大丸京都店

2018年7月24日 (火)

【2018年8月】 大丸京都店アートインフォメーション

Mark_kyoto_2

大丸京都店美術画廊・アートサロンで開催される

8月の展覧会のスケジュールをご紹介いたします。

============================================

「日本新工芸近畿会選抜展」

【会期】8/1(水)→8/7(火)

【会場】美術画廊

7月31日から京都文化博物館で開催される第40回日本新工芸展。

その展覧会から選抜された先生方のグループ展です。

鍛金、陶器、染色、織、漆と多様な素材を扱う8名の作家が出品いたします。 

(鍛金)  田中照一

(陶芸) 山﨑 豊 谷口良孝

(染色) 谷 美巴子 伊賀文代

(織)    伊東良子 勝井道子

(漆)    廣田千惠

賛助出品として河合徳夫、内藤英治、吉水絹代の作品をを出品いたします。

Photo

 ↑山﨑 豊「釉花 一輪生」幅14.0×奥行10.0×高さ13.5㎝


「林田さなえグラスアート展」

【会期】8/1(水)→8/7(火)

【会場】アートサロンエスパス京都

ステンドグラスによるオブジェや、ランプ、アクセサリーなど

煌めく作品を多数展示いたします。

光と影を操る林田さなえワールドをぜひお楽しみください。

●作家来場予定

8/1(水)、4(土)、5(日)、7(火)

Photo_2

 ↑林田さなえ「月の光芒」H90.0×W19.0×D19.0㎝


『英国流ユーモアの魅力』アノラ・スペンス絵画展

【会期】8/8(水)→8/21(火)

【会場】美術画廊

イギリスの若手女流画家を代表するアノラ・スペンス。

赤・青・黄色など温かみのある色調で

人間と動物のふれあいをユ-モアたっぷりに描いています。

最新作オリジナル作品はじめ、シルクスクリ-ン、エッチングなど

約30余点を出品いたします。

The_picnic

 ↑アノラ・スペンス「ピクニック」 油彩 32.0×76.0㎝


「大観・栖鳳・松園特集 日本画展」

【会期】8/8(水)→8/21(火)

【会場】アートサロンエスパス京都

東の大観・西の栖鳳と並び称され、

第1回文化勲章を同時受賞した横山大観と竹内栖鳳。

格調高い美人画を完成させ、

女性で初の文化勲章者となった上村松園の作品を展覧いたします。

135758

235758

 ↑横山大観「ほたる みずぐるま」軸装(双幅)35.7×58cm


「絵画・版画バザール」

【会期】8/22(水)→8/28(火)

【会場】美術画廊

日本画・洋画・版画の巨匠・人気作家作品を、

会期中限りの特別価格にて即売いたします。                 

Photo_2

 ↑平山郁夫「砂漠の夕べ」木版画 45.6×35.0㎝

「アートクリアランス」

【会期】8/22(水)→8/28(火)

【会場】アートサロンエスパス京都

半期に一度のクリアランスセール!

日本画、洋画、版画、工芸など、特別価格にて展示販売いたします。

この機会にどうぞお越しください。


「秋の茶道具展」

【会期】8/29(水)→9/1(火)

【会場】美術画廊

秋から冬にかけてのお茶会のためのお道具を一堂に展示いたします。

千家十職をはじめ家元書付の逸品まで、ぜひこの機会にお求めください。


大丸京都店のHPは こちら               


             

2018年7月19日 (木)

【2018年7月】 大丸京都店アートインフォメーション

Mark_kyoto_2

大丸京都店美術画廊・アートサロンで開催される

7月の展覧会のスケジュールをご紹介いたします。

============================================

「掛軸紅札市」

【会期】7/4(水)~7/10(火)

【会場】美術画廊

日ごろのご愛顧に感謝して、掛軸紅札市を開催置いたします。

季節物を中心に、山水、お目出度、墨蹟、仏事物など、

多数取りそろえて特別価格でご提供いたします。 

Photo

 ↑池野扶其「木槿」尺八幅横


「-いとしきものたちへ-林真 日本画展」

【会期】7/4(水)→7/10(火)

【会場】アートサロンエスパス京都

花や生き物、いとしきものたちを真摯に描き続ける林真。

3年ぶりとなる京都での個展を、ぜひご堪能ください。

●林真(はやし しん)略歴

1972年 岐阜県生まれ

1999年 名古屋芸術大学大学院修了

2005年 臥龍桜日本画大賞展 大賞 

2013年 日展 特選

2018年 新日春展 新日春賞

現在 日展会友

 ●作家在廊予定:4(水)・7(土)・8(日)

 

「~無限抱擁~ 古希記念 現代書家 岡本光平展」

【会期】7/11(水)→7/17(火)

【会場】美術画廊

青年時代を京都で過ごし、書の伝統古典を修行し海外でも活躍する書家の個展。

古希を迎えられ、新しい書の生命を吹き込んだ現代的な作品を出品いたします。

●ギャラリ-ト-ク「禅の書、破格の系譜」

7/11(水)、14(土) 各日午後2時~3時

●書のリクエスト・ライブ

7/11(水)~16(月・祝)各日午後1時~6時

2018

 ↑岡本光平「宙」 37×52.5㎝

「屏風・和額セール」

【会期】7/11(水)→7/17(火)

【会場】アートサロンエスパス京都

夏の恒例催事です。京・近江の風物や花を描いた、お部屋になじみやすい作品を取り揃えております。

また修理のご相談も受け付けております。

153143cm

 ↑遠藤晃「孔雀」153×143

 

「京の中古道具市」

【会期】7/18(水)→7/24(火)

【会場】美術画廊

花器や香炉・皿・置物など、工芸品や茶道具の中古道具を幅広く展示即売いたします。

年に2回の恒例催事です。

5

 ↑金谷五良三郎「黄唐銅杵形唐草刻花入」径14.0×高さ26.0㎝


「九谷 糠川孝之 作陶展」

【会期】7/18(水)→7/24(火)

【会場】アートサロンエスパス京都

伝統的な九谷焼から、南国調のオリジナル作品まで、

深彩窯三代目 糠川孝之による豊かな九谷ワールドを展開いたします。

 

●糠川孝之(はせがわ たかゆき)略歴

1973年 石川県能美郡にて出生

飛騨国際工芸学園、石川県立九谷焼技術研修所にて学ぶ

円谷プロ公認「九谷焼ウルトラマン」絵付制作

北陸新幹線金沢駅待合室 壁面陶板制作

イタリア玩具「九谷焼RODY」絵付制作

東宝公認「九谷焼ゴジラ」絵付け制作

小学館公認「九谷焼ドラえもん」絵付け制作などユニークな活動を展開

美術展の受賞・入選多数

伝統工芸士、深彩窯3代目

●作家在廊予定:18(水)・21(土)・22(日)

 

Photo_2

 ↑糠川孝之「招き猫 牡丹吉祥紋」 高さ19

「堀井 聰 洋画展」

【会期】7/25(水)→7/31(火)

【会場】美術画廊

1964年神戸市生まれ。京都市立芸術大学大学院修了。

日本の伝統意匠にとけこんだ独自の空間に浮遊する金魚を主題に

幅広く活躍される作家の個展を開催いたします。

白日会会員、京都在住。

3326t2s

 ↑堀井 聰「更紗土佐金図」20号


「山本俊夫 日本画展 -ハナカゲ-」

【会期】7/25(水)→7/31(火)

【会場】アートサロンエスパス京都

四季折々の花と光を、詩情あふれる筆致でとらえた作品の数々をご堪能ください。

 

●山本俊夫(やまもと としお)略歴

1959 年 大阪出身

1986 年 京都市立芸術大学大学院 修了

1990 年 青垣2001 年日本画賞展 優秀賞

1995 年 「尖」展以後毎年出品)

2002 年 菅盾彦大賞展 佳作賞、百花堂賞

2004 年 京展 京都市美術館賞

国際交流展 京都府知事賞

2005 年 文化庁平成16 年度買上優秀作品展

個展多数

 

●作家在廊予定:25()28()29()31()

Photo_3

 ↑ 山本俊夫 「花風」 78×48cm


大丸京都店のHPは こちら




      

2018年5月29日 (火)

【2018年6月】 大丸京都店アートインフォメーション

Mark_kyoto_2

大丸京都店美術画廊・アートサロンで開催される

6月の展覧会のスケジュールをご紹介いたします。

============================================

「自然美への賛歌・日本百名山 小暮真望版画展」

【会期】5/30(水)~6/5(火)

【会場】美術画廊

山々や木々、水と光が織り成す「自然美」を題材に

制作活動を続ける小暮真望氏。

尾瀬、上高地など各地に加え、日本百名山の貴重な自然を描いた

独自のシルクスクリーン作品を出品いたします。

<作家来場予定>

6月2日(土)

414___d800

 ↑小暮真望「爽風安曇野 常念岳」シルクスクリーン  画寸 43.0×60.0cm 

「下田顕生ガラス展」

【会期】5/30(水)~6/5(火)

【会場】アートサロンエスパス京都

半透明の鰭で優美に泳ぐ金魚、

ユーモラスな表情のカエルやテーブルウェアなど、

吹きガラスによる涼しげな作品をお楽しみください。

 ●下田顕生(Kensei Shimoda)

1985 熊本県生まれ

2007 倉敷芸術科学大学芸術学部工芸学科ガラスコース 卒業

2011 国の現代の名工・黒木国昭氏に師事

     グラスアート黒木 勤務

2015 富山ガラス工房 所属

2016 アートフェア富山 朝日印刷賞 受賞

 

<作家来場予定>

6/1(金)・2(土)・3(日)

Photo_8

 ↑下田顕生「出目金」 H12×W16×5cm

 

「萬福堂 吉村楽入茶陶展」

【会期】6/6(水)~6/12(火)

【会場】美術画廊

昭和34年京都生まれ。

平成元年「楽入窯」創始。

平成12年には「重生」印を泉湧寺熊谷龍和尚より拝領し、

平成13年伝統工芸士認定されました。

平成16年に吉村楽入を襲名し、ますます意欲的に制作される氏の

地元京都での展覧会を開催させていただきます。

Photo_9

 ↑吉村楽入 「茶碗 赤楽馬盥(あからくばだらい)」

「水辺の物語― 北川安希子日本画展」

【会期】6/6(水)~6/12(火)

【会場】アートサロンエスパス京都

北川安希子先生は成安造形大学で日本画を学び、

日本画新展大賞、滋賀県次世代文化賞など受賞多数。

現在関西で注目すべき作家の一人です。

悠大にそびえる樹、水辺の生き物、波紋の揺らぎなど、

自然に向き合い力強く描かれた作品をご覧ください。

F100

 ↑北川安希子「光ー礼賛」日本画 F100号

 

「増島豊治絵画展」

【会期】6/13(水)~6/19(火)

【会場】美術画廊

南イタリアにある世界遺産の地アルベロベッロの陽光豊かなアトリエで、

自然、出逢いなどを躍動感のある色彩と張りつめた均衡感覚で描く

印象主義的なイメ-ジの作品を描かれる増島氏。

アルベロベッロの人々に「マエストロ」と尊敬され慕われる作品は、

溢れるような無限のスピリットを感じ、

観る人の創造力を膨らませ、

力強く新鮮なパッションを感じさせてくれます。

I

 ↑増島豊治「アルベロベッロ Ⅰ」オイルオンペーパー 37×57㎝


 
 

 

「いのちの森 有田匡展」

【会期】6/13(水)~6/19(火)

【会場】アートサロンエスパス京都

有田先生の描く作品は鉛筆だけで描いたモノトーンの画面なのに、

じっと見つめていると動物の息づかいや湿度さえ感じるようです。

緻密に書き込まれた作品の数々を展覧いたします。

32570cm

 ↑有田匡「ブラックバック」5×70cm

「ギィ・デサップ 来日絵画展」

【会期】6/20(水)~6/26(火)

【会場】美術画廊

1938年フランス生まれの作家、ギィ・デサップ氏がこのたび来日し、

大丸京都店の展覧会会場にも来場いたします。

ヨーロッパ各地の風景を独自の技法で描いた新作をご紹介。

印象派から受け継いだ点描に、自ら創案した独自の技法も取り入れ、

「現代の印象派」と評される人気作家です。 

<作家来場予定>

6月20日(水)午後1時~5時

 

「中司満夫油彩画展 ~フランスの美しい村を旅して~」

【会期】6/20(水)~6/26(火)

【会場】アートサロンエスパス京都

緻密な筆遣いと豊かな色彩感覚で描きだす、

フランスの穏やかな情景をお楽しみください。

10m

 ↑中司満夫「峡谷の村・エゲーズ」油彩 10号M


大丸京都店のHPは こちら

2018年4月23日 (月)

【2018年5月】 大丸京都店アートインフォメーション

Mark_kyoto_2

大丸京都店美術画廊・アートサロンで開催される

5月の展覧会のスケジュールをご紹介いたします。

============================================

「~ディズニ-の夢と魔法の世界をあなたに~

 ファンタジ-ア-ト&コレクションフェア」

【会期】5/2(水)~5/8(火)

【会場】美術画廊

世界中のファンを魅了するディズニーアート。

人気キャラクターの原画、版画、セル画、陶磁器など

豊富なアイテムを展開いたします。

●イベントのお知らせ

5日(土)・6日(日)各日13時〜15時/16時〜18時

ディズニ-公認アーティスト Annick Biaudet氏が来場・実演

C_disney

C_disney_3


  
↑Annick Biaudet 「Our Secret Place」額寸 51.0×41.5㎝


「河本真里 日本画展」

【会期】5/2(水)→5/8(火)

【会場】アートサロンエスパス京都

2016年、再興第101回院展にて奨励賞・

天心記念茨城賞(史上最年少)をダブル受賞した俊英による

京都初個展を開催いたします。

花や鳥、生き物を得意とする河本真里。

繊細な描写と色彩を丁寧に重ね、自然への慈愛あふれる作品をご高覧ください。

●作家在廊予定:2(水)・5(土・祝)・6(日)

10p

 ↑河本真里「春のかたち」日本画 10号

  *巡回展につき不出品の際はご容赦ください。

 

「第3回 石上誠 絵画展 ~永遠なる瞬間の煌き~」

【会期】5/9(水)~5/15(火)

【会場】美術画廊

石上誠のライフワークである過去と現在が折り重なるヴェネチアのカーニバルと風景、

時の流れを表現した薔薇に加え、

“生命の永遠性”を題した作品「Eternal」の油彩画・水彩画は、

幻想と現実の間へと鑑賞者を誘います。

●作家来場予定 会期中毎日

Eternal30100oilny

 ↑石上 誠「Eternal」 油彩 35.0x100.0cm 


「染色作家 藤井裕也 20周年展〜Break Through〜」

【会期】5/9(水)→5/15(火)

【会場】アートサロンエスパス京都

京の染色作家 藤井裕也氏の作家活動20周年を記念した個展を開催いたします。

絞り染め、ぼかし、無線友禅を組み合わせた古典から、

現代的で斬新なモチーフまで幅広く表現された染色の世界をお楽しみください。

Photo_2

 ↑藤井裕也「訪問着 スウィートハート」


「洋画特集 白日会精鋭展」

【会期】5/16(水)→5/22(火)

【会場】美術画廊

 

写実を探求し90年以上の歴史をもつ美術団体「白日会」より

期待の洋画家14名を特集いたします。

花や風景、人物など伝統あるモチーフと個性が織りなす

豊かな写実ワールドをお楽しみください。

 <出品作家>(あいうえお順、敬称略)

井上慎介・北川直枝・児玉健二・佐々木麦・佐藤孝洋・須藤克明

長坂誠・中道佐江・堀井聰・牧内則雄・三木はるな・村田大輔

山内大介・山本桂右

Photo


「奥村美佳日本画展 -桃源へ-」

【会期】5/23(水)~5/29(火)

【会場】美術画廊

1974年京都生まれ。創画会准会員。

‐桃源へ-をテ-マに平和や手の届かないものへの憧れを託した

風景や花の新作を出品いたします。

10

 ↑奥村美佳「桃源へ」日本画 10号


「佐藤龍生 日本画展 ー鼓動ー」

【会期】5/23(水)→5/29(火)

【会場】アートサロンエスパス京都

===========================================

動物たちの眼は、独特の光を宿しているように感じます。

その光は純粋さや気高さ、荒々しさなど様々な印象を抱かせます。

力強くしかし儚げであり、いつか消えゆく光ですが、

その一瞬の煌めきを画面にとどめたいと願い、制作しています。

===========================================

 

動物を得意とする佐藤龍生。

中でもトラや豹、ジャガーなど猫科の動物に定評があります。

1年半ぶりとなる今展では、さらに深味の増した作品をお楽しみください。

●作家在廊予定

24(木)・25(金)・26(土)・27(日)

S402016

 ↑佐藤龍生「鼓動(雪豹)」S40号(2016年春の院展入選作)


「自然美への賛歌・日本百名山 小暮真望版画展」

【会期】5/30(水)→6/5(火)

【会場】美術画廊

山々や木々、水と光が織り成す「自然美」を題材に制作活動をされる小暮先生。

尾瀬、上高地など各地に加え日本百名山など、

貴重な自然を描いた独自のシルクスクリーン技法による作品を出品いたします。

●作家来場予定 6月2日(土)

414_

 ↑小暮真望「爽風安曇野 常念岳」シルクスクリーン 43.0×60.0㎝


大丸京都店のHPは こちら


  

        


    

2018年3月23日 (金)

【2018年4月】 大丸京都店アートインフォメーション

Mark_kyoto_2

大丸京都店美術画廊・アートサロンで開催される

4月の展覧会のスケジュールをご紹介いたします。

============================================

「小池壮太 油彩画展」

【会期】4/4(水)→4/10(火)

【会場】美術画廊

立命館大学を卒業後、関西美術院で徹底したデッサンを学び、

真砂美塾では本格的に油彩画を学んだ小池壮太氏。

古典的な画風で格調高く温かみのある風景や静物画を描きます。

写実画壇で注目を集める若手作家の大丸京都店初個展。

ぜひご高覧ください。

P

 ↑小池壮太「貴婦人」綿・軸装 6号

 

「MY FLOWER GARDEN 花々と動物たち 吉田 緑 油絵展」

【会期】4/4(水)→4/10(火)

【会場】アートサロンエスパス京都

四季折々に咲く花や戯れる動物たちなど、

誰しもが感じる癒しや心地よさを描いた、

愛情あふれる作品の数々を展示いたします。

<作家来場予定> 会期中全日

10

 ↑吉田緑「ピースという名のバラ」油彩 10号

 

「ピカソ・ミロ・ダリ スペイン三大巨匠版画展」

【会期】4/11(水)→4/17(火)

【会場】美術画廊

スペインの3大巨匠、ピカソ・ミロ・ダリの版画を特集いたします。

ピカソは「キュビズム」を、ミロは「抽象」を

ダリは「シュ-ルレアリズム」を確立し、

現在も美術界に多大な影響を与え続けています。

Photo

 ↑ダリ「サン・ピエトロ広場」ヘリオグラビュール 350部 画寸39.5x52.5㎝

 

「岩永てるみ日本画展『光と風のポエム』」

【会期】4/11(水)→4/17(火)

【会場】アートサロンエスパス京都

繊細で明瞭な筆致で描いた作品の数々を展覧いたします。

洒脱な視線で切り取られた、ヨーロッパの街並み。

光と風を感じてください。

F10_2

↑岩永てるみ「カナル・グランデの朝」日本画 10号

「ミッシェル・ドラクロワ展」

【会期】4/18(水)→4/24(火)

【会場】美術画廊

フランス現代画家として最高位、ナイトの称号を持つフランス絵画界の巨匠

ミッシェル・ドラクロワの作品を版画・油彩画共に多数出品いたします。

緻密に描かれたフランスの街並みに心温まる人間模様が添えられた作品の数々。

ぜひこの機会のご高覧ください。

Parismycity

 ↑ミッシエル・ドラクロワ「Paris my city」

  シルクスクリーン 40×30㎝ 限定150部

 

「マエストロ貴古作陶展 ~新世界への招待状~」

【会期】4/18(水)→4/24(火)

【会場】アートサロンエスパス京都

京焼・清水焼・今橋貴古と美術家・今橋裕子によるユニット マエストロ貴古。

洗練された技術と自由な発想で制作された作品を多数展覧いたします。

オリジナルキャラクターのふしぎちゃんが、きらめく新世界へご案内します。

Photo_4

 ↑マエストロ貴古「菊づくし花冠」直径22cm

「谷上裕二 油彩画展」

【会期】4/25(水)→5/1(水)

【会場】美術画廊

1966年大阪府豊中市生まれ。

カメラマンであり画家でもある谷上氏が、懸命に生きる野鳥をリアルに描く

“ワイルドライフ・ア-ト”

(自然に生息する動植物をモチ-フに描かれたア-ト)の世界。

厳しい自然の中で健気に生きる野鳥たちの生態を観察し、

リアルに油彩画で表現しています。

小鳥たちを温かいまなざしで見つめた

谷上氏ならではの作品の数々をどうぞご覧ください。

Photo_2

 ↑谷上裕二「春に歌う(エナガ)」油彩 8F

「日本画の美」

【会期】4/25(水)→5/1(火)

【会場】アートサロンエスパス京都

有名作家から、新鋭作家まで、様々な日本画作品を展覧いたします。

この機会に是非お越しくださいませ。

大丸京都店のHPは こちら

2018年3月 5日 (月)

中西玉蘊 日本画展 ~COLORS~@大丸京都店

Mark_kyoto_2

「中西玉蘊 日本画展 ~COLORS~」

【会期】3/14(水)→3/20(火)

【会場】アートサロンエスパス京都

薔薇やインコに蝶、カメレオンと、

色鮮やかに描かれた新作の数々をお楽しみください。

<作家来場予定>

3/14(水)・17(土)・18(日)・20(火)

●中西玉蘊(なかにしたまお)略歴

1973年京都市生まれ

1992年京都市立銅駝美術工芸高校卒業

1996年立命館大学卒業

1997年青塔社入塾、池田道夫氏に師事

2015年京都造形芸術大学卒業

現在 日展会友

 

6

 ↑「青い誘惑」6号

10

 ↑「赤い月」10号

大丸京都店のHPは こちら

2018年2月28日 (水)

【2018年3月】 大丸京都店アートインフォメーション

Mark_kyoto_2

大丸京都店美術画廊・アートサロンで開催される

3月の展覧会のスケジュールをご紹介いたします。

============================================

「櫻井 聡 油彩画展」

【会期】2/28(水)→3/6(火)

【会場】美術画廊

近畿地方の渓谷の美しさに魅せられて、日本の渓流を描き20余年。

心癒される清々しい風景をお楽しみください。

●櫻井 聡略歴

1973年 大阪生まれ

1996年 京都市立芸術大学卒業

<作家来場予定>

2/28(水)~3/4(日) 午前11時~午後4時頃

P20

 ↑櫻井 聡「露」20号P

 「釘町彰展-Bifröst-ビフロスト」

【会期】2/28(水)→3/13(火)

【会場】アートサロンエスパス京都

Bifröst(ビフロスト)とは夜の虹、地上と天界をつなぐ虹の橋のことです。

異世界の融合の意味合いが二重の反転した虹に込められています。

北欧では、見た者には幸運が訪れるといわれる自然現象です。

釘町彰氏はフランスを拠点に、独自の日本画を探求し、活躍しておられます。

5年ぶりとなる今展では新作の日本画を中心に展開いたします。

8s_2

 ↑釘町 彰「Bifröst (green)」8号S

「春の茶道具展」

【会期】3/7(水)→3/13(火)

【会場】美術画廊

春から夏にかけての茶会の為のお道具を一堂に展示いたします。

千家十職をはじめ家元書付の逸品茶道具も出品いたします。

2

 ↑永楽妙全「呉州菱馬水指」惺斎箱書 永楽即全極書

「~ちょっぴりユーモラスな風景と動物たち~高岡 香苗 絵画展」

【会期】3/14(水)→3/20(火)

【会場】美術画廊

1996年 東京藝術大学大学院修士課程大藪雅孝研究室を修了し、

現在人気となっている 高岡香苗。

明るい色彩でしっかりと塗り上げたマチエール。

ちょっぴりユーモラスな独特の世界を描く新作30余点を一堂に展示即売いたします。

F6324000

 ↑高岡香苗「うっとりシロちゃん」アクリル絵具・F6


「中西玉蘊 日本画展 ~COLORS~」

【会期】3/14(水)→3/20(火)

【会場】アートサロンエスパス京都

薔薇やインコに蝶、カメレオンと、

色鮮やかに描かれた新作の数々をお楽しみください。

<作家在廊予定>

3/14(水)・17(土)・18(日)・20(火)

10

 ↑中西玉蘊「赤い月」10号

 

「大森隆史・鈴木強・松谷千夏子日本画3人展」

【会期】3/21(水・祝)→3/27(火)

【会場】美術画廊

今後の活躍が期待される俊英作家3名のグル-プ展を開催いたします。

●大森隆史

1967年東京生まれ、東京芸術大学日本画専攻卒業

幻想的な世界を緻密に表現しています。 

Photo

 ↑大森隆史「道」3S

●鈴木 強

1956年静岡生まれ、多摩美術大学大学院美術研究科修了

琳派意識した生物「笑う」シリ-ズ中心に出品いたします。

Photo_2

 ↑鈴木 強「笑うゾウ」4号

●松谷千夏子

1959年神奈川生まれ、多摩美術大学大学院美術研究科日本画専攻修了。

女性や花モチ-フの作品を出品いたします。

Photo_3

 ↑松谷千夏子「Drawing-Lace black」 36.3×29.3㎝

「新鋭作家4人展 Constellation」

【会期】3/21(水・祝)→3/27(火)

【会場】アートサロンエスパス京都

"Constellation(コンステレーション)”

星座、〔すばらしいもの・美しいものなどの〕集まり。

今回は若き女流作家たちを特集いたします。

現代的センスで描かれ、今に輝きを放つ作品の数々はまさに美のコンステレーション。

皆様のご来場をお待ちしております。

<出品作家>

社本奈美 谷口 なな江 中山千明 早川実希

F10

 ↑谷口なな江「ここから」4号
 

「烏山武弘・井上美紀 日本画二人展」

【会期】3/28(水)→4/3(火)

【会場】美術画廊

柔らかな色彩と丁寧な描写から、

生き物への慈しみ溢れる作品が人気の鳥山氏。

女性らしい華やかな色彩と繊細な描写、情熱的な作品が人気の井上氏。

伝統ある花鳥画を真摯に描き続ける両氏による新作40点を展開いたします。

S4

 ↑烏山武弘「爽晨」S4号

 

8p

 ↑井上美紀「芥子」8号


大丸京都店のHPは こちら


            

2018年1月23日 (火)

「7Colors  ―七彩―」@大丸京都店

Mark_kyoto_2

「7Colors  ―七彩―」

【会期】1/31(水)→2/6(火)

【会場】アートサロンエスパス京都

新しい日本画を創造する注目の作家・岩波昭彦氏を中心とした、

若手作家によるグループ展を開催いたします。

ジャンルの枠を超え、色とりどりの個性あふれる作品が集う

「7Colors-七彩-」展。

皆さまのご来場をお待ちしております。

<出品作家>(順不同、敬称略)

岩波昭彦、青木惠、岩井尚子、佐藤龍生

冨安広郷、マチダナヲ、光元昭弘



岩波昭彦 / Akihiko Iwanami

1966年長野県生まれ。1989年多摩美術大学日本画専攻 卒業。

松尾敏男氏に師事。日本美術院特待、美術記者会会員。

____6f

↑岩波昭彦「クライスラービル」6号F



●青木惠 / Megumi Aoki

1983年東京都生まれ。2008年多摩美術大学大学院博士前期課程 修了。

2016年桜花賞展 奨励賞受賞・作品買上(郷さくら美術館)。

Photo

 ↑青木惠 「親愛なる」4号



●岩井尚子 / Hisako Iwai

1982年東京都生まれ。2008年多摩美術大学大学院 修了。

2013年ベネトン財団パブリックコレクション展(イタリア)。

F20

 ↑岩井尚子「雨上がりの庭」20号F



●佐藤龍生 / Ryusei Sato

1983年千葉県生まれ。2006年多摩美術大学日本画専攻卒業。

日本美術院院友、千葉県美術会理事。

F20_2

 ↑佐藤龍生「夜想(ジャガー)」20号F



●冨安広郷 / Hirosato Tomiyasu

1976年生まれ。帝京大学文学部考古学科卒業。

グラフィックデザイナー、WEBディレクターとして活躍中。

Ponga40cm

 ↑冨安広郷「Ponga」横40㎝



●マチダナヲ / Nao Machida

1983年東京都生まれ。2008年多摩美術大学大学院 修了。

2014年個展 (アートスペース羅針盤/京橋)。

F10

 ↑マチダナヲ「追憶になる」10号F



●光元昭弘 / Akihiro Mitsumoto

1983年香川県生まれ。2008年北九州市立大学大学院 修了。

個展、グループ展多数。白日会準会員 。

4s

 ↑光元昭弘「薔薇園...ブルーの余白 」4号S



大丸京都店のHPは こちら

2018年1月22日 (月)

【2018年2月】 大丸京都店アートインフォメーション

Mark_kyoto_2

大丸京都店美術画廊・アートサロンで開催される

2月の展覧会のスケジュールをご紹介いたします。

============================================

「ユトリロからビュッフェ、カシニョ-ルまで フランス近代現代絵画展」

【会期】1/31(水)→2/6(火)

【会場】美術画廊

20世紀初頭、古き良きパリに集い活躍した

藤田嗣治、ユトリロ、ロ-ランサンなどのエコ-ル・ド・パリの巨匠作家から

ビュッフェ、カシニョ-ル、ブラジリエ、シャロワなど

現代のフランス画壇を代表する有名作家や人気作家まで

油彩、水彩、版画を集めて展観いたします。

Photo

 ↑カシニョール「ブラスリー」リトグラフ  58×48㎝ 

 

「7Colors  ―七彩―」

【会期】1/31(水)→2/6(火)

【会場】アートサロンエスパス京都

新しい日本画を創造する注目の作家・岩波昭彦氏を中心とした、

若手作家によるグループ展をご案内いたします。

ジャンルの枠を超え、個性あふれる作品が集う「7Colors-七彩-」展。

皆様のご来場を心よりお待ちしております

<出品作家>(順不同、敬称略)

岩波昭彦、青木惠、岩井尚子、佐藤龍生

冨安広郷、マチダナヲ、光元昭弘

____6f

 ↑岩波昭彦「クライスラービル」日本画 F6号


「絵画・版画バザール」

【会期】2/7(水)→2/13(火)

【会場】美術画廊

巨匠作家から若手人気作家まで、

日本画・洋画・版画作品の魅力作をお値打ち価格にてご紹介。

4s

 ↑石踊達哉「千羽鶴」日本画 4号

「想(おま)守(もり) 松崎勝美石彫展」

【会期】2/7(水)→2/13(火)

【会場】アートサロンエスパス京都

松崎先生は兵庫県で採掘される「竜山石」を使って制作されます。

竜山石は約一億年前の白亜紀の火山活動によって噴出した火山灰が

凝固してできたものだそう。

古代では大和朝廷時代に石棺や宝殿に使われていました。

松崎先生の手によって、悠久の時を経ている石からなんとも愛らしい童が現れました。

石の童は人の想いを守るおまもり。

ぜひ会いにきてください。

Photo_2

 ↑松崎勝美「ほっこり」高さ15cm

「清閑寺窯 四代 杉田祥平 茶陶展」

【会期】2/14(水)→2/20(火)

【会場】美術画廊

京焼300年の歴史を受け継ぐ清閑寺窯四代杉田祥平先生は

古清水の色絵を現代にと精進を続けておられます。

繊細優美な色絵と伝統の力強さを感じさせる作品の数々をご高覧下さい

 

Photo

 ↑四代杉田祥平「水指色絵桜花」径16.0×高さ16.5㎝

 

「染付の器と陶人形 大野淳一・寿恵二人展」

【会期】2/14(水)→2/20(火)

【会場】アートサロンエスパス京都

淳一先生の作品は日常使いの皿・鉢・陶箱や小物などの器。

美濃の山野に自生する草花をスケッチして文様を創作し、絵付けをされいます。

一方、寿恵先生の作品は染付の小さな陶人形。

小さな小さな雛飾りでお祝いしてはいかがでしょうか?

Photo_3

 ↑大野淳一「陶箱染付草花文」 6×11.8×高さ10.5cm

Photo_4

 ↑大野寿恵「内裏びなセット」高さ・男雛7㎝女雛6㎝ 陶額11㎝

「-日仏友好160周年- マークエステル絵画展」

【会期】2/21(水)→2/27(火)

【会場】美術画廊

色彩溢れる地中海コート・ダ・ジュールにて育ち

色への独自の感性で「色彩の詩人」と呼ばれるマークエステル氏。 

長く日本での発表を重ね、日本を愛するマーク氏の

日仏友好160年を記念した展覧会です。

豊かな色彩で花々や風景など

自然の美しさと日本神話の世界を描いた作品をご高覧ください。

1217110fj

 ↑マークエステル「ロマンティックなひととき」油彩 10号F

 

「屏風・和額セール」

【会期】2/21(水)→2/27(火)

【会場】アートサロンエスパス京都

日頃のご愛顧に感謝の気持ちを込めて、

屏風、和額作品を特別価格でご奉仕いたします。

季節の花や、古典の絵柄等、空間に調和する和のアート。

日本の和洋折衷のインテリアにマッチします。

Photo_6

 ↑柴田春慶「立雛」立額

大丸京都店のHPは こちら

 

2018年1月 4日 (木)

花に酔う 黒川雅子 日本画展@大丸京都店

Mark_kyoto_2

「花に酔う 黒川雅子 日本画展」

【会期】1/17(水)→1/23(火)

【会場】美術画廊・アートサロンエスパス京都

初春、大丸京都店から華やかな展覧会のご案内です。

50ss

 ↑「新年を寿ぐ」日本画 50号S

1949年大阪府出身、京都市立芸術大学卒業。

芸舞妓や太夫を描き続ける日本画家、黒川雅子氏の個展を開催いたします。

季節を装った女性たちの舞姿や、

何気ない仕草を真摯に捉えた作品には上品な色香が漂います。

また今展では、本の装丁にも使われた作品やデッサンなど、

氏の幅広いキャリアも展開いたします。

●作家在廊予定 会期中全日13時~17時

 

10s

 ↑「春風」日本画 10号

 

10s_2

 ↑「輪違屋 桜木太夫」日本画 10号

3ss_3

3ss_2