大丸福岡天神店

2015年8月17日 (月)

大丸・松坂屋 世界の名作版画シリーズ 「ロンドン国会議事堂、霧を貫く陽光」

大丸・松坂屋各店では、オルセー美術館所蔵のクロード・モネの名作、

「ロンドン国会議事堂、霧を貫く陽光」を元に制作した版画を発売いたします。

Photo_2



作品仕様

技 法    リトグラフ

図版サイズ 46×52㎝

用紙サイズ 56×60㎝

用 紙    BFKリーヴ紙

限定数    100部

サイン    原画から写した版上サイン

版数・版種  18版18色

原 画    Claude Monet

        "Londres, le Parlement. Trouée de soleil dans le brouillard"

        オルセー美術館蔵(フランス、パリ)

刷 り    イデム パリ

製 版    ヤニック・サバティエ


価格    税込248,400円 (本体価格 230,000円)


   大丸松坂屋オンラインショッピングはこちらを クリック



クロード・モネ(1840‐1926年)と

 「ロンドン国会議事堂、霧を貫く陽光」 について

モネは日本で最も著名で、人気があるフランス人作家のひとりです。

印象派を代表する画家であり、「光の画家」の別称があります。

時間や季節の移り変わりとともに変化する光と色彩の変化を生涯にわたって追究しました。

日本の美術・芸術に傾倒し、

作品には日本美術からインスピレーションを得たと思われるものも多くあります。



モネは1899年から1901年にかけてロンドンを訪ねては2~3ヶ月の滞在を繰り返し、

ロンドンとテムズ川の風景を何点も制作しました。本作はその作品群の中の一点で、

有名なロンドンの霧に包まれる冬の『国会議事堂』と『陽光』を描いた作品です。

冬のロンドンの霧が織りなす独特の街の雰囲気やその風景に魅了されたモネは、

「好みは冬だけだ。霧がなければロンドンに魅力はないだろう。

霧はロンドンに驚嘆に値する広がりと、

規律正しく建てられた建物に神秘的なヴェールと静けさを与えている」との言葉を残しています。

  

Img_0302_2

 ↑こちらがオルセー美術館にある原画「ロンドン国会議事堂、霧を貫く陽光」


オルセー美術館では写真撮影が可能でしたので、実物の作品の写真を撮ってきました。

名品が並ぶ印象派の展示室の中でひときわ存在感を放っていたこの作品は、

ロンドンの厚い霧によって生まれる光の色や奥行きが表現され、

『モネでなければ描けないまさに名品』だと思いました。


イデム パリ (旧ムルロー工房)について

この版画を制作したイデム パリは旧名をムルロー工房といいます。

1914年パリのモンパルナスに設立された版画工房で、

ピカソやマチス、シャガールなどのリトグラフを手掛け、その卓越した技術力によって、

美術界に多数の傑作を生み出しました。

現在も世界中のアーティストたちと仕事を共にし、質の高いリトグラフを世に送り出しています。

Bydsc00425

 ↑イデム工房で出来上がりをチェックする弊社バイヤー

 

Img_3897

 ↑1枚1枚に限定部数とイデムのエンボスが入っています。

Img_3900

 ↑シートの裏には作品名やエディション、工房名などが入っています。

Photo_3

 ↑ シンプルな白木の額縁もご用意しました。シンプルモダンな北欧調のインテリアに似合います。(価格は同じ、税込248,400円)

ご注文は下記の大丸・松坂屋各店 美術画廊にお願いいたします。

大丸松坂屋オンラインショッピングでもご購入いただけます。

→大丸松坂屋オンラインショッピング 「モネ版画」(金縁)

→大丸松坂屋オンラインショッピング 「モネ版画」(白木縁)

<取扱店舗>

大丸:心斎橋店、京都店、神戸店、札幌店、福岡天神店、高知大丸、下関大丸、鳥取大丸

松坂屋:名古屋店、上野店、静岡店


2014年11月 7日 (金)

ギャラリーリニューアルオープン「カシニョール展」@福岡天神

Mark_fukuoka

大丸福岡天神店のアートギャラリーが、この度リニューアルしました。

こけらおとしの展覧会は「カシニョール展」。

ジャン・ピエール・カシニョールの作品の中には必ず、

優雅な雰囲気のパリジェンヌたちがいます。

“La vie en rose” (ばら色の人生)

まわりの景色や空気を味わうこと、ぼんやりと物思いにふけること、人との会話を楽しむこと・・・

人生を楽しむことを思い出させてくれます。

Image1_2

 

Image2

Image3

Image4

Image5

今回の展覧会に、カシニョール氏がビデオメッセージを寄せてくれました。

その中で彼は

「近年日本は大変つらい体験をしました。

日本の皆さまにとって私の絵が安らぎや希望をもたらすようなら幸いです」と言っています。

Photo_3

インタビューに答えるカシニョール氏。

後ろの絵は、愛娘を描いた作品です。

Img_0651

この春パリでお目にかかったカシニョール父娘。

絵のモデルはこの娘さんです。

パリの薫りが満ちる、新しいギャラリーへぜひお越しください。

「カシニョール展」

2014年11月5日(水)~11日(火) 午前10時~午後8時 *最終日は午後5時閉場

大丸福岡天神店 6階美術画廊 TEL 092-712-8181(代)



 

2013年7月23日 (火)

「北斎・広重からの華麗なる展開 牧野宗則木版画展」@ 博多

Mark_fukuoka

7/31(水)から、「牧野宗則木版画展」を開催しますhappy01

●牧野宗則 略歴

1940年 静岡県生まれ

1977年〜全国各地で個展開催

1984年 九州の有明海と出会う。「有明海と九州シリーズ」の制作が始まる。

1988年 第10回ニューヨークアートエキスポ出品

1989年 第1回川村賞受賞

1992年 浮世絵太田記念美術館

    「北斎・広重からの華麗なる展開ー牧野宗則木版画展」(以後’99年、'09年)

1994年 静岡県文化奨励賞受賞

1997年 「棟方志功・牧野宗則二人展」を九州各地で開催

2003年 文化庁長官表彰受賞

2004年 使用された版木で「ブロックスアート」を発表する

2010年 ニューヨーク、ニッポンクラブギャラリーにて個展開催

Photo

 ↑「いのちの花」

Photo_3

 ↑「五彩の海」

世界の美術の流れを変えた日本の浮世絵の、絵師、彫師、摺師の技を習得し、

伝統と現代の創作版画を融合させた版画家、牧野宗則先生。

生きる喜び、いのちの輝きをテーマに、

富士、九州の風景を主に山や海、花を題材に日本のこころと日本の美を伝えます。

☆作家来場 8/4(日)

「北斎・広重からの華麗なる展開 牧野宗則木版画展」

2013年7/31(水)〜8/6(火) 午前10時〜午後8時 *最終日は午後5時閉場

大丸福岡天神店 本館6階アートギャラリー TEL 092-712-8181(代)

2013年2月16日 (土)

「八坂 圭 絵画展 『日々の中の精霊と光』」@福岡

Mark_fukuoka

福岡を拠点に、宇宙始源の光と愛の感覚を絵画で表現されている八坂 圭氏。

私たちを包み込んでいる目に見えない様々なエネルギーの手触りを、

アートの形にして見る者を楽しませてくれます。

Photo_118

 ↑「光の救済者」

Photo_2

 ↑「薄紅の解放」

Photo_3

 ↑「碧の奔流」

色と形であると同時に、音楽でもあるかのような絵画空間を生み出し、

にじみを生かした表現が特長です。

本展では、アクリル画、版画を合わせ約30点ご紹介いたします。

「八坂 圭 絵画展 『日々の中の精霊と光』」

2013年2/20(水)~2/26(火) 午前10時~午後8時 *最終日は午後5時閉場

大丸福岡天神店 本館6階アートギャラリー TEL092-712-8181(代)

2013年1月24日 (木)

【予告】林久雄 木のあかり展@博多

Mark_fukuoka

1/30(水)から「林久雄 木のあかり展」を開催いたします。

日本古来の組子の技を活かした「木のあかり」。

組子は基本的には直線がつくるバリエーションの組み合わせですが、

中に仕込んだ白熱灯がさまざまな文様をうつしだし、

幾重にも重なって、幻想的な世界を作りだします。

温められて漂う青森ヒバの芳香と木のぬくもりが心地良い照明です。

Ichimatu_600x800

 ↑「ICHIMATU」 高さ70㎝

Shi291_2

 ↑「雫」  高さ28.5㎝

Shu32

 ↑「集」 高さ33㎝

ご来場お待ちしておりますhappy01

「林久雄 木のあかり展」

2013年1/30(水)~2/5(火) 午10時~午後8時 *最終日は午後5時閉場

大丸福岡天神店 本館6階アートギャラリー TEL092-712-8181(代)

2012年12月13日 (木)

日賀野兼一『ルネッサンスの香り』展 ~テンペラ画の世界~@博多

Mark_fukuoka

12/19(水)から、「日賀野兼一 『ルネッサンスの香り』展 ~テンペラ画の世界~」を開催しますhappy01

1206higano_f6a

 ↑「ベネツィアの午後」 6号F

1112higano_f4a

 ↑「幸せの風とともに」 4号F

0293higano_sma

 ↑「ヘルプサンタ」 SM

中正ルネッサンス時代、盛んに描かれたテンペラ画。

テンペラ画とは、約500年前からある技法で、

色(顔料)と生卵の中身を混ぜてきれいな水で溶いて描きます。

その技法を駆使し、現代のエスプリを斬新かつ華麗に表現しました。

色彩の発色のよさ、描線の美しさが魅力です。

会期中、毎年大好評の『卓上オリジナルカレンダー』も販売いたします。

ご来場お待ちしておりますhappy01

「日賀野兼一 『ルネッサンスの香り』展 ~テンペラ画の世界~」

2012年12/19(水)~12/25(火) 午前10時~午後8時 *最終日は午後5時閉場

大丸福岡天神店 本館6階アートギャラリー TEL092-712-8181(代表)

2012年11月24日 (土)

大丸福岡天神店アートギャラリー 今後のスケジュール

Mark_fukuoka

毎週色々なアートをご紹介している大丸福岡天神店アートギャラリーの、

今後の主なスケジュールをご案内いたしますnew

●11/28(水)~12/4(火)   「~フランスの情景を描く~木村章子絵画展」

●12/5(水)~12/11(火)   「近代絵画逸品掘り出し展」

●12/12(水)~12/18(火)  「~心に届く癒しの灯~ ヴェリエール ステンドグラス展」

●12/19(水)~12/25(火)  「日賀野兼一 ルネッサンスの香り展」

●12/26(水)~12/31(火)  「迎春用 日本画・掛軸展/同時開催 工芸作品展」

●1/2(水)~1/8(火)      「福袋 特別価格版画バザール」

●1/9(水)~1/15(火)     「第9回 西部日本工芸会 酒器展」

●1/16(水)~1/22(火)     「中川原哲治・惠子 染織布展」

●1/23(水)~1/29(火)    「アンティーク ヨーロッパ名窯展」

●2/6(水)~2/12(火)     「武田秀雄 絵画展」

●2/13(水)~2/19(火)    「倉島岱山 作陶展」

●2/20(水)~2/26(火)    「八坂 圭絵画展」

ぜひご来場くださいませhappy01

大丸福岡天神店 本館6階アートギャラリー TEL 092-712-8181(代表)

2012年11月 8日 (木)

「皇室が愛した有田 十五代 辻常陸作陶展」@博多

Mark_fukuoka

江戸期から皇室御用窯として数々の名品を生み出し、その歴史と伝統を誇る有田 辻家。

磁器御料器では、我国最初の皇室御用窯です。

今回は伝統の染付け技法で制作された十五代の新作を含め、辻謹製の器を展示いたします。

Photo_146

 ↑左:「波濤昇龍図梅瓶」 高さ42㎝×径30㎝

   右:「瑞雲鳳凰図梅瓶」 高さ42㎝×径30㎝

Photo_2

気品あふれる作品の数々をぜひご覧くださいませ happy01

「皇室が愛した有田 宮内庁御用達 十五代 辻常陸作陶展」

2012年11/14(水)~11/20(火) 午前10時~午後7時30分 *最終日は午後5時閉場

大丸福岡天神店 本館6階アートギャラリー TEL 092-712-8181(代表)

2012年10月29日 (月)

「福岡・ボルドー姉妹都市締結30周年記念 石山義秀ボルドー油彩画展」

Mark_fukuoka

11/7(水)から福岡・ボルドー姉妹都市締結30周年記念 石山義秀ボルドー油彩画展

を開催いたしますhappy01

フランスで学び、帰国後は九州をテーマに描き続ける画家、石山義秀氏。

今回の記念すべき開催に向けて、世界遺産の街・ボルドーへ渡り建物や風景などを描きました。

Photo_128

 ↑「葡萄畑にふりそそぐ光(ボルドー)」油彩100号

Photo_3

 ↑「なだらかな道」油彩80号

Photo_2

 ↑「海からの微風(ボルドー)」油彩80号

会場では福岡にいながらにしてボルドーの魅力をご堪能いただけますwine

石山義秀氏の心に迫る作品の数々を実際にご覧ください。

「福岡・ボルドー姉妹都市締結30周年記念 石山義秀ボルドー油彩画展」

2012年11/7(水)~11/12(月) 午前10時~午後8時 *最終日は午後5時閉場

入場料:一般・大高生500円(税込)中学生以下無料

大丸福岡天神店 本館8階特別会場 TEL092-712-8181(代表)

2012年10月 5日 (金)

【予告】マイセン 今・昔 「大マイセン展」&「アンティークマイセン展」@博多

Mark_fukuoka

大丸福岡天神店では、2週にわたってマイセンの魅力をご紹介します happy01

開窯300年の歴史を誇るマイセンは、

その伝統を継承しつつ常に改新的な挑戦を続けてきました。

1週目(10/17~10/22)の「大マイセン展」では、現代マイセンだから作ることのできた作品や

2012年の世界限定などを多数展示販売いたします。

そして2週目(10/24~10/29)は、「アンティークマイセン展」。

王侯貴族が愛した、アンティークならではの一品の数々を展観いたします。

それでは、現代のマイセン、アンティークのマイセンそれぞれから作品をご紹介しましょう。

まずは現代マイセンから。

Photo_141

 ↑「装飾時計」高さ35㎝ 税込3,990,000円

18世紀、宮廷で暖炉などを装飾するために豪華な時計が作られました。

手仕事の極みとも言える伝統と技術が、今日でも受け継がれています。

Photo

 ↑「宝石箱」径19㎝×高さ約15㎝ 税込4,725,000円

絢爛豪華なこのボックスは、権力を誇ったアウグスト強王の宮廷趣味を偲ばせます。

デザインにも、技術においても、圧倒的な存在感を放ち、

現在復刻されることも珍しい稀少な逸品です。

Photo_2

 ↑ 「燭台 アフリカ象」高さ87㎝ 税込9,450,000円

マイセンが誇る20世紀の偉大な造形家、マックス・エッサーのオリジナルを

忠実に復刻した非常に稀少価値の高い作品です。

つづいて2週目の「アンティークマイセン展」からは。。。

002

 ↑「スノーボール鳥付ジャグ」1860〜1880年 高さ66㎝ 

マイセン伝統の意匠、スノーボールの花を全面に施した大作ですshineshineshine

003

↑「花付6灯シャンデリア」1860〜1880年 高さ60㎝

001_2

 ↑「夕と夜 群像対」1880年頃 高さ35.5㎝

肌の質感や着衣の柔らかそうな質感の表現が、

他の窯では真似のできないクオリティの高さです。

2週にわたってお送りする、

「マイセン 今、昔」。

心ゆくまでご堪能くださいませ。

「〜マイセン 今・昔〜 大マイセン展」 *現代のマイセンの展示即売です。

2012年10/17(水)〜22(月) 午前10時〜午後8時 *最終日は午後5時閉場

大丸福岡天神店 本館8階特別会場 TEL(092)712-8181(代表)

「〜マイセン 今・昔〜 アンティークマイセン展」 *アンティークマイセンの展示即売です。

2012年10/24(水)〜10/29(月) 午前10時〜午後8時 *最終日は午後5時閉場

大丸福岡天神店 本館8階特別会場 TEL (092)712-8181(代表)