松坂屋静岡店

2017年10月16日 (月)

川島 優 日本画作品展 -Flag- @松坂屋静岡店

Mark_shizuoka

「川島優 日本画作品展 -Flag-」

【会期】10/25(水)→10/31(火)

【会場】松坂屋静岡店 本館6階 美術サロン

このたび松坂屋静岡店では初となる川島優先生の日本画展を開催いたします。

川島先生は愛知県立芸術大学在学中の2014年に

FACE2014損保ジャパン美術賞に出品し、

グランプリおよびオーディエンス賞を獲得するなど、

若くしてその才能を見出された今注目の日本画家です。

Recipientf10

 ↑川島 優「Recipient」10号


2017年1月には先生の地元 浜松市天竜区二俣の「秋野不矩美術館」にて

大規模な二人展を開催。堂々のスタートとなりました。

今展は飛躍の2017年の締めくくりにふさわしい展覧会となることでしょう。

モノトーンで描かれた世界には繊細な女性が配されており、

先生の感情が仮託されているといいます。

画面の中からはある種の緊張感がひしひしと伝わり、

観る人を作品の世界観へ強く惹き込んでいきます。

Recipientf6

 ↑川島 優「Recipient」 6号


今回の展覧会では先生渾身の新作、約20点を展示販売いたします。

「現代社会で生きる私が、自己対峙し、

前に進んでいく「予兆」をここでは見せていきたい」

と語る先生の作品世界をぜひご覧ください。

ぜひこの機会にご高覧賜りますようご案内申しあげます。

作家来場予定日:10月29日(日)

Inside

 ↑川島 優「Inside」 6号変形

松坂屋静岡店のHPは こちら

2017年6月30日 (金)

「ファンタジーアート&コレクションフェア」@松坂屋静岡店

Mark_shizuoka

「ファンタジーアート&コレクションフェア」

 【会期】7/5(水)→11(火)

 【会場】松坂屋静岡店

         本館6階アートビュー・本館6階イベントスペース 同時開催

ディズニーを愛するアーティスト達が描く原画・版画や色鮮やかなセル画、

LENOX社による陶磁器製フィギュアなど、

ディズニー社監修の元に製作されたアート&コレクタブル作品の数々を

期間限定で展示販売いたします。

Photo

Cdisney_2

↑Wolfrido Garcia 「Banyan Swing」 スタジオアート 額寸56.0×94.5㎝

松坂屋静岡店のHPは こちら



2016年2月26日 (金)

【2016年3月】松坂屋静岡店 アートインフォメーション


 Mark_shizuoka
松坂屋静岡店 本館6階 美術画廊・サロンにて、3月に開催される美術展をご紹介します。
 

【3月2日(水)~8日(火):美術画廊】
「シャガールとエコール・ド・パリ版画展」

愛の画家とよばれたシャガールを中心に

エコール・ド・パリの作家たちの版画作品も合わせて

約30点を展示即売いたします。

Photoマルク・シャガール 「サーカス」 リトグラフ 42.5×32.5cm

 

 

【3月2日(水)~8日(火):美術サロン】
「第2回 神山玄 日本画展」
朽ちてゆく人工物と、そこで懸命に生きる身近な生き物を対比して描く

神山先生の作品約30点を展示即売いたします。

Png神山玄 「ネムル」 F8号

 

 

【3月9日(水)~15日(火):美術画廊】
「第4回 石川和賢 日本画展」

自然を独自の視点で捉え表現される石川先生の新作約25点を展覧いたします。

Png_2石川和賢 「宙」 6号





【3月9日(水)~15日(火):美術サロン】
「第4回 伊賀 小島陽介 陶展」
伊賀丸柱にて自然釉を中心に作陶を続ける作家が、

土と火に想いを込めた新作約40点を展覧いたします。

Png_3
小島陽介 「伊賀茶盌」 13.5×11.2×8.3㎝  「井戸茶盌」14.7×8.5㎝

 

 

【3月16日(水)~22日(火):美術画廊】
「第5回 鳥山武弘 日本画展」
師である上村淳之氏から受け継いだ、

伝統の中に日本美を感じさせる新作約20点を展覧いたします。


Png_4鳥山武弘 「春光」 SMS

 

 

【3月16日(水)~22日(火):美術サロン】
「第2回 正田徳衛 油彩展」
丹念に描きこまれた静物画や風景画など新作30点あまりを展示即売いたします。

Png_5
正田徳衛 「北フランスの空」 30号M





【3月23日(水)~4月5日(火):美術画廊】
「第16回 近代洋画巨匠展」
近代洋画壇に偉大な足跡を残した巨匠作家を中心に、

現代の大家、人気作家を含め、珠玉の作品の数々を展覧いたします。

Png_6
岡鹿之助 「林間古城」 6F

Png_7荻須高徳 「MUR DEL HOTEL AUX AFFICHES」 8F





【アートビュー】



【春到来 さわやかアート展】

会場/アートビュー 3月2日(水)~8日(火)
さわやかな春にふさわしい絵画・工芸品など約30点を展示即売いたします。

【「つつむ」アート展】
会場/アートビュー 3月9日(水)~15日(火)
伝統的な文様からモダンなタイプのものまで「つつむ」に関連する
作品約30点を展示即売いたします。

【「楽・意・匠」展】
会場/アートビュー 3月16日(水)~22日(火)
身の回りにある模様や柄などを取り込んだ生活を彩るお洒落な
作品約20点を展示即売いたします。

【自然のチカラ展】
会場/アートビュー 3月18日(水)~24日(火)
自然の持つ神秘的な力。

自然をテーマに私たちに日々の生活に活力を与えてくれる絵画、彫刻など

約30点を展示即売いたします。

【かわいいもの大集合展】
会場/アートビュー3月30日(水)~4月5日(火)
思わず足を止めて思わず「あ、これかわいい」と一声が出るような

絵画・工芸品など約20点を展示即売いたします。




【会場】:松坂屋静岡店 本館6階 美術画廊・サロン

松坂屋静岡店のホームページはこちら

 





2016年1月29日 (金)

【2016年2月】松坂屋静岡店・本館6階美術画廊・サロン@「アート・インフォメーション」

Mark_shizuoka
松坂屋静岡店 本館6階 美術画廊・サロンにて、2月に開催される美術展をご紹介します。

【2月3日(水)~9日(火):美術画廊】
「名僧墨蹟展」

名僧たちによる精神性の高い墨蹟約30点を展覧いたします。

Photo森清範 「和」 尺八横

 

 

【2月3日(水)~9日(火):美術サロン】
アートビューオープン記念 絵画フェスティバルPart1

アートビューのオープンを記念して開催の2週連続企画。日本画・洋画問わず、
人気作家たちの作品を中心に約50点を展示いたします。

Photo_2奥江一太 「茜の静物」 15号F

 

 

【2月10日(水)~16日(火):美術画廊】
「春の蔵ざらえ版画展」

リトグラフ木版画など国内外人気作家の版画作品を、約50点、
“蔵ざらえ”価格で展示いたします。

Png片岡球子 「めで多き富士2015」 リトグラフ6号大

 

 

【2月10日(水)~16日(火):美術サロン】
「アートビューオープン記念 絵画フェスティバルPart2」

アートビューのオープンを記念して開催の2週連続企画。
日本画・洋画問わず、人気作家たちの作品を中心に約50点を展示いたします。

Png_2
※画像はイメージです。写真に掲載の作品は都合により出品しない場合がございます。


 
 
 
【2月17日(水)~23日(火):美術画廊】
「第6回 水口裕務 洋画展」

川や沼地など「水」をテーマに繊細で緻密な描写力で描く
先生の新作約30点を展覧いたします。

Png_3水口裕務 「流れ」 20M

 
 
 
 
【2月17日(水)~23日(火):美術サロン】
第7回 中川原 哲治 惠子 染織布展」

山まゆの里 染織工房の天蚕飼育、糸の紡ぎ、草木の染、そして織り。
大自然の恵みにより織りあがった各種の布、ストールなど新作 約50点を展示 いたします。

Png_4中川原 哲治・惠子 「手紡ぎまわた多色染めからみ織布」
80×200cm シルク100%




【2月24日(水)~3月1日(火):美術画廊】
第5回 土佐の紙 大濵紙に描いた日本画展

高知県で研究開発された上質な和紙の特徴を追及し生かした
現代日本画家による作品を約50点展覧いたします。 Png_6西野陽一 「苺の丘」 6号

 
 
 
【2月24日(水)~3月1日(火):美術サロン】
今川教子 日本画展いきとしいけるもの いづれはうたをよまざりける

 類まれなる描写力や背景に含まれる精神性が高く評価される注目の若手作家、
今川教子先生の初の個展を開催いたします。

Png_5今川教子 「音」 30号変(86×77cm)

 

 

【アートビュー】


【アートビューオープン記念 陶芸・彫刻フェスティバルpart1】
会場/アートビュー 2月3日(水)~9日(火)

Photo_3アートビューのオープンを記念して開催の2週連続企画。
日本画・洋画問わず、人気作家たちの作品を中心に
約50点を展示即売いたします。
※画像はイメージです。写真に掲載の作品は都合により出品しない場合がございます。


【アートビューオープン記念 陶芸・彫刻フェスティバルpart2】
会場/アートビュー 2月10日(水)~16日(火)


【いやしのアート展】
会場/アートビュー 2月17日(水)~23日(火)
大自然をモチーフにした絵画やかわいらしいものなど心が癒される
作品約20点を展示即売いたします。



【見てさわる「ごちそうさま」展】
会場/アートビュー  2月24日(水)~3月1日(火)
みて思わず食べたくなる絵画や、食を盛る器など約20点を展示いたします。
 
 

 
お誘いあわせのうえ、ご来場くださいませ。
【会場】:松坂屋静岡店 本館6階 美術画廊・サロン

松坂屋静岡店のホームページはこちら
 
 
 
 

 

 

2016年1月 9日 (土)

【2016年1月】松坂屋静岡店・本館6階美術画廊・サロン@「アート・インフォメーション」

明けましておめでとうございます。
本年も、松坂屋静岡店 美術画廊をよろしくお願い申しあげます。
Mark_shizuoka

松坂屋静岡店 本館6階 美術画廊・サロンにて、1月に開催される美術展をご紹介します。

【1月2日(土)~12日(火):美術画廊・サロン】
第15回 浦田周社 木版画展」

日本が誇る浮世絵の伝統的手法で創作する作家による15回目となる節目の個展です。
初春にふさわしい新作を展示即売いたします。

1_2浦田周社 「甲州猿橋頌春禧」 木版画 40×32cm

Photo_5浦田周社 「京・八瀬の春」 木版画 28×22cm

Photo浦田周社 「いち富士」 木版画 49×76cm

 

【1月13日(水)~19日(火):美術画廊 】
「第5回 富士山とさくら展」

初春にふさわしく富士山とさくらに関係した作品を集め、約30点を展覧いたします。

Photo_2百瀬智宏 「桜花浪漫」 6M

 

 

【1月13日(水)~19日(火):美術サロン】
「魅惑のガラス絵展

ガラス絵は、ガラスの一面に描き反対側からみる独特な絵画です。
現代人気作家による作品を展覧いたします。

Photo_3櫻井孝美「富嶽・燿」 F3号

 

【1月20日(水)~26日(火):美術画廊 】
「日本の創作版画展日本版画協会 版画展 受賞作家特集-

近代から現代の国内版画家によるオリジナル作品を集め、
さらに日本版画協会 第83回 版画展の受賞作品を特集し展覧いたします。

Photo_4駒井哲郎 「岩礁にて」 アクアチント 24.3×35cm  1970

 

【1月20日(水)~26日(火):美術サロン 】
「第4回 河内成幸 木版画展」

山梨に生まれ、個性豊かな木版画でさまざまな賞を受賞、
世界的に活躍される作家の作品約30点を展示 即売いたします。

Photo_5河内成幸 「雷鳴富士(Ⅷ)」 木版画 60.5×91.5cm

 

 

【1月20日(水)~26日(火):美術サロン 】
「4代 徳田八十吉展」

德田家の色と技を継ぎ、精力的に創作活動を行う四代目德田八十吉先生の
作品約60点を展覧いたします。

Photo_6四代德田八十吉 「彩釉香炉・奏」 径12.0× 高さ12.5cm

Photo_7四代德田八十吉 「彩釉花器・昇龍」 径35.0× 高さ29.5cm

Photo_8四代德田八十吉 「彩釉鉢・翠澄」 径52.0× 高さ15.5cm



 

【アートビュー】


【新春~浦田周社小品展】
会場/アートビュー 平成28年1月2日(土)~12日(火)

浦田先生の小品を中心に展示即売いたします。

【冬の茶道具ゆったり会】
会場/アートビュー 平成28年1月13日(水)~19日(火)


茶碗、花入、水指など本格茶道具から服紗、扇子、懐紙など入門用具まで
幅広く揃え展示即売いたします。
◆茶道具:般若勘渓「炉用丸壷」、加藤利昇「色絵鶴の絵茶碗」、一后一兆「塩釜蒔絵大棗」、
 加藤浩一「瑠璃交趾波に宝尽し杵形水指」、加藤景陶「織部鶴首花入」
 

【五彩(いろどり)モダン・うつわ展】
会場/アートビュー 平成28年1月20日(水)~26日(火)

いわゆる土もの、石もの問わず、色絵の華やかなものから土味を生かした素朴で味わい深いものまでバリエーションに富んだ器の数々を展示即売いたします。

【四代 德田八十吉展】
会場/アートビュー 平成28年1月27日(水)~2月2日(火)

德田家の色と技を継ぎ、精力的に創作活動を行う四代目德田八十吉先生の作品約60点を展覧いたします。


お誘いあわせのうえ、ご来場くださいませ。
【会場】:松坂屋静岡店 本館6階 美術画廊・サロン

松坂屋静岡店のホームページはこちら

 

 

 

 

 

2015年8月17日 (月)

大丸・松坂屋 世界の名作版画シリーズ 「ロンドン国会議事堂、霧を貫く陽光」

大丸・松坂屋各店では、オルセー美術館所蔵のクロード・モネの名作、

「ロンドン国会議事堂、霧を貫く陽光」を元に制作した版画を発売いたします。

Photo_2



作品仕様

技 法    リトグラフ

図版サイズ 46×52㎝

用紙サイズ 56×60㎝

用 紙    BFKリーヴ紙

限定数    100部

サイン    原画から写した版上サイン

版数・版種  18版18色

原 画    Claude Monet

        "Londres, le Parlement. Trouée de soleil dans le brouillard"

        オルセー美術館蔵(フランス、パリ)

刷 り    イデム パリ

製 版    ヤニック・サバティエ


価格    税込248,400円 (本体価格 230,000円)


   大丸松坂屋オンラインショッピングはこちらを クリック



クロード・モネ(1840‐1926年)と

 「ロンドン国会議事堂、霧を貫く陽光」 について

モネは日本で最も著名で、人気があるフランス人作家のひとりです。

印象派を代表する画家であり、「光の画家」の別称があります。

時間や季節の移り変わりとともに変化する光と色彩の変化を生涯にわたって追究しました。

日本の美術・芸術に傾倒し、

作品には日本美術からインスピレーションを得たと思われるものも多くあります。



モネは1899年から1901年にかけてロンドンを訪ねては2~3ヶ月の滞在を繰り返し、

ロンドンとテムズ川の風景を何点も制作しました。本作はその作品群の中の一点で、

有名なロンドンの霧に包まれる冬の『国会議事堂』と『陽光』を描いた作品です。

冬のロンドンの霧が織りなす独特の街の雰囲気やその風景に魅了されたモネは、

「好みは冬だけだ。霧がなければロンドンに魅力はないだろう。

霧はロンドンに驚嘆に値する広がりと、

規律正しく建てられた建物に神秘的なヴェールと静けさを与えている」との言葉を残しています。

  

Img_0302_2

 ↑こちらがオルセー美術館にある原画「ロンドン国会議事堂、霧を貫く陽光」


オルセー美術館では写真撮影が可能でしたので、実物の作品の写真を撮ってきました。

名品が並ぶ印象派の展示室の中でひときわ存在感を放っていたこの作品は、

ロンドンの厚い霧によって生まれる光の色や奥行きが表現され、

『モネでなければ描けないまさに名品』だと思いました。


イデム パリ (旧ムルロー工房)について

この版画を制作したイデム パリは旧名をムルロー工房といいます。

1914年パリのモンパルナスに設立された版画工房で、

ピカソやマチス、シャガールなどのリトグラフを手掛け、その卓越した技術力によって、

美術界に多数の傑作を生み出しました。

現在も世界中のアーティストたちと仕事を共にし、質の高いリトグラフを世に送り出しています。

Bydsc00425

 ↑イデム工房で出来上がりをチェックする弊社バイヤー

 

Img_3897

 ↑1枚1枚に限定部数とイデムのエンボスが入っています。

Img_3900

 ↑シートの裏には作品名やエディション、工房名などが入っています。

Photo_3

 ↑ シンプルな白木の額縁もご用意しました。シンプルモダンな北欧調のインテリアに似合います。(価格は同じ、税込248,400円)

ご注文は下記の大丸・松坂屋各店 美術画廊にお願いいたします。

大丸松坂屋オンラインショッピングでもご購入いただけます。

→大丸松坂屋オンラインショッピング 「モネ版画」(金縁)

→大丸松坂屋オンラインショッピング 「モネ版画」(白木縁)

<取扱店舗>

大丸:心斎橋店、京都店、神戸店、札幌店、福岡天神店、高知大丸、下関大丸、鳥取大丸

松坂屋:名古屋店、上野店、静岡店


2014年6月27日 (金)

藤田嗣治「猫を抱く少女」リトグラフ、大丸松坂屋各店で販売中

レオナール・フジタとして、世界で人気がある藤田嗣治。

その代表的モチーフである少女と猫が入ったリトグラフを各店で販売していますhappy01

14_07_27_2_2

↑藤田嗣治「猫を抱く少女」 複製版画 リトグラフ 2014年制作

Photo_3

原画を元に、リトグラフを制作したのはフランス、パリの老舗版画工房イデム。

旧名をムルロー工房といい、130年以上の歴史があります。

ピカソ、マチス、シャガールなど20世紀の巨匠たちがリトグラフを制作した場所です。

1_2

↑自然光にあふれたイデム工房

2_2

↑手作業でインクを伸ばす職人さん

また、監修は藤田嗣治の世界的権威であり鑑定家であるシルヴィ・ブュイッソン氏が

初めててがけられました。

イデムの高い技術はブュイッソン氏も高く評価され、

「本当に良いものができたと」大絶賛。

それほど、原画の風合いがとてもよく再現されています。

それぞれにブュイッソン氏が手書きでサインされた証明書が付きます。

Photo

↑証明書にサインするシルヴィ・ブュイッソン氏

Sam_1124

↑エンボス印が押された1枚目を持つイデム工房社長、フォレスト氏

Sam_1122

↑ エンボス部分アップ

この版画の実物は、下記の大丸松坂屋各店 美術売場にてご覧いただけます。

<取扱店舗> 大丸心斎橋店、京都店、神戸店、札幌店

          松坂屋名古屋店、上野店、静岡店

藤田嗣治 「猫を抱く少女」 複製版画 リトグラフ 300部限定 2014年制作

 画寸:43.0×30.3㎝

 額寸:53.0×38.0㎝

 監修:シルヴィ・ブュイッソン氏(藤田嗣治鑑定家) *監修証明書付

 フランス著作権協会エンボス印入り

 価格:税込248,400円

 

2014年5月13日 (火)

【予告】「悠風 市川元晴個展」@静岡

Mark_shizuoka

市川元晴先生の個展の時期がやってまいりましたhappy01

先生の作品はピエロをはじめサリーの女たち、静物画など、

様々なモチーフを重厚な色彩と精緻な構図で描かれます。

類稀な描写力が多くのファンの方を魅了しています。

待ち遠しいファンの方もいらっしゃると思いますので先行して4点の作品を紹介しますsign01

20

 ↑「ひまわりの詩」M20号 油彩 キャンヴァス

3_2

 ↑「主の顔」S3号 板 イコン

12_2

 ↑「悠風」F12号 油彩 キャンヴァス

20_2

 ↑「翔 風になれ」20号F 油彩 キャンヴァス

●市川元晴 略歴

1950年 清水区生 静岡在住

1969年 清水市の高齢者福祉事業の一環として100歳高齢者の肖像画を寄贈(以後毎年)

1976年 ル・サロン銀賞受賞

1994年 第46回三軌会展 会員優賞受賞

2003年 清水市より感謝状(100歳高齢者に肖像画を34年間寄贈)

現在 三軌会会員、ル・サロン永久会員

会期中毎日、市川先生はご来廊予定です。

皆様のご来店を心よりお待ち申しあげておりますhappy01

【予告】「悠風 市川元晴個展」

2014年5/21(水)~5/27(火) 午前10時~午後7時30分 *最終日は午後5時閉場

松坂屋静岡店 本館6階美術画廊 TEL052-205-2213(美術画廊直通)


2013年1月 4日 (金)

「中島千波作品展」@静岡

Mark_shizuoka

明けましておめでとうございますfujifujifuji

松坂屋静岡店の美術画廊は2013年も魅力的な展覧会を開催してまいりますhappy01

さて、新年を飾るのは「中島千波作品展」。

現在、東京藝術大学美術部デザイン科教授として教鞭をとられ(本年三月末ご退任予定)

「桜の画家cherryblossomcherryblossomcherryblossom」として知られています。

Photo_14_2

 ↑「上伊那 慈福院の枝垂桜」8号F 日本画

桜は古来より歌や文学にも登場し、

日本人とは切っても切り離せない関係で、いわば日本人の心といえる存在です。

そんな桜を華やかに、幻想的に描かれる中島先生の作品は、

観る人の心を捉えて離しません。

Photo_15

 ↑「枝垂淡紅梅」6号F 日本画

Photo_16

 ↑「白牡丹(1)」シルクスクリンーン 51.0×81.0㎝

今回は桜を含む新春にふさわしい花を中心とした日本画、版画約50点を展示即売いたします。

皆様のご来場お待ちしておりますhappy01

「中島千波作品展」

2013年1/2(水)~1/8(火) 午前10時~午後7時30分 *最終日は午後5時閉場

松坂屋静岡店 本館6階美術画廊 TEL054-254-1111(代表)

2012年10月29日 (月)

「武本はる根 作品展」@静岡

Mark_shizuoka

10/31(水)から、浜松在住の洋画家、武本はる根先生の展覧会を開催します。

武本先生は地元浜松や静岡の風景をはじめ、ヨーロッパの都市部風景を中心に精力的に制作をされています。

それでは早速その中から何点か紹介いたしますhappy01

Photo_127

 ↑「湖畔秋想」(佐鳴湖公園/浜松市)12号

佐鳴湖公園は先生の散歩コースの一つ。

佐鳴湖を囲むように広がる公園は市民の憩いの場でもあります。

作品の着想はこうした何気無い時間の中で練られるのかもしませんね。

紅く色付いた木々が秋の気配を感じさせ、

今にも澄んだ空気感や植物の香りが伝わってきそうですmaplemaplemaple

02

 ↑「ノイシュバンシュタイン城 春」(ドイツ)8号

峻険な山々を借景にし、城を取り囲むように立ち込める霧が

この白亜の城を一層ファンタジックなものに感じさせますshineshineshine

非常に情感溢れる作品ですね。

実際にご覧になった方も多いと思いますが、このお城はドイツ南部のバイエルン州にあり、

バイエルン王ルートヴィヒ2世によって19世紀に建築されましたcrown

その美しさからディズニーランドのシンデレラ城のモデルになったともいわれています。

詩情あふれる先生の作品展は11/6(火)までsign01

ぜひこの機会に松坂屋静岡店美術画廊にお越しくださいhappy01

「武本はる根作品展」

2012年10/31(水)~11/6(火) 午前10時~午後7時30分 *最終日は午後5時閉場

松坂屋静岡店 本館6階美術画廊 TEL 054-254-1111(代表)