大丸東京店

2016年2月 4日 (木)

開催中「2週連続 -日本画・洋画・版画- 期末絵画セール」@大丸東京店

Mark_tokyo
日本画・洋画・版画-
「期末絵画セール 開催!」
会期:2月3日(水)→16日(火)
*木・金曜日は午後9時まで、(最終日は午後5時まで)
会場:大丸東京店 10階 美術画廊

Photo_8


一度は部屋に飾りたい、人気作を多数揃えました。絵一枚で部屋の雰囲気がガラリと変わります。

Photo_9ビュッフェ、荻須高徳、絹谷幸二の洋画から、東山魁夷や平山郁夫など日本画まで
国内外巨匠の作品がお手ごろ価格で!

Photo_10
棟方志功も出品。 左:「美魅寿玖図」 倭画 26.8×23.6cm

Photo_11

Photo_12


Photo_13
人気企画 税込9万円均一コーナーも設けました。
ぜひ、この機会にご来場くださいませ。

「-日本画・洋画・版画- 期末絵画セール」
【会期】:2月3日(水)→16日(火)*最終日は午後5時閉場
【会場】:大丸東京店 10階 美術画廊


大丸東京店のホームページはこちら

2016年1月28日 (木)

「第21回 珊瑚工芸の名匠 前川泰山と珊瑚工芸作家展」開催中@大丸東京店

Mark_tokyo2016年 1月27日(水)より、
大丸東京店 美術画廊にて、珊瑚工芸の名匠 前川泰山氏の作品展を開催いたします。 

皇室への献上品をはじめ、数々の名作を手がけているサンゴ工芸の巨匠、
前川泰山氏の最新作をはじめ、他の名匠たちの最新作を多数展示いたします。
華麗な珊瑚工芸の世界をお楽しみください。
また、海の宝石と呼ばれ近年国内、海外で注目されている
宝石珊瑚のリング・ペンダントなどの宝飾品もご奉仕価格で展示即売いたします。

 
「第21回 珊瑚工芸の名匠 前川泰山と珊瑚工芸作家展」
【会期】:1月27日(水)~2月2日(火)*最終日は午後5時閉場
【会場】:大丸東京店 10階 美術画廊
 

Img05



1.因果応報 31×20×H17cm シナ海・赤・桃/珊瑚・黒檀
◆日本の民話「さるかに合戦」をテーマに作り上げた作品「因果応報」
 猿の表情が印象的な、作者の技の光る一品です。
2.リング K18WG・赤サンゴ・ダイヤ
3.ブローチ K18WG・赤サンゴ・ダイヤ
 
 
Png
「のどか」 オルゴール仕様となっています。
 
Png_2「ひな桜」  後ろの屏風は輪島塗です。
 

Photo_7今年の干支の“猿”をはじめ、郷土の英雄“坂本竜馬”やこの時期にふさわしい“雛人形”など
モチーフは多彩なれど、全て珊瑚で作られています。そして、どの作品もほっとする愛らしさが魅力です。

 

Photo_8
《 前川泰山 profife 》

前川珊瑚工房 代表
高知県珊瑚共同組合理事
日本珊瑚商工共同組合 元理事

1937年  高知県高知市に生まれる《本名:道泰(みちやす)》
1954年  珊瑚彫刻家。須賀正融氏に師事
1965年  前川珊瑚工房 設立
1977年  全日本さんご祭にて通商産業大臣賞受賞
1988年  高知新阪急ホテルにて35周年記念個展開催
1991年  卓越技能功労者「現代の名工」として労働大臣彰受賞
1995年  作品集『皇室と珊瑚』出版、同出版記念個展開催
2000年  伊、ナポリ、トーレ・デル・グレコにて個展開催
2001年  秋の褒章にて黄綬褒章を受章
2013年  台湾、台湾宝石珊瑚博物館に作品が所蔵され
        前川泰山コーナーが設けられる

皇室への献上品、お買い上げ品多数
日本における珊瑚工芸の第一人者として、後進の育成に努め珊瑚工芸の発展に寄与す。

 

「第21回 珊瑚工芸の名匠 前川泰山と珊瑚工芸作家展」
【会期】:1月27日(水)~2月2日(火)*最終日は午後5時閉場
【会場】:大丸東京店 10階 美術画廊

大丸東京店のホームページはこちら

2016年1月14日 (木)

「~バルセロナの美の天才~ ジョアン・ミロ版画展」開催中@大丸東京店

Mark_tokyo_4

2016年 1月13日(水)より
大丸東京店 美術画廊にて、ジョアン・ミロ版画展を開催いたします。



没後30年を経て、未だ根強い人気を誇る20世紀絵画の巨匠ジョアン・ミロ。
原色を基調に、抽象化されたイメージを生命観溢れる作風で表現し、独自の地位を築きました。
今回は生涯にわたって制作した版画作品より、30余点を展観いたします。

「~バルセロナの美の天才~ ジョアン・ミロ版画展」
【会期】:1月13日(水)~19日(火)*最終日は午後5時閉場
【会場】:大丸東京店 10階 美術画廊

 

3

Photo_2「ノクターン」 リトグラフ 1953年 DLMより

 


1.黄金の羽根を持つトカゲ リトグラフ 32×46cm 1971年
2.月に吠える犬 リトグラフ 34×52cm 1952年
3.オーロラの指輪 エッチング 12×15cm 1957年

 

Photo_3

Png リトグラフ、エッチングを中心に約30点を展示。ぜひこの機会にご来場くださいませ。

 

Photo

《 ジョアン・ミロ(Joan Miro) 1893~1983 》

1893   4月20日、スペインのバルセロナで宝石類の細工や時計製造職人の家庭に生まれる。
       商業高校を卒業後、見習い会計士として就職も、うつ病と腸チフスを患い、
       長期の療養生活になる。その後、美術学校(私塾の画)で学ぶ。
1918   ダルマウ画廊で初めての個展。
1919   パリ旅行。初めて前衛美術にふれる。ピカソらに会う。細密描写時代。
1922   初期の代表作『農園』を制作。写実的な絵画制作を行う最後の年となる。
1923   記号的な絵画の制作を始める。『耕地』制作。 ボクシングを通じてヘミングウェイと知り合う。
1925   「シュルレアリスム革命」誌に、作品が掲載される。シュルレアリスムの絵画展に参加。
1929   ピラール・ジュン・コーサと結婚。しかし、その後、しばらくの間、表現の危機に陥る。
1936   スペイン内戦が勃発し、フランスに亡命。
1937   グランド・ショーミエールのデッサン教室に入室。生きたモデルに直面し、
       フォルムをとりもどす契機となる。
1940   代表作である『星座』シリーズの制作を始める。独自の造形言語が成立していく。
1941   ニューヨーク近代美術館で初の大回顧展。
1947   初めてアメリカへ。シンシナティの高層ビル内レストランの大壁画を制作。
1954   ヴェネツッア・ビエンナーレの版画部門国際大賞受賞。
1957   ユネスコ本部のためにロレンス・イ・アルティガスと共同で『太陽の壁』『月の壁』を制作。
1959   NY近代美術館で回顧展。グッゲンハイム財団国際大賞受賞。
1966   日本で大回顧展。
1967   カーネギー絵画賞受賞。
1968   バルセロナの旧聖十字架病院で大回顧展。
1980   メキシコ近代美術館で回顧展。日本国内で絵画・素描展が巡回。
1981   「ミラノのミロ」展がミラノの多くの会場で開催。
1983   12月25日、アトリエのあるパルマにて逝去。  

「~バルセロナの美の天才~ ジョアン・ミロ版画展」
【会期】:1月13日(水)~19日(火)*最終日は午後5時閉場
【会場】:大丸東京店 10階 美術画廊


大丸東京店のホームページはこちら

 

 

 

2016年1月 8日 (金)

「〜 はんなり舞妓たち 〜 大杉 真司 油絵舞妓展」開催中@大丸東京店

Mark_tokyo2015年 12月28日(月)から、 2016 年1月5日(火)まで
大丸東京店 10階 美術画廊にて、大杉真司先生による油絵舞妓展を開催いたします。

舞妓を描き続けてきた油絵画家 大杉真司。
京都にしかいない舞妓さんの姿を独特の線と色遣いで描いた作品は
本年フィレンツェ市・京都市姉妹都市提携50周年の式典の折に
フィレンツェ市へ寄贈された他、パリ・ボストン・ケルンなどこれまで数多くの
京都市姉妹都市に寄贈され、親善交流に花を添えてきました。
油絵舞妓画家大杉真司の作品は、京のてぬぐい、日本酒といった
商品とのコラボレーションでも親しまれています。
日々修行に励み、成長していく舞妓さんの明るさ、
芯の強さを描く大杉真司の作品をこの機会にぜひご高覧ください。
※2015年6月、日本・イタリア文化事業に参加いたしました。
 
 
「〜 はんなり舞妓たち 〜 大杉 真司 油絵舞妓展」
【会期】:12月28日(月)→2016年1月5日(火)
     *12月31日は午後6時まで 1月1日は休み 最終日は午後5時閉場 
【会場】:大丸東京店 10階 美術画廊
【作家来場日】: 会期中 午後1時〜5時
 


「~はんなり~」
というのは京のことばで、「華やかさがあり、上品に明るく陽気なさま」
というような意味ですが、彼女達そのものを表しているような言葉だと思っています。
舞妓さんは見習い時代にたくさんの苦労を経験して、舞妓になってからも毎日、厳しい
稽古を積み重ねています。それでも上品に明るいおもてなしで、踊りを披露しています。
成長していく舞妓さんの強い内面に惹かれ、彼女達を描き続けています。

  Photo_3「お披露目」 50M 油彩    
黒留袖[正装] いつもは、想像やイメージで描くことも多いのですが、
          これは実際の着物と舞妓さんを前にして描きました。
 
Photo_4左2番目:「夕焼け時の子供達」 50M 油彩  代表的人気シリーズ“夕日と子供”からも多数出品されています。 
 

Photo_620代から洋画(油絵)を描き続けていますが、陶芸の作品もまた私の表現の一部です。
京都で活動する中で、豊仙窯の長田 大氏と出会いコラボレーションし、様々な作品を作ってきました。
その中でも犬や酒器のシリーズはよく制作してきました。

 
 
Photo

《 大杉 真司 略歴 》

1968年  滋賀県生まれ
1992年  二科展へ出品(~1998年まで)
2000年  フランス、リオンにて個展開催
2001年  ギリシャ、ミコノスにて個展開催、 大津西部、心斎橋そごうにて個展
2007年  日動画廊「昭和会展」入選、 大丸京都店にて展示会を開催
        京都市市長より篤志者として表彰される
2010年  東急東横店、京都ランデヴーギャラリーにて個展
2011年  京都駅ポルカ ギャラリー華、 京都ランデヴーギャラリーにて個展
2012年  大丸東京店、下関店、心斎橋店にて個展
        京都市市長より篤志者として表彰される
 
[ポスターの仕事]
◆京都市主催イベント「きもので乾杯~お酒とワイン~」(2009年より毎年開催)
◆「ミス・ユニバース・ジャパン京都大会 2015」 
◆「ミス・日本酒 コンテスト(京都) 2015」
◆「窯元 もみじまつり~東福寺・泉涌寺~」

[表彰]
◆京都府知事室に絵を寄贈し、表彰状をいただく
◆京都市長より「京都市姉妹都市」各都市に絵を贈られ、表彰状をいただく

[コラボレーション 他]
◆「永楽屋 細辻伊兵衛商店」とコラボし、手ぬぐい、ハンカチを制作・発売
◆「白竹堂」とコラボし、飾り扇子・扇子を制作・発売
◆相互タクシー株式会社とコラボした“幸せを舞い込む”はんなり舞妓タクシーが京都を走る。
◆南大門PEGOPAの韓国のりろコラボしたパッケージ、Roasters Tokyoとコラボした
  ドリップコーヒー・カップを制作・販売

また、大丸東京店をはじめ、全国有名百貨店で個展多数開催。
 
 
Photo_2
 
 Photo_5
“はんなり舞妓さん“達が、大丸東京店 10階 美術画廊に勢ぞろいしました。
このお正月は彼女達に合いに、ぜひご来場くださいませ。 
 
 
 
「〜 はんなり舞妓たち 〜 大杉 真司 油絵舞妓展」
【会期】:12月28日(月)→2016年1月5日(火)
     *12月31日は午後6時まで 1月1日は休み 最終日は午後5時閉場 
【会場】:大丸東京店 10階 美術画廊
 
大丸東京店のホームページはこちら

2016年1月 7日 (木)

開催中!「歳末 絵画感謝祭」@大丸東京店

Mark_tokyo_2

     2015 【日本画  洋画  版画】  
     
歳末 絵画感謝祭】
【会期】:12月16日(水)~27日(日)
午前10時~午後8時 ※木・金は午後9時まで(最終日は午後5時閉場)
   【会場】:大丸東京店 10階 美術画廊

 

Img031

1. 小茂田 青樹「薊」日本画 6号 特別価格【税込】1,188,000円
2. 志村 立美「たもと」日本画 36.0×43.8cm 特別価格【税込】1,188,000円
3. 大山 忠作「翔鶴」日本画 8号 特別価格 【税込】1,188,000円
4. 松尾 敏男「申」日本画 27.0×24.0cm 特別価格【税込】972,000円
5. 平松 礼二「モネの池・春秋彩」日本画 15号 特別価格【税込】7,560,000円
6. コタボ「花畑」油彩画 8号 特別価格【税込】972,000円
7. 半田 強「美女と野獣」ミクストメディア 6号 特別価格【税込】216,000円
8. ビュッフェ「果物籠のある静物」リトグラフ 56.0×68.0cm 特別価格【税込】540,000円
9. 平山 郁夫「桜蘭の月」リトグラフ 38.0×54.5cm  特別価格【税込】1,296,000円
10. 斎藤 清「霊峰(17)秋(A)」木版画 47.0×62.0cm 特別価格【税込】432,000円
11. 棟方 志功「若栗の柵」板画 51.5×37.5cm 特別価格【税込】2,700,000円
12. 藤田 嗣治「婦人像」水彩画 25.7×20.0cm 特別価格【税込】6,480,000円
13. 青木 敏郎「グラスの椿」油彩画 4号 特別価格【税込】1,728,000円
14. 小杉 小ニ郎「窓辺の花」油彩画 30号 特別価格【税込】2,160,000円
15. 原 宏之「朝陽」日本画 15.0×45.0cm 特別価格【税込】216,000円
16. 田辺 三重松「妙高の朝」油彩画 15.8×22.7cm 特別価格【税込】270,000円
17. 武宮 秀鵬「夜の始まり」油彩画 6号 特別価格【税込】259,200円
18. 下田 義寛「萌春」日本画 10号 特別価格【税込】1,296,000円

特集 (税込)290,000円均一
19. 林 武「富士」水彩画 27.2×24.2cm
20. 丹野 真禎「新緑」油彩画 40号
21. 高橋 幸彦「赤の静物」油彩画 10号
22. 梅原 龍三郎「カンヌ」リトグラフ 57.7×42.3cm

「2015 日本画 洋画 版画  歳末絵画感謝祭」
【会期】:12月16日(水)~27日(日)*最終日は午後5時閉場
【会場】:大丸東京店 10階 美術画廊 

大丸東京店のホームページはこちら

2015年12月10日 (木)

「パリが愛した日本人 藤田嗣治展」開催中@大丸東京店

 Mark_tokyo_3
2015年 12月9日(水)より、
大丸東京店 10階 美術画廊にて、藤田嗣治展を開催いたします。


フジタ激動の半生が描かれた日仏合作映画 『FOUJITA』が公開されました。
劇中に登場する君代夫人が、没後アトリエ遺した素描・水彩・油彩画を中心に
版画の人気作を含む秀作40余点と、さらに「ラ・フォンテーヌ頒」の
下絵習作などの未公開作品も多数出品いたします。


「パリが愛した日本人 藤田嗣治展」
【会期】:12月9日(水)~15(火)*最終日は午後5時閉場
【会場】:大丸東京店 10階 美術画廊
 

Untitled_2「香りの夢」 エッチングに手彩色  25×34cm  1951年

Photo_3「婦人像」 素描  23×17cm  1951年

 

Photo_5「二匹の猫」 1958年 サイン入  リトグラフ 

Photo_4

Photo_3

 


《 略歴 1886~1968 》

1886年       東京府牛込区(現在の新宿区)新小川町に生まれる。
1910年(24歳)  東京美術学校西洋画科本科卒業 第13回白馬会に出品、初入選
1913年(27歳)  渡仏、パリのモンパルナスに居を構える。モディリアーニ、スーチン
             ピカソ、パスキン、ザッキン、アンリ・ルソー、キスリングらと知り合う
1917年(31歳)  パリ、シェロン画廊で初めての個展を開催。
1919年       サロン・ドートンヌに初出品。6点入賞し、同時会員となる。
1921年       サロン・ドートンヌ審査員となりエコール・ド・パリの有力作家となる。
1925年(39歳)  フランスからシュヴァリエ。ドゥ・ラ・レジオン・ドヌール勲章を
             ベルギーからシュヴァリエ・ドゥ・レオポルド一世勲章を授かる
1929年(43歳)  17年ぶりに帰国。朝日新聞および日本橋三越にて個展開催
1934年       二科会会員となる、従軍画家として戦争画を描く
1937年       「自画像」(1928)がパリ国立近代美術館に収められる。
1940年(54歳)  第2次世界大戦の戦火迫るパリを脱出し、帰国。
1950年       パリに移り、ペトロス画廊で個展 『ラ・フォンテーヌ頌』を製作。
1955年(69歳)  フランス国籍を取得(その後日本国籍を抹消)。
1957年(73歳)  カトリックの洗礼を受け、レオナール・フジタと改名。
1966年       ランスのノートル=ダム・ド・ラ・ペ礼拝堂(フジタ礼拝堂)を
               設計、内部装飾や数々ノフレスコ画を制作。
1968年(81歳)  1月29日、チューリッヒ州立病院で死去。
             没後、日本政府より勲一等瑞宝章が追贈される。

 

「パリが愛した日本人 藤田嗣治展」
【会期】:12月9日(水)~15(火)*最終日は午後5時閉場
【会場】:大丸東京店 10階 美術画廊
 

大丸東京店のホームページはこちら

2015年12月 3日 (木)

「色彩の詩人 マークエステル 絵画展」開催中@大丸東京店

Mark_tokyo_2
2015年 12月2日(水)より、大丸東京店 10階 美術画廊にて、
来日45周年記念 マークエステル絵画展を開催いたします。

色彩あふれる地中海コート・ダジュールにて育ったマークエステル。
色に対する独自の感性は「色彩の詩人」と呼ばれています。
親交があったシャガールに画家をすすめられたマークエステルは外交官
として来日した後、水墨画のにじみに美しさを感じ画家へ。
油絵で表現する技法を独自にあみだし、世界で高い評価を受けています。


「-来日45周年記念- 色彩の詩人 マークエステル 絵画展」
【会期】:12月2日(水)~8日(火)*最終日は午後5時閉場
【会場】:大丸東京店 10階 美術画廊

4乱舞する色彩のなかソファーに座るは、作家本人マーク氏です。
作家来場:各日 午後1時~5時

マークエステル氏のHPはこちら

1「愛がいっぱい」 60F 油彩

 

「約150以上の神社へ奉納」
マークエステル氏は「古事記」で日本語を学ぶうち、その物語に魅力を感じ、神話の世界を
描くようになりました。1996年伊勢神宮への奉納を皮切りに出雲大社、明治神宮など
全国各地の神社へ作品を奉納し、現在約150社以上に達しています。日本文化の奥底に
ある「古事記」の日本神話の世界を世界の人々に伝えたいと願っての活動です。

3「静かに夢想される天照大御神」 15F 油彩 非売品

7

「須佐之男命の八俣の大蛇退治」  20F 油彩

 

5

6

豊かな色彩で花々や風景などの自然の美しさと、
自然を大切にする日本神話の世界を題材に描いた作品展です。
ぜひ、この機会ご高覧くださいませ。

[ Profile ]

1943年  フランスパリ生まれ
1950年  コートダジュールに移住 少年期を過ごした後パリ大学で経済学学士、
        国立東洋語学校にて、中国語、ロシア語の学士取得 美術学校でも学ぶ
1968年  フランス外交官としてラオスにて勤務
1970年  大阪万博で日本を訪れ、画家になる決意
1974年  油絵でにじみを表現する独自技法確立 ニューヨーク、パリ、東京で個展
1989年  東急文化村オープニング記念展 銀座ソニービル全館で展示会開催
1996年  伊勢神宮に作品奉納 奉納活動開始
        これを皮切りに出雲大社、明治院宮など全国各地150社以上の
        神社へ作品を奉納する。
2006年  画集「日本神話」出版
2007年  北京オリンピックテレホンカード用作品制作
2010年  上海万博にてアートディレクターをつとめる
2014年  神社奉納活動と世界に向けて日本神話、日本の精神文化を紹介する
        姿勢が評価され「文化関係者文部科学大臣表彰」を受ける

        全国の百貨店画廊、ギャラリー、美術館にて多数個展開催


「-来日45周年記念- 色彩の詩人 マークエステル 絵画展」
【会期】:12月2日(水)~8日(火)*最終日は午後5時閉場
【会場】:大丸東京店 10階 美術画廊

大丸東京店のホームページはこちら

2015年11月18日 (水)

開催中「-洋画・日本画・版画- 第31回 絵画入札オークション」@大丸東京店

Mark_tokyo

  人気作家の作品を中心に
   期間中約200点出品!
     -洋画・日本画・版画-
  第31回 絵画入札オークション 
        【会場】:大丸東京店 10階 美術画廊 
              午前10時~午後8時
           *11月21日(土)と木・金曜日は午後9時まで

           
TEL:03-6895-2607(直通)
          お電話による入札も受け付けております。

       【前期】11月18日(水)→21日(土)
       【後期】11月22日(日)→25日(水)
            (*最終日は午後4時30分閉場)

      

【前期】11月18日(水)→21日(土)
 ※開札は21日(土)午後5時から。開表後に一旦閉場させていただきます。

Photo_3
加山又造  「鶴」  木版画  33.5×52.5cm 

Photo_5東郷青児 「婦人像」 油彩画  6号
 

Photo_6東山魁夷 「霧立つ山湖」 リトグラフ 44.7×60.6cm

【前期出品予定作家】
森田 茂/藤田 嗣治/五味 悌四郎/林 喜市郎/牛島 憲之/長谷川 利行/
中川 一政  他


 

【後期】11月22日(水)→25日(土)
 ※開札は25日(水)午後4時から。開表後に一旦閉場させていただきます。 

Photo_9
青木 敏郎  「カトレア」 油彩画  6号
 

Photo_8片岡 球子 「めでたき富士」 リトグラフ・本純金箔 53×47.3cm 

【後期出品予定作家】
児玉 幸雄/森 秀雄/シャロワ/土屋 雅裕/川島 睦郎/草間 彌生/
那波多目 功一/小泉 淳作/中島 千波  他


【入札システム】
会場で作品をご覧の上、最低入札価格以上のご希望価格で入札していただき、
最高価格で入札された方がご落札者となります。同額入札の場合は抽選にて
決定させていただきます。ご落札されたお客様には、後日郵送にてご連絡させて
いただきます。


「-洋画・日本画・版画- 第31回 絵画入札オークション」
【前期】11月18日(水)~21日(土)*開札は21日(土)午後5時から。開票後に一旦閉場させていただきます。
【後期】11月22日(日)~25日(水)*開札は25日(水)午後4時から。開票後に一旦閉場させていただきます。
(最終日は午後4時30分閉場)
【会場】大丸東京店 10階 美術画廊 午前10時~午後8時*11月21日(土)と木・金は午後9時まで

TEL:03-6895-2607(直通) ※お電話による入札も受け付けております。

 

大丸東京店のホームページはこちら

 

2015年11月12日 (木)

「-心に染み入る美しい絵画世界- 日下部 和俊 洋画展」開催中@大丸東京店

Mark_tokyo
2015年 11月11日(水)より、
大丸東京店 10階美術画廊にて、「日下部和俊 洋画展」を開催いたします。

 

マロニエの並木道を彩るカフェやレストラン。その華やかな表通りから離れ、

ひっそりと息づく街並みにふと足を止める時、そこには新たな美との邂逅があった。

東京芸大在学中、平山郁夫ら当時の需錚々たる教授陣が絶賛した、

抜群のデッサン力と色彩感覚。 丹念に絵の具を重ねる独自の描法を駆使し、

ありふれた風景に潜む詩情を、現代的センスで鮮やかに描き上げた新しい絵画の誕生です。



「-心に染み入る美しい絵画世界- 日下部 和俊 洋画展」
【会期】:11月11日(水)~11月17日(火》*最終日は午後5時閉場
【会場】:大丸東京店 10階 美術画廊
※作家来場予定日 11月14日(土)・15日(日) 午後1時〜5時

 

Photo「ニコラ」 F50

Photo_2「午後の陽を浴びる サン・ジョルジョ・マジョレー島」 M10


「技法について」

チューブから搾り出した絵の具を、そのまま丹念にキャンバスの上に置いていきます。描く、とか塗る、

というよりも “置く” という表現の方が、わたしの技法を伝えるのにしっくり来るようです。

従って大変根気の要る作業で、10号(53センチ×45.5センチ)程の作品を仕上げるのに、

優に100時間は要します。予め計画した手順に沿って、部分部分を完成させつつ先へと進みます。

絵の具を盛り上げたり、削ったり、筆跡を残したり、といった画面上に製作過程の痕跡を残す

ことは極力さけます。それは、技法が作品の前面にでてしまうことを避ける、という意味合いでもあります。
                                                
                                                      日下部和俊 

 

 

Photo_3「アンティークショップの通り」 油彩 F20号

 

 

Photo_4

Photo_6

Photo_5

大作、小品あわせて 30余点。 左の作品は 30号 「早春のパリ(パリ)」
日下部和俊先生の美しい絵画の世界、どうぞこの機会にご堪能ください。

 

《 略 歴 》

1951年  新潟県生まれ
1976年  東京芸術大学美術各部絵画科日本画専攻卒(平山郁夫に師事)
1980年  日本画より洋画に転向
1981年  「エコール・ド・東京展」に招待
2001年  日本橋三越「ロバート・ハインデルと四人の作家展」
2002年  銀座松屋にて個展
2004年  新宿小田急本店  大丸心斎橋店にて個展
             以降毎年全国有名百貨店にて個展多数

 

「-心に染み入る美しい絵画世界- 日下部 和俊 洋画展」
【会期】:11月11日(水)~11月17日(火》*最終日は午後5時閉場
【会場】:大丸東京店 10階 美術画廊

大丸東京店のホームページはこちら

 

 


 

2015年11月 5日 (木)

「絵画 秋のお買得フェア」開催中@大丸東京店

Mark_tokyo

2015年 11月4日(水)より、大丸東京店 10階美術画廊にて
国内外巨匠・人気作家による絵画お買得フェアを開催しています。

「絵画 秋のお買得フェア」
【会期】:11月4日(水)~10日(火)*最終日は午後5時閉場
【会場】:大丸東京店 10階 美術画廊

A_2

I_2

 

U伊東深水 「雪の朝」  日本画  50.2×40.7cm
さりげない女性の表情が秀抜、小品ですが傑作です。

 

E田崎廣助 「波野高原より阿蘇山を望む」 油彩画  10号
やわらかな曲線と深いブルーのハーモニーが魅力的です。

 

O_2斎藤清 「会津の冬」 木版画 39.9×53.7cm

K_2斎藤清特集は希少作品「会津の冬」も含め見応えがあります。

 

S_2

F_2おなじみのビュッフェ、荻須、藤田等人気作家の版画や
お求め易い、9万円均一コーナーも設けました。

美術の秋にふさわしい佳作ぞろいです。
ぜひ、この機会お誘い合わせご来場くださいませ。

「絵画 秋のお買得フェア」
【会期】:11月4日(水)~10日(火)*最終日は午後5時閉場
【会場】:大丸東京店 10階 美術画廊

大丸東京店のホームページはこちら