大丸札幌店

2015年8月17日 (月)

大丸・松坂屋 世界の名作版画シリーズ 「ロンドン国会議事堂、霧を貫く陽光」

大丸・松坂屋各店では、オルセー美術館所蔵のクロード・モネの名作、

「ロンドン国会議事堂、霧を貫く陽光」を元に制作した版画を発売いたします。

Photo_2



作品仕様

技 法    リトグラフ

図版サイズ 46×52㎝

用紙サイズ 56×60㎝

用 紙    BFKリーヴ紙

限定数    100部

サイン    原画から写した版上サイン

版数・版種  18版18色

原 画    Claude Monet

        "Londres, le Parlement. Trouée de soleil dans le brouillard"

        オルセー美術館蔵(フランス、パリ)

刷 り    イデム パリ

製 版    ヤニック・サバティエ


価格    税込248,400円 (本体価格 230,000円)


   大丸松坂屋オンラインショッピングはこちらを クリック



クロード・モネ(1840‐1926年)と

 「ロンドン国会議事堂、霧を貫く陽光」 について

モネは日本で最も著名で、人気があるフランス人作家のひとりです。

印象派を代表する画家であり、「光の画家」の別称があります。

時間や季節の移り変わりとともに変化する光と色彩の変化を生涯にわたって追究しました。

日本の美術・芸術に傾倒し、

作品には日本美術からインスピレーションを得たと思われるものも多くあります。



モネは1899年から1901年にかけてロンドンを訪ねては2~3ヶ月の滞在を繰り返し、

ロンドンとテムズ川の風景を何点も制作しました。本作はその作品群の中の一点で、

有名なロンドンの霧に包まれる冬の『国会議事堂』と『陽光』を描いた作品です。

冬のロンドンの霧が織りなす独特の街の雰囲気やその風景に魅了されたモネは、

「好みは冬だけだ。霧がなければロンドンに魅力はないだろう。

霧はロンドンに驚嘆に値する広がりと、

規律正しく建てられた建物に神秘的なヴェールと静けさを与えている」との言葉を残しています。

  

Img_0302_2

 ↑こちらがオルセー美術館にある原画「ロンドン国会議事堂、霧を貫く陽光」


オルセー美術館では写真撮影が可能でしたので、実物の作品の写真を撮ってきました。

名品が並ぶ印象派の展示室の中でひときわ存在感を放っていたこの作品は、

ロンドンの厚い霧によって生まれる光の色や奥行きが表現され、

『モネでなければ描けないまさに名品』だと思いました。


イデム パリ (旧ムルロー工房)について

この版画を制作したイデム パリは旧名をムルロー工房といいます。

1914年パリのモンパルナスに設立された版画工房で、

ピカソやマチス、シャガールなどのリトグラフを手掛け、その卓越した技術力によって、

美術界に多数の傑作を生み出しました。

現在も世界中のアーティストたちと仕事を共にし、質の高いリトグラフを世に送り出しています。

Bydsc00425

 ↑イデム工房で出来上がりをチェックする弊社バイヤー

 

Img_3897

 ↑1枚1枚に限定部数とイデムのエンボスが入っています。

Img_3900

 ↑シートの裏には作品名やエディション、工房名などが入っています。

Photo_3

 ↑ シンプルな白木の額縁もご用意しました。シンプルモダンな北欧調のインテリアに似合います。(価格は同じ、税込248,400円)

ご注文は下記の大丸・松坂屋各店 美術画廊にお願いいたします。

大丸松坂屋オンラインショッピングでもご購入いただけます。

→大丸松坂屋オンラインショッピング 「モネ版画」(金縁)

→大丸松坂屋オンラインショッピング 「モネ版画」(白木縁)

<取扱店舗>

大丸:心斎橋店、京都店、神戸店、札幌店、福岡天神店、高知大丸、下関大丸、鳥取大丸

松坂屋:名古屋店、上野店、静岡店


2015年4月29日 (水)

網走出身の人気作家 「鎌田義裕 日本画展」を開催中@大丸札幌店

Mark_sapporo

ただいま大丸札幌店にて、「鎌田義裕 日本画展」を開催中です。

 

「鎌田義裕 日本画展」
4月29日(水・祝)→5月5日(火・祝) 大丸札幌店 8階 美術画廊

会期中、午後1時~5時までは鎌田先生がご在廊予定です。

 

1
桜が満開を迎えた札幌、大丸札幌店の8階でも見事に咲いています!

 

2
「桜麗」屏風 六尺四曲

屏風の制作が作家活動の原点だった鎌田先生。
見ていて惹きこまれる大作です。

 

 

3
「初春の羊蹄山」20号

蝦夷富士(えぞふじ)とも呼ばれる北海道の山を可憐に描いています。

 

4
「彩光 集い」6号

木洩れ日の表現をテーマに、多くの作品を手がけてこられた鎌田先生。
これはそうした「彩光シリーズ」の中では珍しく装飾的でユーモラスなもの。

 


 

5

【作家来場予定】 会期中午後1時~午後5時

北海道網走市出身の人気日本画作家、鎌田義裕先生が在廊されます。

どうぞこの機会にご来場ください。



■鎌田義裕 略歴

1956年 北海道網走市生まれ

1982年 鈴木善幸元首相がブラジル首相に贈呈した屏風絵を制作

1988年 マレーシア国宝の屏風絵を制作

1999年 釧路市美術館に屏風絵「蒲桜の図」を収める


「鎌田義裕 日本画展」

【会期】 2015年4月29日(水・祝)→5月5日(火・祝)
【会場】 大丸札幌店 8階 美術画廊 ※最終日は午後5時閉場

大丸札幌店のホームページはこちら

 

2015年4月18日 (土)

ガレ ガラス芸術の世界@札幌

Mark_sapporo

北海道立近代美術館では、4月18日から6月17日まで

「デュッセルドルフ美術館のアール・ヌーヴォーガラス展」開催されています

ヨーロッパ随一のガラスコレクションで知られる、デュッセルドルフ美術館。

その珠玉のコレクションは、実業家ゲルダ・ケプフ夫人によるもので、

1998年に同館に寄贈されました。

展覧会のホームページは こちら

そして、今週は大丸札幌店でも「ガレ ガラス芸術の世界」を開催中。

なんと、ケプフコレクション展に類似の作品も出品されています。

Photo

 ↑エミール・ガレ「ペルシャ鳥文双耳筆立」 幅19㎝ 1880年頃

オリエンタルな雰囲気を持つ、両手付の筆立。

Photo_2

 ↑ドーム兄弟 「キノコ文花器」高さ14.8㎝ 1907年

ケプフコレクションの作品は こちら でご覧ください。

大丸札幌店恒例の春の「ガレ ガラス芸術の世界」。

美術館級の名品もお楽しみいただけます。

「ガレ ガラス芸術の世界」

【会期】2015年4月15日(水)〜21日(火)午前10時〜午後8時 *最終日は午後5時閉場

【会場】:大丸札幌店 8階美術画廊

大丸札幌店のホームページはこちら

2015年4月 9日 (木)

静かな魅力 「ミナコ カワウチ 版画展」を開催中@大丸札幌店

Mark_sapporo

ただいま大丸札幌店にて、「ミナコ カワウチ 版画展」を開催中です。

 

Photo
「Blue Moon」シルクスクリーン・39.5×18.8㎝(イメージサイズ)

ジャズのスタンダードナンバー「Blue Moon」をテーマにした作品です。
写真ではわかりにくいのですが、木の実には3段階の階調の赤が、枝には隠し味的にミントブルーが持ちいられています。

 

 

Photo_2
「楽園」シルクスクリーン・39.5×19.2㎝(イメージサイズ)×2

京都在住のミナコ カワウチ氏は、四季折々の面影を現代的感覚で表現する版画作家です。

こんな作品が部屋にあったら素敵だと思いませんか?

タモの木が素材のシンプルで品の良い額も作品を引き立たせています。

 

 

 

Photo_3

是非実物をご覧ください。見れば見るほど惹きつけられる静かな魅力を持った作品たちです。


ミナコ カワウチ 略歴

1985年 京都芸術短期大学(現・京都造形芸術大学)造形芸術学科卒業
1988年 造形作家 故・井田照一氏のアシスタントとして、約4年間制作活動に携わる
2003年 朝日新聞京都版において版画作品が挿絵として毎週連載される
2007年 第1回東京スクリーンプリント・ビエンナーレ佳作
2013年 ニューヨーク近代美術館(MOMA)でのアートブックフェアに出展

ぜひご来場をお待ちしております。

「ミナコ カワウチ 版画展」
【会期】 2015年4月8日(水)→4月14日(火)
【会場】 大丸札幌店 8階 美術画廊 ※最終日は午後5時閉場

大丸札幌店のホームページはこちら

2015年3月13日 (金)

「-心地よい光の中で- 西澤知江子展」を開催中@大丸札幌店

Mark_sapporo

 

ただいま、大丸札幌店にて、「-心地よい光の中で- 西澤知江子展」を開催しております。

3月11日(水)→3月17日(火) 大丸札幌店 8階 美術画廊

 

優雅でおだやかな気持ちにさせてくれる作品です。

 

Photo_6_2



「レースのテーブルクロス」 5号

 

作家が長く滞在したスコットランドなど、ヨーロッパが舞台です。

描かれているのは観光名所などではなく、植物の飾られたリビングや中庭、テラスです。

 

 

 

Photo_7
「グリーンフェアリー」 6号

 

人物は登場しませんが、ここで静かに時をおくる人たちの生活が想像できますね。

 

 

Photo_8
「百合に金彩する」 変形11号

 

油絵用のキャンバスに金箔や水晶末で下地を作り、天然の岩絵具で描いています。

 

 

 

Photo_9

西澤知江子先生が来場します。
3月14日(土)から16日(月)までの3日間 各日午後1時~午後5時
※都合により予定に変更が生じる場合がございます。あらかじめご了承ください。



西澤知江子 略歴

1966年 二科展初入選
1971年 京都市立芸大修了
1994年 カンヌ芸術祭出品
    親善大使として渡仏
現在  日本美術家連盟会員

どうぞこの機会にご覧ください。

 

「-心地よい光の中で- 西澤知江子展」
【会期】 3月11日(水)→3月17日(火)
【会場】 大丸札幌店 8階 美術画廊 ※最終日は午後5時閉場
大丸札幌店のホームページはこちら

2015年2月24日 (火)

ヨーロッパ アンティークフェア@大丸札幌店

Mark_sapporo

19世紀から20世紀初頭にかけてのヨーロッパの芸術文化は

今なお世界中の人々を魅了し続けています。

札幌店の美術画廊では、

2月25日(水)から、そんなヨーロッパの美しい工芸作品を特集いたします。

A_5

↑「ダイヤ・オパール ペンダントトップ」  幅2.8cm 1880年頃

B

↑バカラ 切子コンポート ブロンズ台はクリストフル製 径40.5cm 1870-75年頃

C

↑バカラ 野ばら文蓋物 径11.0cm 1900年頃

D

↑R.ラリック ポワゾン鉢  径23.8cm 1931年

アール・ヌーヴォー期のガラス、マイセンに代表される高級陶磁器、

時代を経ても美しい輝きのアンティークジュエリーなど・・・

先週のカシニョールに引き続き優雅な時間をお過ごしください!

「ヨーロッパ アンティークフェア」

2015年2/25(水)~3/3(火) 午前10時~午後8時 *最終日は午後5時閉場

大丸札幌店 8階 美術画廊 TEL011-828-1111(代)

clover大丸札幌店のHPはこちら

2015年2月19日 (木)

カシニョール展@大丸札幌店

Mark_sapporo

大丸札幌店の美術画廊では、「カシニョール展」が始まりました。

Photo_2

1935年にパリで生まれたジャン・ピエール・カシニョールは、

現代のフランス画壇において独自の地位を築いている画家です。

Photo_3

人気の版画作品から・・・

Photo_4

貴重な油彩作品まで、

約30点の作品を展示しております。

Photo_5

避暑地の海辺や薔薇の咲く庭園で物思いに耽る貴婦人たち。

古いフランス映画の1シーンのようで郷愁を誘いますね。

8階美術画廊で優雅な時間をお過ごしくださいhappy01

「カシニョール展」

2015年2/18(水)~2/17(火) 午前10時~午後8時 *最終日は午後5時閉場

大丸札幌店 8階美術画廊 TEL 011-828-1111(代)

clover大丸札幌店のHPはこちら

2015年2月 6日 (金)

「北の大地を描く 金子琢磨油彩画展」開催中@大丸札幌店

Mark_sapporo

 

ただいま、大丸札幌店美術画廊にて、「北の大地を描く 金子琢磨 油彩画展」を開催しておりますhappy01

「北の大地を描く 金子琢磨 油彩画展」
2月4日(水)→10日(火) 最終日は午後5時閉場

Photo_8
「朝の泉」10号・税込432,000円
道北の名寄市を描いた作品です。
まるでヨーロッパの風景ですね。

 

 

 

Photo_9
「夏休み」10号・税込432,000円
こちらは先生のアトリエからほど近い小金井市の野川を描いて
います。郷愁を感じませんか?

 

 

 

Photo_10

先生が8日(日)まで在廊しております(各日午後1時→午後5時)。

主にヨーロッパの田園風景を落ち着いた色彩と柔らかなタッチで
描いてきた金子琢磨氏shine
今展では昨年取材に訪れた北海道の風景を加え、20余点の作品を
出展しております。

どうぞこの機会にご覧くださいませconfident

 

「北の大地を描く 金子琢磨 油彩画展」
2月4日(水)→10日(火)
大丸札幌店 8階 美術画廊
最終日は午後5時閉場

clover大丸札幌店のホームページはこちら

2014年6月27日 (金)

藤田嗣治「猫を抱く少女」リトグラフ、大丸松坂屋各店で販売中

レオナール・フジタとして、世界で人気がある藤田嗣治。

その代表的モチーフである少女と猫が入ったリトグラフを各店で販売していますhappy01

14_07_27_2_2

↑藤田嗣治「猫を抱く少女」 複製版画 リトグラフ 2014年制作

Photo_3

原画を元に、リトグラフを制作したのはフランス、パリの老舗版画工房イデム。

旧名をムルロー工房といい、130年以上の歴史があります。

ピカソ、マチス、シャガールなど20世紀の巨匠たちがリトグラフを制作した場所です。

1_2

↑自然光にあふれたイデム工房

2_2

↑手作業でインクを伸ばす職人さん

また、監修は藤田嗣治の世界的権威であり鑑定家であるシルヴィ・ブュイッソン氏が

初めててがけられました。

イデムの高い技術はブュイッソン氏も高く評価され、

「本当に良いものができたと」大絶賛。

それほど、原画の風合いがとてもよく再現されています。

それぞれにブュイッソン氏が手書きでサインされた証明書が付きます。

Photo

↑証明書にサインするシルヴィ・ブュイッソン氏

Sam_1124

↑エンボス印が押された1枚目を持つイデム工房社長、フォレスト氏

Sam_1122

↑ エンボス部分アップ

この版画の実物は、下記の大丸松坂屋各店 美術売場にてご覧いただけます。

<取扱店舗> 大丸心斎橋店、京都店、神戸店、札幌店

          松坂屋名古屋店、上野店、静岡店

藤田嗣治 「猫を抱く少女」 複製版画 リトグラフ 300部限定 2014年制作

 画寸:43.0×30.3㎝

 額寸:53.0×38.0㎝

 監修:シルヴィ・ブュイッソン氏(藤田嗣治鑑定家) *監修証明書付

 フランス著作権協会エンボス印入り

 価格:税込248,400円

 

2014年4月25日 (金)

今年はエミール・ガレ没後110年です。

Mark_nagoya Mark_ueno

Mark_shinsaibashi_3 Mark_sapporo_2 Mark_kobe_4

美術雑誌「月刊美術」の5月号では、

没後110年になるエミール・ガレが特集されています。

タイトルはずばり、

『人類史上、最高のガラスアート ガレを集める』

1_10

北澤美術館の主席学芸員 池田まゆみ氏が、

ガラスをアートに昇華したガレの偉業を解説されています。

北澤美術館所蔵の名品の画像がふんだんに掲載されていて、うっとり。。。

このほか、コレクションを始めるにあたっての疑問に専門のディーラーが答えるコーナーや

最初の一歩としておすすめする作品など、

アール・ヌーヴォーガラスに関する情報が満載です。

大丸・松坂屋各店の美術画廊で今後開催する関係展覧会のスケジュールも掲載されています。

2

●松坂屋名古屋店 「2014 アール・ヌーヴォーのガラスの世界展」

 2014年4/30(水)~5/6(火・祝) 午前10時~午後7時30分 *最終日は午後4時閉場

 松坂屋名古屋店 南館6階美術画廊 TEL052-251-1111(代)

●大丸札幌店 「ガレ ガラス芸術の世界」

 2014年4/13(水)~4/22(火) 午前10時~午後8時 *最終日は午後5時閉場

 大丸札幌店 8階美術画廊 TEL011-828-1111(代)

●大丸心斎橋店 「エミール・ガレ没後110年 アール・ヌーヴォーガラス展」

 2014年6/18(水)~6/24(火) 午前10時~午後8時 *最終日は午後5時閉場

 大丸心斎橋店 南館8階美術画廊 TEL06-6271-1231(代)

●松坂屋上野店 「エミール・ガレ没後110年 アール・ヌーヴォーガラスの美 展」

 2014年7/16(水)~7/22(火) 午前10時~午後8時 *最終日は午後5時閉場

 松坂屋上野店 本館7階美術画廊 TEL03-3832-1111(代)

●大丸神戸店 「~エミール・ガレ 没後110年 ガレ&ドーム アール・ヌーヴォーガラス展」

 2014年9/24(水)~9/30(火) 午前10時~午後8時 *最終日は午後5時閉場

 大丸神戸店 7階美術画廊 TEL078-331-8121(代)