問い合わせください。

大丸松坂屋オンラインショッピングでもお求めいただけます。

大丸松坂屋オンラインショッピングは こちら

2016年6月17日 (金)

絵本刊行記念 福井江太郎 日本画展@大丸心斎橋店

Mark_shinsaibashi

大丸心斎橋店では、6/22(水)から福井江太郎先生の展覧会を開催いたします。


「絵本刊行記念 福井江太郎 日本画展」

【会期】6/22(水)→28(火)

【会場】大丸心斎橋店 北館12階 美術画廊

躍動感あふれる「ダチョウ」シリーズを中心に、

「FLOWER」「RYU」シリーズほか約20余点を展覧いたします。

日本画の新たな世界を切り拓く作家として

国内外問わず幅広い活躍をされている福井江太郎先生。

今回は、筒井康隆氏・文による絵本『駝鳥』刊行記念として、

絵本の原画も展示いたします。

3865_2

 ↑「映」38×65㎝

 

H4616_2

 ↑「想」46×16㎝

 

8p

 ↑「佳」 8号P 

 

10p

 ↑「虔」 10号P

15f

 ↑「慧」 15号F


ぜひこの機会にご高覧賜りますよう、ご案内申しあげます。


大丸心斎橋店のHPは こちら

 


 

2016年6月13日 (月)

【2016年7月】 大丸心斎橋店 アートインフォメーション

Mark_shinsaibashi

大丸心斎橋店美術画廊・現代陶芸サロンで開催される

7月の展覧会のスケジュールをご紹介いたします。

----------------------------------------------------------------------------

愛知県立芸術大学50周年関連事業

「風雅の会日本画展」

【会期】6/29(水)→7/5(火)

【会場】美術画廊

愛知県立芸術大学を卒業し現在活躍する若手日本画家による

10号の新作を一堂に出品いたします。

<出品作家> *順不同、敬称略

岡田 眞冶  吉村 佳洋  岩永てるみ  阪野 智啓

廣田 晴彦  古田 年寿  芝 康弘     牧田 宏之

大矢 亮    中神 敬子  牧野 環    武蔵原裕二

濱島 司     高木 優子   金澤 尚武   石谷 雅詩

平林 貴宏   神谷 菜穂   坂根 輝美   藤城 正晴

山口 貴士   岸本 浩希   本地 裕輔


●賛助出品 松村公嗣(愛知県立芸術大学学長)


「篠原 希 作陶展」

【会期】6/22(水)→7/5(火)

【会場】現代陶芸サロン桃青

「故郷大阪を離れ、陶郷信楽へ入って20数年。

自分が、信楽にいまも憧れ続けていられるのはなぜなのか。

穴窯の強烈な炎で焼き抜けば焼くほどに、

見たこともない色や形を見せてくれる信楽や伊賀の純白の原土。

この土の可能性をどこまで引き出すことができるのか興味は尽きません。

古の戦国時代の陶工もかくやと想いつつ制作しています。」 篠原 希

 

Photo_4

 ↑篠原 希「窯変丸壷」 径32×高さ32㎝


「ベルナール・ビュッフェ展 ~時代の目撃者~」

【会期】7/6(水)→12(木)

【会場】美術画廊


20歳にしてパリで最も権威のある新人賞・批評家賞を受賞し、

若くして画壇で名声を得たベルナール・ビュッフェ。

モノトーンに近い色・力強い直線的な線で、

人物や風景、静物、ピエロなど、様々なテーマの作品を残しています。

その独特な画風は、第二次世界大戦後の不安感や虚無感を描出し、

世界中の人々の共感を呼びました。

今もなお根強い人気があり、現代人が抱える問題や不安とビュッフェの作品が

共鳴しているかのようにも見えます。

本展では初期から晩年にかけての、

版画作品を中心に、油彩作品も展示いたします。

_ry


 ↑ベルナール・ビュッフェ「カルメン」 リトグラフ 98.0×65.5㎝ 1965年 50部限定

「大掛軸展」

【会期】7/13(水)→19(火)

【会場】美術画廊

現代作家による四季折々の掛け軸や

年中、慶事の掛け軸の数々を一堂に取り揃え展示即売いたします。

2703

 ↑水谷 雄 「富士」 画寸



「CUTE! Girls&Animals クラフトアート人形展」

【会期】7/20(水)→26(火)

【会場】美術画廊

ビスクドール、サーニットドール、あみぐるみ、テディベア…

可愛くて楽しくて、連れて帰りたくなるガールズ&アニマルズが集合します!

本展には「クラフトアート人形マッチングコンクール」出展者の中から

選抜された人形作家10名が出展いたします。

<出品作家> (順不同、敬称略)

さとうそよBaby Talk Bears、sou、ちゃお、てらおなみ、

中野クニヒコ、芙蓉、松山都美、森下ことり、葉、Lumiena

Photo_2

 ↑森下ことり「ロザリンド」



「田中貴司 漆芸展」

【会期】7/27(水)→8/2(火)

【会場】美術画廊

漆芸の地、輪島に生まれ、故 一后一兆先生に師事し、

日展を中心に活躍されている日展会友 田中貴司先生の漆芸展です。

斬新な意匠と、色漆や青貝などを用いた蒔絵技法で、

個性溢れる作品を発表されています。

今回は、中央展の作品作を始め、花器、飾箱、漆芸額など

40点余りの作品を一堂に展観いたします。

ぜひご高覧賜りますようご案内申しあげます。

Neko4

 ↑田中貴司「夢の中から」 漆芸額 25号


大丸心斎橋店のHPは こちら